<キモラク>「春蝶・逸平の 一緒に遊びまSHOW!」

April 29 [Thu], 2010, 21:39
ABCホールにて
桂春蝶さんと茂山逸平さんのコラボイベントのお仕事へ。


こちらでお仕事させて頂くのは
こけら落としの際の「なみはや亭」落語会以来です。

◆茂山逸平・茂山宗彦・茂山童司 
新作狂言「落語・転失気より」
◆桂春蝶 新作落語「狂言・魚説経より」

〜中入り〜

◆桂春蝶 古典落語「紙入れ」
◆茂山逸平・茂山宗彦・茂山童司
古典狂言「鎌腹」

まずは、古典落語の「転失気」を狂言に仕立て替えたもの。
聞くまで、どんな風になるのか想像つきませんでしたが
コレが面白い!
狂言になっても笑えるなんて
つくづく、落語の筋立てはよ〜く出来てると感心しました。
お次は、春蝶さんで
古典落語「金明竹」と狂言「魚説経」をミックスしたネタ。
ご住職のお経のシーンは「チーン」と鐘を叩く設定に。
見台と膝隠し、座布団の他に鐘も運んだのは
初めての経験です。

「紙入れ」はいわゆる間男の色っぽい噺ですが
春蝶さんの演出は、これでもか!というくらいに
ねっとり色気たっぷりで
めっちゃヤラシイです
コレがまたよう似合ってはる!
最後は「鎌腹」をたっぷりと。

この日は、お茶子だけでなく
拍子木も打って
送り出しの場内アナウンスも急遽
学生時代、迷子のアナウンスのバイト(も)してたのが
役に立ったかな


チラシも洒落てます。

落語初めての方にも
狂言初めての方にも、喜んで頂けたのでは?
私にとっても、楽しい会でした。
二回・三回と続けて頂きたいイベントです

着物は葉っぱの型染め小紋に、蝶の帯。


コレに紅いMY前掛け致しました。

そうそう、「ちりとてちん」の小草若氏こと茂山宗彦氏や
茂山一門の皆様にお逢いしましたが
テレビでの華奢なイメージと違って、背が高くて男前〜
ブログも面白い・・・。

キモラク下さったKEKOさんや梨緒さん。
有難うございました〜。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
何時も遊びに来て頂いて有難うございます。
励みになりますので、クリック残して頂けると嬉しいです

薔薇に始まり薔薇に終わる

April 28 [Wed], 2010, 22:28
OLの頃、まだ着物に出逢う前ですが
それはもう薔薇にハマって、休みの度に
薔薇のお世話に明け暮れてたものでした

以前の庭には、食べられるモノは少なく
薔薇を10数種。
珍しい苗を求めて、あちこち探し回ったり。
カタログを取り寄せたり。

薔薇の世話は本当に大変なので、引っ越す時に強健な
ナニワイバラ、モッコウ薔薇、「アイスバーグ」を持ってきたのみですが。。。

やっぱり薔薇には惹かれ続けていて。

気候が良いので
ついつい久しぶりに薔薇のサイトをウロウロして
ビビビ!!とアンテナが動いてしまいました・・・。

「フェルディナンピシャール」という絞りの薔薇。


カップ咲きのオールドローズ。
ムスクの香りが強いそうなので、咲いたら
朝早く、嗅ぎに出ようと目論んでます。
ふふ、楽しみ。

コチラのHPを見ていると、ついつい薔薇熱が再燃してしまい
楽天で溜まっていたポイントで
3鉢ほど購入してしまいました

ヤバイ。

でも、最近本を読む時間を少なくしているので
その時間で庭に出ればいっか。

プチ・ファーブル

April 27 [Tue], 2010, 22:44
行きたいと思いつつ
なかなか時間がとれませんが
こちらの展覧会。
とっても、素敵な予感がします。

GWに是非
皆様、お先にどうぞ。


下記、HPより抜粋。

「日本のプチファーブル」と呼ばれ
虫や植物、動物を精微に描き続けた細密画家・熊田千佳慕(くまだちかぼ)さんは
数えで99歳を迎えた昨年ご逝去されました。
戦前はデザイナーとして活躍し
戦後は『ふしぎの国のアリス』や『みつばちマーヤの冒険』
『オズの魔法つかい』などの
絵本挿絵を手がけ、その細かな筆致と徹底したリアルな画法
美しい色彩による表現力が評判を呼び
絵本のみならず花や虫、動物などを描いた図鑑などの作品を
次々と生み出しました。
60歳頃からは『ファーブル昆虫記』を描くことをライフワークとし
花や虫、動物を愛し、「納得するまで描く」という信念のもと
筆の穂先を使って昆虫の細かい毛や花の葉脈一本一本まで
丁寧に描き続けた熊田さんの99年間は
現代社会で叫ばれる効率化や合理化とは対極にあり
逆に人々の感動や驚きを与えます。

本展では、『ファーブル昆虫記の虫たち』シリーズや
絵本などの代表作原画をはじめ
初公開となる図鑑シリーズなど約200点を展示し
生きものたちの息づかいが伝わってくるような
熊田さんの細密画の世界を紹介します。」

熊田さんのHPに在る言葉には、はっとさせられます。

「美しいから 美しいのではなく(因) 

愛するから(縁) 美しいのだ(果)」

5月23日(日)まで、伊丹美術館にて。

雨が降る前に

April 27 [Tue], 2010, 11:55
昼から大雨の予報なので
大慌てで、庭仕事をしてきました。

毎年GW前に、夏野菜を植え付けますが
今年はちょっと寒いかも。。。

でも、しばらく時間がとれないので
ゴーヤ、胡瓜、ししとうなど。
豊作を夢見つつ
雨降り前だと、水やりもしなくていいから合理的

もう既にパラパラきてるけど、この時期の庭は
運命劇場幕開けって感じで、目が離せない
離れがたい。


真っ白に色付く前、危うい状態の大手毬。


きゃらぶきに煮付けられる前、出番待ちの蕗。


頬を染め出した梅の実。


何かが飛びだして来そうな、期待満々。
まん丸の牡丹の蕾。


控え目。だけど仕事キッチリ。
十二単たちのラインダンス。

何一つ見逃すまい、と
観客の私は、ず〜っと庭に居続けです。

<キモラク>「汗かき克服落語会」in高津の富亭

April 27 [Tue], 2010, 10:12
高津の富亭へ。
行く前に、最近お気に入りの居酒屋でいっぱい引っかける

ほろ酔いで聞く落語は最高です

◆桂雀五郎 「くっしゃみ講釈」
◆林家染弥 「千早ふる」
〜中入り〜
◆笑福亭由瓶 「試し酒」

汗をかかない事が目的のこの会。
先輩達にそそのかされ(?)
当初予定になかった「くっしゃみ講釈」をかけた
雀五郎さん。
途中ちょっと忘れた部分が在ったものの
そつなつ演じられ、汗もかかず。
楽屋での由瓶さんチェックによると、長襦袢・肌着までサラサラだったそう

「千早ふる」という噺は、実は今まであまり笑いどころがない噺やな〜
思ってたのですが
今回、思いがけず笑わせて頂きました。
基本は崩さず
時代時代で、噺家さんが独自のアレンジをしてこそ
「面白いネタ」として残っていくんだ、と実感。
「古典」のスタイルを守りつつ、ちょいちょい変化させて
面白くなるかどうかは噺家さんのセンスにかかってる訳で。
そこが、「脚本・演出・監督・役者」
全て個人プレーの落語の醍醐味でも在るかも。

由瓶さんの「試し酒」は二回目。
前回も良かったけど、今回も良かった!
田舎から出てきたというお酒に強い久蔵(きゅうぞう)という人物が
由瓶さんそのものに見えてくるのが不思議。

残念ながら、この日は陽気も在ってか
お二人とも汗がたら〜り。
ついに、由瓶さんは
「客席の反応を気にしなくていいよう、真っ暗闇の中で演らせて!」と提案。
さあ、どうなる事でしょう

次回は5月31日(月)19時開演です。

着物は伊勢木綿3号に、ポピーの帯。


帯締めは古い桃色の紐。


昼間、庭で
ほわほわの蕾の毛を見たら
ポピーの帯を思い出したのでした。


咲く時に「ぽん!」とか「ぱつん!」とか
音がしそう。
ほんまに鳴るなら、じぃっと待ってたいわ〜。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
何時も遊びに来て頂いて有難うございます。
コメントもしくはクリック残して頂けると嬉しいです

ぼんやり紫 曖昧パープル

April 26 [Mon], 2010, 23:45
花咲く季節がやってきました。

庭には、沢山の蕾がスタンバイしています。

梅花空木、薔薇、撫子。

部屋に飾る花を庭から運んで来れるのは
この上ない喜び




こういう、曖昧な色の花がそばに在ると

ぼんやりする時間も、極上です。

紬から、木綿に着替えてお肉

April 26 [Mon], 2010, 23:33
午前中は着付けのレッスン。
来月、北アイルランドへ
お友達の結婚式に旅立つHさん。
着物は成人式にお召しになったきりだそうですが
今回、着物でパーティーに参加する決意をされたとか!

短期での集中レッスンになりますが
素敵な旅になりますよう、目一杯お手伝いしますね


鶯色の紬に、簡易な帯で。
たまには、簪
やっぱりこうやって画像見ると、簪っていいもんですね〜。

午後から、伊勢木綿に着替えてお食事へ。


沢山食べる気満々で、帯がゆるっ


だって、お肉〜お肉〜

ちえさんに教えて頂いた「万両」。
関西焼き肉ランキング上位のお店らしい。

飲んで食べて、一人4000円程度。
コスパ高い!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
励みになりますのでワンクリック頂けると嬉しいです

美人論

April 26 [Mon], 2010, 16:20

古い本を、書棚から出してきて電車で読んでます。

中にある

画家の風間完氏の考える美人論を書き留めておきます。

「持って生まれた目鼻立ちより好感度です。

感じのいい人とは

口で言えば汚い言葉が出てこない口

嘘をつかない口。


目で言えば物を素直に見る目。

鼻は忘れ鼻と言って、どんな鼻か忘れてしまうくらい印象の薄い鼻がいい。


それと、美しい女性の顔には力がなくてはいけません。

逆に言えば、世間の風をはね返す力を持っている人が美人なんです。」

ええ声

April 26 [Mon], 2010, 14:41


EXPO Ver.です。

何て、ええ声。

こんな声で啼いてみたい。

ただ今、こういうとこに居ます

April 25 [Sun], 2010, 21:04

夜の繁華街は久しぶりやわ〜
P R
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご挨拶
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桃葉
読者になる
ランキングに参加しています。
励みになりますので
ワンクリックお願い致します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
最新コメント
アイコン画像桃葉
» 拝啓 (2014年09月04日)
アイコン画像格子
» 拝啓 (2014年08月19日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2014年04月06日)
アイコン画像和花
» 私たちに出来ること。。。 (2014年01月18日)
アイコン画像和花
» 私たちに出来ること。。。 (2014年01月18日)
アイコン画像菜の花
» 私たちに出来ること。。。 (2013年12月20日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2013年12月11日)
アイコン画像まーちゃま
» 私たちに出来ること。。。 (2013年09月15日)
アイコン画像通りすがりさん
» 舞妓になる!! (2013年08月14日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2012年04月21日)

-天気予報コム-
https://yaplog.jp/momoha611/index1_0.rdf
Yapme!一覧