小さな旅3

2006年08月31日(木) 13時02分
大仏外見編

中学・高校と牛久で育ったにもかかわらず
牛久大仏をちゃんと見た事がないとは何事か
そう、日々思いながらの生活なんてイヤだ!!!
という訳で、生まれて初めてきちんと牛久大仏を拝みに行って参りました。
ちなみに自転車ではなく車で
「大仏まであと3キロ!」という看板が見えた所で
もうかなりの大きさで大仏様が立ちすくむ姿を見る事ができました
う〜ん、やはりでかい。


こちらがチケット。
大人800円・・・安いのか?高いのか?
受付にはこう記述されていた。
セット割引料金
大仏胎内を含むすべての拝観

胎内とはスゴイ
普通なら体内と書くであろう。
なぜ胎内か。
それは大仏様だからである。
胎内とは母親の腹の中という意。
大仏様は万人の母なのである。
不快、いや、深い・・・
さて、園内に入ってみると大仏様の顔の模型があった。
なんとこの大きさで1000分の1
恐れ入り矢の鬼子母神
思わず大仏様の鼻に指を突っ込んでしまった。







そして門をくぐると出ました!
ギネス牛久大仏
で、でかいなーってこの写真じゃ伝わらんか?











じゃあこれでどう!?
前回牛久大仏を紹介した時も書きましたが
総重量4000t
地面からの高さ120m
ちなみに自由の女神が40m
奈良の大仏様が手に乗る程の大きさなのです
恐ろしい。。。







大仏様の真下からの写真
今にも歩き出しそうだ〜

実は大仏様の後ろには明石から引いている
巨大な送電線が張り巡らされているのです。
なんかの拍子に大仏様が後ろに倒れようものなら
茨城県民は生活苦に陥る事になるのです。
倒れるなよ!大仏様!

明日は大仏胎内編だ!

小さな旅2

2006年08月30日(水) 23時48分
AM11:00柏のジャスコに到着
待ってました!ご飯タイム
もたれないものにしようという事で
私はカレーうどんにしました
お稲荷さんもつけてちょっとリッチ
おいしいね!讃岐うどんのはなまる
安いし!
やはり旅のお供はうどんだな


さてさて、その後も順調に走り続け
こちらは取手から見える景色なり
ち、地平線が見えるー!!!!!!
こんな事東京じゃありえないもんね





そしてこちらが利根川
まるでナイル川のよう。
なーんて、本物のナイル川見たら私謝っちゃうんだろうな










取手と藤代の境にある巨大カップヌードル
修復中ながら健在
私が生まれた頃からずーっとあるんだよ









やりました!
ついに来ました牛久沼
こう見ると結構大きいんじゃない?
さ、明日は牛久大仏だ

小さな旅

2006年08月29日(火) 15時43分

私としては初めての遠出
高田馬場〜牛久60キロの旅
いつも電車で帰るこの距離でさえ
私には未知の世界だ
AM7:00出発
順調な走り出しで葛飾区亀有まで1時間
マンションの間にある小粋なベンチで小休憩をしたのち
中川という川を越えようとした所
周の自転車に異変が
なんと自転車買ってから2度目のパンク( ̄□ ̄;)
以前周は後輪をパンクさせて2時間半押しながら自転車屋まで歩いた経験がある
その時後輪のタイヤを強いタイヤに変えたにもかかわらず
また後輪がパンクしたのだ(-_-;)
ついてないねぇ、周よ。
で、一生懸命パンク直してました(上記写真参照)
直せるんだからスゴいじゃない?
ちょうど直してた所が「新宿」って所でね、
「にいじゅく」って読むのね。
ビックリするよね!
1時間以上走ってまだ新宿!?ってさ

2006年08月28日(月) 13時03分

でけ〜
でも写メじゃ伝わらんか?
初めて馬のいろんな所触った
鼻がさ、超プルプルしてんの〜
気持ちイイの〜
馬見つけたら触ってみなぁ

寝る

2006年08月26日(土) 0時54分

ぶへ〜ぶへ〜ぶへ〜

ウェルチ

2006年08月25日(金) 9時44分

カルピスから発売、大好きなウェルチシリーズ
マスカットとくれば160円と少し高めでも仕方がない

飲んでみる

甘っっっ
濃っっっ


う〜ん・・・

これは炭酸で割ったらうまいな
ちなみに果汁40%なりm(_ _)m

マウンテンバイク

2006年08月24日(木) 18時44分

ついに買ってしまった・・・

マウンテンバイク

全然買う気なかったのに
私って影響受けやすいからさ〜
この間テレビで新グレイトジャーニーっていう旅番組やってたのね。
探検家であり医師である関野吉晴さんが
自転車やカヤックで日本人の拡散ルートを逆からたどるという
それはそれは凄まじい旅だった
もう私感動しちゃってさ(>0<;)
すぐにでも旅したい!と思ったわけだ。
彼が今までに自転車で走破した距離は
なんと5万3000キロ
訪問した国は35ヵ国
本当に恐れ入ります(-_-;)
そんなスゴい旅はできないけど
これからたくさん旅してイイ曲作るしかないっしょ

群馬薬局にて

2006年08月23日(水) 8時44分

おぉぉぉ
恐らく漢字になおすと「殿ス」になるのであろう事が予測される
即ちお殿様応援団という事でしょう
(カチャカチャカチャ・・・)
あ、やっぱり

きのこ屋さん

2006年08月22日(火) 18時45分


泊まっている宿の目の前にこのきのこ屋はあった
しかし秋頃にならないとやらないのであろう
きのこなんぞ1つも見当たらなかった
だから


せめて私のきのことコラボ

念願の土合

2006年08月21日(月) 12時39分


群馬には土合(どあい)という駅があります
遠くからだとちょっとわかんないかもしれないけど
それはそれはスゴイ所なのです
まず、駅があるという事は電車が通るということなのですが
1日に5本しか来ません
そんなの一体誰が使うの?って思うけど、登山客が使ったりするらしいね
それ以外は貨物列車などが通るそうです。





ででで、一番スゴイのがこれ
なんとホームまで462段の階段を下りなければならないのです
前回ここに来た時は時間がなく断念したので
今回は念願の階段下り&上りに挑戦
階段は5段づつになっていて結構下りやすいのね。
でもさすがに少し膝が笑いました
途中急に寒くなったなぁと思ったらなんと霧が出てきたの
前が真っ白になって一番下が見えなくなったんだけど
少し経ったら霧も寒さもフッと消えてしまった
なんかの霊だったんじゃないのーなんて騒ぎながら





無事ホームに到着
こわっっっ
何もないし!!!
あると言えばやっぱり・・・虫
しかも体長20cmとかメッチャでかいのー
マジ勘弁(-_- ;)






ホームも堪能したし、さぁ帰る・・・っていうか上るぞ
ってあれ
なんかスゴイ変な感じがするぞ???
何かナーと思っていたら、上りの階段があまりにも続いていて目が錯覚を起こし
上りの階段が下りに見える
なかなかこんな体験できるもんじゃないですよ







そして階段には1段づつ番号がふってありました。
「全部番号ふってあるんだ!」なんて思っていたら途中から
番号が5段づつになり、10段づつになり・・・これ書いた人さぼってんじゃん
なんて思いつつ上りきりました
お疲れ様でした。