女性をひきつける7つのオーラ 出水聡-サトシ-の効果と「未解決事件大全」

July 27 [Sat], 2013, 8:57
どーもこんにちは^^

今日も女性をひきつける7つのオーラ 出水聡-サトシ-レビュー特集中です(^^)女性をひきつける7つのオーラ 出水聡-サトシ-は全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…↓↓
女性をひきつける7つのオーラ 出水聡-サトシ-検証レビューはこちらこの教材は本物です!
KABUTOさんが世に放つ情報教材女性をひきつける7つのオーラ 出水聡-サトシ-をオリジナル特典付きでお届けしています。

※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。↓↓
女性をひきつける7つのオーラ 出水聡-サトシ-検証レビューはこちら

て事で、あとはぐうたら日記です。読み飛ばして下さい^^;

今朝の朝食は美味しいおコメと、目玉焼きと白味噌のおみおつけ
最高のメニューです。

9分で完食、9時ジャストにアパートを出発しました。

最近出来たサンクスに寄って、ボスのコーヒーを並んで購入(-_-;)

これが無いと、調子狂います。

お店に着いたら、日課のニュースを覗いてみると
目立つのがこれかな
↓↓
[26日 ロイター] -

(カッコ内は前営業日比、%は利回り)

ドル/円    終値    98.26/31

始値    98.64/65

前営業日終値    99.27/29

ユーロ/ドル  終値   1.3277/81

始値   1.3259/60

前営業日終値   1.3277/79

30年債

(2105GMT) 86*14.50(+0*13.00)=3.6218%

前営業日終盤     86*01.50(‐0*00.50)=3.6464%

10年債

(2105GMT)     92*31.50(+0*03.50)=2.5643%

前営業日終盤     92*28.00(+0*02.00)=2.5769%

5年債

(2105GMT)     100*00.75(+0*01.50)=1.3701%

前営業日終盤     99*31.25( NA )=1.3799%

2年債

(2105GMT)     99*27.75(+0*00.50)=0.3167%

前営業日終盤     99*27.25(+0*01.75)=0.3245%

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値         15558.83(+ 3.22)

前営業日終値    15555.61(+13.37)

ナスダック総合<.IXIC>

終値         3613.16(+ 7.97)

前営業日終値    3605.19(+25.59)

S&P総合500種<.SPX>

終値         1691.65(+1.40)

前営業日終値    1690.25(+4.31)

COMEX金(8月限)(ドル/オンス)

終値    1321.50( ‐7.30)

前営業日終値    1328.80( +9.30)

COMEX銀(9月限)(セント/オンス)

終値    1977.10(+38.30)

前営業日終値    2015.40(+13.40)

北海ブレント原油先物(9月限)(ドル/バレル)

終値    107.19(‐0.46)

前営業日終値    107.65(+0.46)

米WTI原油先物(9月限)(ドル/バレル)

終値    104.70(‐0.79)

前営業日終値    105.49(+0.10)

CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>

終値    284.4629(‐2.4397)

前営業日終値    286.9026(‐0.8420)

<為替> ドルが下落し一時97円台をつけた。米連邦準備理事会(FRB)が来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で金利を当面低水準に維持する方針をあらためて表明するとの観測から、ドル指数は5週間ぶりの低水準となった。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が25日報じたところによると、FRBは30─31日のFOMCで、金融政策の先行き見通しを示す「フォワード・ガイダンス」の修正を検討する可能性がある。当面金利を引き上げる考えはないことを強調することが狙いという。そうなればドルが短期的に弱含む可能性があるとの見方がアナリストの間で出ているが、来週は雇用統計など経済指標の発表が多く、下げは限定的となる公算が大きいとの指摘も聞かれた。

<債券> 来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な売買が手控えられるなか、国債価格が若干上昇した。連邦準備理事会(FRB)が現在月額850億ドルの規模で実施している資産買い入れについて、いつ規模縮小に着手するのか手掛かりを得ようと、30─31日のFOMCに注目が集まっている。来週は8月2日に7月の米雇用統計も発表される。BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、ディミトリ・デリス氏は、「緩和縮小は9月に始まるのか、誰もが知りたいと思っている。経済指標が弱ければ、(9月に緩和規模縮小が開始されるとの)観測は一部後退する可能性がある」と述べた。

<株式> ほぼ変わらず。当初値下がりしていたものの、引けにかけて値を戻す展開となった。投資家の間では、米金融政策をめぐり連邦準備理事会(FRB)が緩和措置を長めに維持するのではないかとの楽観的な見方も広がったという。個別銘柄では、コーヒーチェーン世界最大手のスターバックス<SBUX.O>が7.6%高と大幅に値上がりした。前日引け後に発表した四半期決算は利益の伸びが予想を上回ったほか、通期の利益見通しも引き上げられた。ネット小売り大手アマゾン・ドットコム<AMZN.O>は2.8%高。前日発表の四半期決算は最終損益が赤字に転落したほか、第3・四半期業績についても慎重な見通しが示されたものの、この日は安値から値を戻す動きになったという。

<金先物> 薄商いの中、利益確定売りなどに押されて反落した。中心限月の8月物は、前日終値比7.30ドル安の1オンス=1321.50ドルで取引を終えた。金相場は早朝まで比較的堅調に推移。外為市場がユーロ高・ドル安基調で推移し、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買われた。しかし、寄り付きにかけては買いが一巡し、最近の上伸を受けた利益確定売りが台頭。また、原油市場をはじめとする商品市場が軟調に推移し、金相場もリスク資産と連動する形でじりじりと下げ幅を拡大した。

<米原油先物> 中国のエネルギー需要減退懸念に押されて反落した。米国産標準油種WTIの中心限月9月物は前日比0.79ドル安の1バレル=104.70ドルと、中心限月としては今月9日以来の安値で終了。また、10月物は0.46ドル安の104.01ドルで引けた。
(この記事はロイターから引用させて頂きました)

へえ〜。。。
本当かな〜

話は変わって、仕事の話(^^)
T君の話ではPPCアフィリエイトに18時間と、ヤフオクの仕入れ作業に2.5時間。

簡単だから何にも問題無しです。

今日も稼ぐぜ!

そうそう、動画でこんなの
↓↓


・・・失礼バカみたい?(笑)
いや、まあ、たしかに。。。(笑)

さてさて夕飯は何しよ?
カレーか北京ダックがくいてーなー^^;

これも良いか?
↓↓


多分次の更新は明後日になるかも・・・
ということで、一旦さようなら。
  • URL:https://yaplog.jp/moteru2a9/archive/134
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
最新記事