一昨日は雨やった

2006年12月29日(金) 23時23分


次男とトリ小屋補修。
写真で見るとたいした高さ(5m50くらい)でないが、上に上ると怖え。

今年の冬は雪が少なくて暖かい。
一昨日は季節はずれの雨が降っていた。
温暖化のことは気になるが、仕事が押して押している身には
正直助かる。

3年前、トリ小屋を12月に増築しているときも
クリスマスには全く雪がなかったなあ。

天気の神様はオイラにために配慮してくれてるんやわ。
ありがとさーん。

実家にてクリスマス会

2006年12月28日(木) 11時07分



実家に親戚が集まってのクリスマス会。


たくさんの子どもたち、2軒分とは思えんなあ。






キリストさん生誕のお話

学校は地域のもの

2006年12月26日(火) 23時06分
小学校100周年記念講演会ということで
太櫓小学校の元校長の熊木先生に
『馬場川のこれからを考える』と題してお話していただいた。

小規模校というと、人数が少ないだの
友達が限定され、多様な人間関係が結べないなど
デメリットばかりが強調され、
都道府県の予算削減とあいまってどんどん閉校されとる。
この檜山地方だけでもこの10年で25校閉校されたそうや。

しかし、ほんまにデメリットばっかりなんやろか?
人数が少ないということはマンツーマンやで。
個人に合わせて学習できるから、落ちおぼれなんてありえない。
塾でマンツーマンならいくらかかんねん?

小回りが聞くので、机上の勉強だけでなく、
実地の体験学習だってやりやすく、
都会と違って地域との距離も近い。

小規模校こそほんまの教育ができる可能性があるのさ。


なにがともあれ、学校は地域の文化センターであり、財産なのだ。
学校を生かすも殺すも、方向性を考えるのは『地域』である。


親や地域にとって、背中を押していただいたお話でした。


ピカドンは一瞬じゃ。焼夷弾と違って逃げる間もない。

2006年12月22日(金) 23時33分
59歳までご自分が被爆したことを誰にも明かさなかったんだそうだ。
身内にさえである。
遺伝子というか染色体に影響があるんじゃないかと、
自分の子や孫の姿を確認するまで苦しんでこられた。

「わしの人生もう長くない。
ヒロシマの体験を一人でも多くの人に聞いてもらいたいんじゃ」

一切どこでどんなことが行われているのか情報は入らず。
ベニヤの船や竹やりでアメリカに本気で戦えると思っていた。
兵士のみならず、たくさんの市井の人々が命を落とし、
また味方であるはずの兵士に多くの人々が殺され・・・。


「戦争はむごいもんじゃ。
しかし戦争で莫大な金をもうけるもんがおるんじゃ」



戦争の記憶というか、できるだけリアルな皮膚感覚を伝えることは
大人の義務やとオイラは思います。

戦争はむごいもんじゃ

2006年12月19日(火) 23時13分
先日、広島で被爆された方の話を聞く機会があり、
小学生の長男次男に聞かせたくて家族で参加した。

江田島の海軍兵学校に在籍。
特攻船に乗る訓練してたんだそう。

原爆が落ちるまで広島はのどかだった。
頭上をB29の編隊が通り過ぎてもも、なれっこになっていた。
幹部でさえ、情報はなく、あとで思えば東京大空襲へ向かう
編隊だったんだそうだ。

その日B29は一機でやってきた。
空襲警報は鳴らず、誰も警戒していなかった その時

ピカッという強い光の後、ドンと雷鳴。


みんなで見上げていたんだそうだ。





かわたなより 
ベニヤでできた特攻船『震洋』。
鋲のある軍靴では踏み抜けるため、地下足袋で乗船してた。

キタカロー

2006年12月14日(木) 23時19分
『はまなすの恋』で有名な銘菓 北菓楼


CMを聞くたび




彼の顔が浮かびます。







             







 キダタロー

夜回り先生語録よりもうひとつ

2006年12月12日(火) 23時18分
ある中学校の三年生を対象に薬物予防の講演をしに行きました。それが終わったら、生徒の一人が「先生、質問」という。「どうした?」と聞くと、「僕たちに悪や薬物の魔の手がこないようにするにはどうしたらいいですか」という質問でした。「おまえ、いい質問だなあ。笑顔だよ。笑顔があふれる家庭や学校、地域に薬物や悪なんかくるか」と言いました。
 「先生、もう一回質問」という。「なんだ?」と聞くと、「どうやったら笑顔ってわくの?」と言われました。
 「そうだな。挨拶と声がけやってごらん。それだけでも変わるよ。おはよう、こんにちは。挨拶はわかるよな。声がけってわかるか。後輩が暗い顔していたらポンと肩をたたいて、『おい、どうした。俺がついてるぞ』、先生が暗い顔で廊下を歩いていたら、ポンと肩をたたいて、『先生、二日酔い?』と言ってやれ」と言ったんです。




これが欠けると集団は簡単にガタガタになりますね。

「水谷を使ってくれ」

2006年12月10日(日) 23時08分
「2004 AIDS文化フォーラムin横浜」
AIDSフォーラム講演会


↑ こちら、約15分の動画。

私のように、子育てに悩んでいる方や
もちろん悩んでいない方も、
子どもと関わりのある方は是非一度ご覧になって欲しいと思います。


夜回り先生の講演会記録です。


「ぜひ身近にいる子どもたちの側に、そっと立ってあげてください。
言葉はいりません。ただ立ってあげてください。
そして、優しい目で見つめてあげてください。
君のことを心配している大人が一人ここにいるんだよと・・・・・。
それだけで、子どもたちは変わります。」

『夜回り先生の卒業証書 水谷修 日本評論社』

ハッピバースディ トゥーユー

2006年12月07日(木) 23時37分


三男3歳のお誕生日

一息でろうそくの火を吹き消せるようになったんだよ。



ようやく写真をアップできるようになりました。

積雪20センチ・・・

2006年12月05日(火) 23時22分
今日は比較的あったかい一日。
「緩んだなあ」と思って、温度計を見たら


−1度! 


連日−4度5度の日が続いたからやろけど、
−1度で「暖かい」とは、自分でビックリ!

マイナス2,3度で「暑い暑い」と素っ裸で外の風呂に入っていた、
いつか見た南極観測隊の写真を思い出し、
トリ小屋でニヤニヤしてました。



地元のへき地保育所が継続されることに決定し、
末娘、はれて今週よりへき地保育所に入所しました。
嘔吐、下痢がすごい勢いで流行っているとのことで、
半分の子が休んでいるらしく、
落ち着いた雰囲気のなかで穏やかにすごしているようです。

三男は「保育所の先生を末娘にとられる」という強い恐怖心をもっていて、
「かあちゃんだけは、だっこしてね」と
毎晩何度も しくしく夜泣きをしております。
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像坂上
» あくまでも計画ではありますが (2016年04月25日)
アイコン画像morigaki
» 工作 ♪ (2014年06月25日)
アイコン画像こてつ
» 工作 ♪ (2014年06月25日)
アイコン画像morigaki
» ハチトラップ (2014年06月16日)
アイコン画像むらかみ農園
» ハチトラップ (2014年06月06日)
アイコン画像モリガキ
» ふかふか♪ (2014年02月09日)
アイコン画像高橋和幸
» ふかふか♪ (2014年02月02日)
アイコン画像morigaki
» 雪虫発見 (2013年11月17日)
アイコン画像ひらやまあやこ
» 雪虫発見 (2013年10月22日)
アイコン画像米村牧場
» ニワトリ解体 2013秋 (2013年09月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:morigaki
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる