一家に一キカイダー

2011年02月27日(日) 22時49分


うちにも欲しいなー。

筋肉のつき方が目にみえると
ストレッチしやすそうですね。

「ちょっと眼輪筋がこってきたナー」
なんて明確に言えるようになりたいですよね。

勝手に写してすいません。
理科準備室にて。

玉川小学校で混ぜるだけの豆腐パンづくり

2011年02月22日(火) 23時05分


せたな町丹羽にある玉川小学校で

『生産者と一緒につくる親子クッキング』

という感じのイベントがあり、オイラはたいした料理も
できへんのにも関わらず、玉子を持って参加してきました。

みんな、家の手伝いやってるんだねー。
手際のよさにビックリ。

全校15名ほどの学校なんだけど
上級生が下級生をサポートする様子もみられて、
みんなが仲がいいんだなーと、うっとり。

「みんなは命を食べて、生きてるんだよ」
なんて話もちょろっとしてきました。

頭の片隅に
ちょこっとでも響いてくれるものがあったらいいなー。


鳥インフルエンザ対策

2011年02月19日(土) 23時42分


スズメが
トリ小屋内に入ることは出来ないんやけど、
構造的に糞は落ちてしまいよるので
ネットを張ってシャットアウトしようとしてるところです。

鶏舎に野鳥が侵入しないように、
ネットを張ってください。
消毒してください。
外界との関わりを絶ってください。
と言われています。

自然界との隔離の行き着く先は
窓がなく機械ですべてコントロールしている
工場のような、ウインドレス鶏舎なんですが、

全部電子制御されている鶏舎でも
鳥インフルエンザの感染は出ているのが現状です。

究極は無菌の実験室のような場所で
ニワトリを飼うしかない、となってきちゃうのでしょうが、

そこで鶏が存在しえるかと言うと
鶏は人間と同じく、生き物ですのでありえないでしょう。

(人間の腸ひとつとっても、100種類以上100兆個以上の細菌が
生息している。ちなみに、ウンコの半分は腸内細菌とその死骸なんだとか。)

という意味において、隔離に未来がないのは
明らかです。

今回は鶏が生き物として付加を与えない程度の
最低限の処置です。


下から見ると、低く見えますが、
次男の足元まで3m50。
目線になると5mの高さになります。

高校受験

2011年02月16日(水) 22時22分
昨日、次男の試験でした。

車で片道3時間。

オイラが送り迎えすることもできたんやけど
あえてひとりで行かせました。

前日にバス電車を乗り継いで行き、
寮に泊まらせてもらい、
空いた時間は寮のおばちゃんと
お話させてもらったみたいです。

高校に入ってからの生活を
肌で感じ、イメージできるようになることで

今から4月までの1ヵ月半が
彼にとって出来るだけ有意義な時間となってくれればいいな
というオイラのひそかな願いがこもっています。

オジロワシオオワシに逢う

2011年02月14日(月) 22時50分



町主催の渡り鳥観察会に参加。

冬の日本海側には滅多にあらへん
澄み切った青空という
絶好のコンディション

せたな町大成区の太田から長磯まで行ったんやけど
太田-宮野間がいやもう最高でした。

世界に5000羽ほどしかおらへんという
オジロワシが点在してるやないですか。

それもすぐ目の前の傾斜の上の木の上に。
5、6羽ほど見たかしら。
安物の双眼鏡でもお顔がはっきり見ることができ、
参加者皆さんも大喜び
ほれぼれするほど、かっこいいわぁ。wikipedia参照





三男とお友達。





こちらオジロワシ。
オイラのデジカメではこれが限界。。。

その後、もっと貴重なオオワシにもお会いできました。

もうちょっといい双眼鏡が欲しいわぁ。
はまりそうー。



ダーツの旅がやってきた!

2011年02月13日(日) 13時54分
16日(水)8時からの、『笑ってこらえて』ダーツの旅は

せたなの瀬棚です。

知ってる方が結構取材されてたので、
でてきはるのか楽しみです。

瀬棚の様子を知りたい方も是非どうぞ。

海のエネルギーを

2011年02月12日(土) 22時15分


民宿より頂いた
海藻をエサ用の攪拌器に投入!

日照時間が少なくなるとともに
産卵数も減っているニワトリさんたちに

海のミネラルのみならず、
海の持つエネルギーを取り込めたら
いいな。

冷たい海に入り海藻を採ってらっしゃる様子が
観光協会のブログに紹介されてますので
ご覧になってみてください。こちら

町内学校適正配置懇談会

2011年02月09日(水) 23時40分
というのが、子どもの小学校で行われ
オイラも出席してきました。

複式学級の小規模小学校が
町内に8校あるんやけど、
子どもがどんどん減り続けとる現状のなかで

地元の小学校を存続させたいですか?
それとも大きな学校に行かせたいですか(統廃合を望むか)?

せたな町が合併して6年、
保護者と地域住民の意思を
一度確認しておきたい。

という趣旨のものだそうです。

町として統廃合を進めて行きたいという
方針ありきのものではなく、
あくまでも地域の意思確認です。

前向きとはいえない趣旨の話し合いの中で
保護者から、建設的で 芯をついた意見が
次々と出て、オイラは心を打たれました。

ちょこっとだけ紹介すると

・小さな学校より大きな学校がいい(という意見の保護者が多いのは事実)
というのは、せたなより札幌、東京がいいという都会への憧れ(幻想)に近いのでは。
せたなに育つ子どもとして、地元に誇りを持たせるような教育をしていかないと
誰もいなくなっちゃうんじゃないか。

・どんな子どもに育てていくかという大きなビジョンや共通認識が大切。

・小さい学校大きい学校、関係なく、教育現場は大変。
町として、そこをどう支援していくか、話し合っていきたい。

腰を入れて行こう

2011年02月08日(火) 22時20分


暖気が入り、この冬初めて
倉庫の屋根の雪が落ちたので
息子と除雪。

足元の下にもまだ1mほど
雪があります。

いよいよ
週明けは高校入試だ。

憎しみを越えて

2011年02月06日(日) 23時08分
オイラは会員ではないのですが、
お誘いを頂いて、9条の会に参加。

本日のテーマは『ピースボート報告』
トップバッターは、昨年世界一周に行ってきた、
うちのじいちゃん。

もっと深く話を聞きたかったのは、チラッとだけ触れられた、
『イスラエル兵に射殺されたパレスチナ人の子どもの臓器が
イスラエルの子に移植され、殺された子の父親が移植された子に
会いに行く』という話。

ピースボートの船の中で、鎌田實さんとパレスチナ人の父親と
イスラエルの子との対談が行われたんだそうだ。

憎しみをどうやって越えたのだろう。

そこに人と人をつなぐ鍵、
平和の鍵があるのかもしれません。

鎌田實さんのブログにも紹介されています。
こちら
バックナンバーの9月の項を開くと、
ピースボートの船の様子も出ています。
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像坂上
» あくまでも計画ではありますが (2016年04月25日)
アイコン画像morigaki
» 工作 ♪ (2014年06月25日)
アイコン画像こてつ
» 工作 ♪ (2014年06月25日)
アイコン画像morigaki
» ハチトラップ (2014年06月16日)
アイコン画像むらかみ農園
» ハチトラップ (2014年06月06日)
アイコン画像モリガキ
» ふかふか♪ (2014年02月09日)
アイコン画像高橋和幸
» ふかふか♪ (2014年02月02日)
アイコン画像morigaki
» 雪虫発見 (2013年11月17日)
アイコン画像ひらやまあやこ
» 雪虫発見 (2013年10月22日)
アイコン画像米村牧場
» ニワトリ解体 2013秋 (2013年09月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:morigaki
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる