投資額を考える

2010年02月23日(火) 14時49分
儲けるためには投資額を増やすのが一番です。
しかし投資額を増やせばリターンは増えますが当然、同時にリスクも増えます。
実際の為替相場を体験せずに最初からいきなり大金を投資するのはハイリスクです。

そこで、最初の投資額はどの程度が適切なのか考えてみました。

管理人の体験から言うと最初に投資する額は、
『1万通貨分を売買出来る証拠金と、FX口座に入金しておくだけの最低1万通貨以上を売買出来る資金』
が良いでしょう。

なぜなら、1万通貨分だと、初めて外貨を売買する人が気軽に低リスクで、
実際に外貨を保有して為替相場を実体験することが出来るからです。
万が一損をしても数百円〜数千円くらいで済みます。

次に『FX口座に入金しておくだけの最低1万通貨以上を売買出来る資金』ですが、
これは証拠金維持率を増やしておくためです。
実は口座に資金を入金しておくだけで証拠金維持率が増えるのです。

なぜ、証拠金維持率を増やしておいたほうが良いのかというと、
保有外貨の自動ロスカットが発動する値幅が広くするためです。

証拠金維持率を増やしておいたほうが良い例をあげてみます。

例えばFXプライムの口座に投資金1万円を入金して1万円コースで米ドル/円を1万通貨を買い保有したとします。

このコースでは、自動ロスカットが発動する証拠金維持率は50銭です。
実は、為替相場で言う50銭は為替相場の一瞬の乱高下で下がってしまう可能性が十分ある金額なのです。

もし一瞬の乱高下に巻き込まれればあっという間に50銭下がってしまって自動ロスカットが発動してしまい、その後元の値に戻ったとしてもその時はすでに外貨を自動決済して保有していないので損した分を取り戻すことが出来なくなります。

もし、この時にもう1万通貨分の証拠金1万円がFX口座に入金されていると、自動ロスカットが発動する証拠金維持率が倍の1円になるのです。
1円の証拠金維持率だと自動ロスカットにならず元の値に戻れば損した分を取り返せるわけです。

FX取引ではこのようなことが時々起こるのでFX口座に資金を余分に入金しておき、自動ロスカットが発動する証拠金維持率を増やしておいたほうがいいのです。

ですので、まずFX口座に5〜10万円くらい入金しておいてそのうちの1万通貨分の外貨を売買し、残りの資金をFX口座に置いておくことで自動ロスカットが発動する証拠金維持率が増えて、余裕を持ちFX取引が出来るうえ、一時的な乱高下にもあわてなくてもすむのです。

まず最初は少額の投資で為替相場に慣れましょう。
そうして実体験を積んでから投資額を増やすことをオススメします。
為替と株と政治経済♪0から始める為替(FX)講座ブログ
沖縄の観光と情報、趣味の世界
趣味と実益を兼ねる、沖縄移住者雪那のブログ
不労所得者の金持ち父さん&沖縄タコライス
レッドホットチリペッパーズ♪レッチリ/フリー/アンソニー/ジョン/チャド

  • URL:https://yaplog.jp/monkey666/archive/9
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。