オトンオカンは去り、3人の来訪者

2008年08月29日(金) 23時49分


来年から農業をはじめたいと仕事をやめた東京からきた女性と

中京大学体育学部の学生さんと

シドニーの大学を休学して日本に来ているオージーが滞在してくれたいます。



毎日にぎやかで楽しいのですが、この1週間雨がシトシト降っていて
せっかく3人も来てくれているのに
まとまった仕事ができないのがストレスだわ。。。

ATSは去り、オトンオカンが来た

2008年08月26日(火) 22時21分
2週間過ごした(テントで)ATSがとうとう東京に帰りました(うれしそうに)。

5日間の滞在のヨッシー家族でさえいろいろあったのですから、
2週間もいたATSのいる間にあったことはもう全部は思い出せません。

山登り、湖でボート、川で釣り、一瞬だけ海、
仕事で言うと、草刈り、薪割り、水やりなどなど・・・
いろいろありましたが、一番大変だった仕事は
子ども達の相手だったかもしれませんね。
最後の方はちょっかいかけられると結構真剣に怒ってました。

リベンジをしに(1匹もつれへんかった)、是非またおいでやー。



彼と重なりながら、オイラの実家兵庫県の姫路より
オトンオカンがやってきました。
配達や宅急便の日とも重なっていたので
超バタバタしてましたが、瀬棚に住んで初めて
地元のお寿司屋さんに連れて行ってもらえたので
オイラとしては大満足です。

うちの子どもらは、間を楽しむお寿司屋さんより
回る寿司屋のほうが魅力的なようでして
「おまえら、この価値がわからんかー」と言いたくなります。

ヨッシー家族

2008年08月24日(日) 23時03分



今年の夏2組目の玉子のお客さん家族来訪。

夜行バス、飛行機、電車などを乗り継いで、
はるばる24時間以上かけて愛媛県よりやってきてくれたヨッシー家族。

ここに載せた写真以外にも鶏の仕事を手伝ったり、朝5時から長男次男と釣りに行ったり
パンツ一丁で寒〜い海に入ったり、牛や豚を見に行ったりなどいろんなことがあったけど
5日間滞在してくれたお陰で子どものリズムに合わせて活動することができてよかったなー
と思っています。

とっても素敵なご家族で、私達家族はたくさんのいいエネルギーや喜びを
いただきました。
また、うちの子ども達の 親には見えない一面を教えてもらえたり
ほめてもらったりすることは、うちらにとってとっても貴重でありがたいことです。













雄鉾岳登頂記3

2008年08月21日(木) 5時52分


ここからはキュート

ではなく急登が延々と続きます。

ロープを持たないと登れないような個所も何箇所もあり。








そんなこんなで格闘した後、
昼ぴったりの12時に頂上に到着。

標高999m。

日本海は見渡せましたが、太平洋側は雲に隠れていて残念。

三角点を前に記念撮影。

わしわしとおにぎりを食べて
桃缶を開けて、
足りない人はカロリーメイトをかじって
午後1時復路へ







これが噂の『神経痛トラバース』地点。

おそらく急斜面を横切っているんだと思うのですが、
草がたくさん生えていて見通しが利かないお陰で
あまり怖くありません。

一面のアザミ畑の中を歩くので、ちくちくちくちく・・・。
ある意味、神経痛かも。。。






下りの水場からは、思い切って沢の中を歩きます。

めっちゃおもろいんですが、しびれるほど水が冷たいッス。


しかし、どうして川の水って冷たいんだろう?
標高は低いので雪解けの水が流れているっちゅうわけでもあるまいし。
気化熱?
???






3時半登山口着。

登山口近くの山の家を見学。
昔はここにもたくさんの人が住んでいたんだろうか?
今は八雲VW(ワンダーフォーゲル)のベースだとのこと。

VWの皆さんのお陰で丁寧に整備され、
ルートがちゃんと確保されていて、とても楽しめました。
ありがとうございました。


おぼこ荘の渓流沿いの大きな露天風呂で
ひと泳ぎし、ビン牛乳を飲んで帰宅。

普通の山歩きでは飽き足らない中学生を
連れて行くのにはとてもいい山でした。



雄鉾岳盗聴器2

2008年08月20日(水) 9時35分
両太ももが筋肉痛のモリガキです。
立ったりしゃがんだりするたびに「ウッ」と声が出ちゃいます。





こんな沢筋の気持ちいい道をずんずん進みます。







スタートが遅くて、天気もいいので

暑いッス








距離で言うと、真ん中くらいなのかな
切り立った雄鉾岳が姿を現しました。

昔働いていた戸隠山に似ており
オイラは郷愁モードです。
(残念ながら、皆さんに披露できるような
甘酸っぱい思い出じゃあありません)







少しずつ沢が細くなってきました。
こんな岩がゴロゴロしています。









10時50分、水場に到着。

ウメーッ


ルートは右なのですが、左に入ったところに水が流れ出ています。
草で看板が隠れていたので見逃してしまう人もいるかもしれません。


距離的にはあと3分の1です。

距離的には。。。

雄鉾岳登頂記1

2008年08月19日(火) 9時54分
八雲の養鶏の先輩にお勧めいただいたので、
八雲の鋭鋒『雄鉾岳(オボコダケ)』に
長男次男とATSの3人の中学生とともに行ってきました。

日常全く運動してへんので体力や脚力がもつんかどうか
内心不安やったんですが、先輩は小学生のお子さん方を連れて
頂上まで登ってきはったそうやし、ネットで調べると途中に水場があるらしく
たくさんの水を担いでいかんでも大丈夫そうやので、
これなら何とかなるやろと、恵にお願いし
朝の仕事を早めに終え、朝7時我が家をスタート。




途中のコンビニで行動食や昼食を買い込んで
八雲町のおぼこ荘という温泉旅館の奥より
9時登頂開始。






看板をよくみると気になる表示が。。。




『神経痛トラバース』



説明書きを見ると







恐ろしや。。。



そもそも、神経痛ってなんだろう?

トラバースってなんだろう?



意味はわからんのやけど、
やっぱり恐ろしげ 。。。

コバルトオレンジ?

2008年08月17日(日) 23時23分


今度は鮮やかなオレンジ!

家の前を横切るちょうちょの幼虫。

こんな色の恐竜も闊歩していたに違いない!!


見ているのはロロと末娘(外なのに靴下・・・)。
今日まで保育所が盆休みだったので
我が家の怪獣も朝から闊歩しておりまする。

コバルトブルー

2008年08月17日(日) 17時11分


友人宅に見事なオウムがおった!


足でトウモロコシを持ち、
器用に一粒ずつ食べるのには驚いた。

ヒマワリの種も皮を割って食べよるらしい。


ニワトリと同じ鳥類というよりは
なんだか恐竜に近い。

古代の恐竜も
鮮やかなコバルトブルーだったと
オイラは確信している。

ATSの夏2

2008年08月16日(土) 9時53分



薪割りに挑戦!



ATSの夏

2008年08月12日(火) 23時49分


東京より中3男子ATS到着。

電車、夜行バス、列車、バスを乗り継いで
20時間かけてサッカ−ボールを持ってやってきた。

うちに滞在(もちろんテント)しとる間に
東京を出たことのない彼が
どう変わっていくんか楽しみ。
2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像坂上
» あくまでも計画ではありますが (2016年04月25日)
アイコン画像morigaki
» 工作 ♪ (2014年06月25日)
アイコン画像こてつ
» 工作 ♪ (2014年06月25日)
アイコン画像morigaki
» ハチトラップ (2014年06月16日)
アイコン画像むらかみ農園
» ハチトラップ (2014年06月06日)
アイコン画像モリガキ
» ふかふか♪ (2014年02月09日)
アイコン画像高橋和幸
» ふかふか♪ (2014年02月02日)
アイコン画像morigaki
» 雪虫発見 (2013年11月17日)
アイコン画像ひらやまあやこ
» 雪虫発見 (2013年10月22日)
アイコン画像米村牧場
» ニワトリ解体 2013秋 (2013年09月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:morigaki
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる