雨対策に前掛けしてみました〜袴の着付け

February 27 [Mon], 2006, 22:23
昨日の関西は、まるで台風の様な大雨
それでも意地でも着物でお出掛けしたい、着物熱発熱中の今日この頃。
移動は車でするとしても、なるべく濡れない対策を考えた結果
つるりとした玉虫紫の格子大島に、ケープと前掛けをして運転する事に。
ドアから乗り込む時、上からぽたっと落ちてくるかも知れない
しずくにもこれなら安心


教室の皆様にも「何だか面白い〜」と好評でしたし
無事濡れずに済みました。
ちなみにこの前掛けはハンガリーか何処か、北欧方面のお土産です。
ケープは桜子さんにオーダーして作って頂いたモノ。
木彫りのボタンと立て襟のファーがお気に入りです。
足元は先日作った雨下駄で万全。
こうやって写真で見ると、ホント何だか不思議な格好ですね。
電車で移動だったら、ちょっと躊躇かな。。。
名古屋帯は綴れで、とても締めやすく気に入っています。


去年のクリスマスの時の組み合わせで、小物だけ替えました。

この日は袴の着付けのお稽古。
こちらは、お教室の生徒さんの素晴らしい着付け。
モデルはMさん。伊達襟の見せ方も絶妙ですね。


袴は、紐の仕舞い方にもちゃんと順番が在ります。


みっちりレッスン頂いて、これで袴の着付けは完璧
早速来月、近所の友人のお嬢様に着付けて差し上げる事に。
ハレの日のお手伝いが出来るなんて、何て素敵なんでしょう

ウール着物、刺繍帯をオークションに出品しました

February 25 [Sat], 2006, 15:24
昨日しっかり遊んだので、カメラ撮影にも力が入るというものです。
この冬に買い集めて置いた、可愛らしいウール着物や帯を
少しですが、オークションに出品致しましたので
どうぞ、ご覧下さい。


お茶屋遊び〜屋台まで。着物満喫の一日

February 25 [Sat], 2006, 12:02
キモノ*スイーツさんのイベントで大阪島之内に在ります
「たに川」さんにて、芸妓さんを呼んでのお茶屋遊びをさせて頂きました。
この日は総勢20人程の生徒さん全員がお着物で参加。
それはそれは、華やかで優美でした。
「味吉兆」さんのお弁当を頂きながら、優雅な舞を拝見しつつ
最近この世界に入られたばかりだと言う
(きっかけはこちらの若旦那のブログだとか我こそはと思う方、是非
可愛らしい直鶴さんや、貫禄のお姐さん方の美しい着姿を存分に拝見し
「こんぴらふねふね〜」や「トラトラトラ」など
普段馴染みの無いお茶屋遊びも教えて頂き、大満足で帰って参りました。


お茶屋遊びと言いますと、ものすごく敷居の高いお金持ちの為だけの
遊びだと先入観が在りますが、今の若い方にも十分楽しんで頂ける
芸術性の高いそれでいて、親しみやすい遊びだと感じました。
数年前に仕事のお付合いで、京都で舞妓さんを呼んでのお茶屋遊びを
させて頂いた事が在ったのですが、また違う雰囲気で
よりアットホームな感じで楽しめました。
「お客様の希望に合わせて、どんな楽しみ方でもご提供させて頂きます」
との言葉は、場合によってはこんな心強い「遊び指南役」は居ませんよね。

この日は、染めボカシの小紋に、アンティークの刺繍を使った
仕立て直しの帯を締めて行きました。
桃の帯留めの初披露の日でも在りました。


この後、そごうで開催中の「京の雅 老舗の会」で
「ない藤」さんのお草履や「きねや」さんの和小物にうっとり
夕方からはフェスティバルホールにて、オペラ「カルメン」を観劇。
演奏は、大阪フィルハーモニー交響楽団の迫力在る素晴らしいものでした。
台詞はフランス語ですが、ちゃんと字幕が舞台袖に出ます。
最後は、福島のABC放送のすぐ近くに在る「市丸屋台」にて
名物の牛すじおでんと中華そばでしめて、お腹も一杯。
思いっきり遊び過ぎですね。。。

襦袢の楽しみ

February 23 [Thu], 2006, 10:16
長襦袢は一応下着なので、こんな公の場でお見せするのは
はばかられるのですが。。。余りに可愛いのでお許し下さい。


手持ちの長襦袢は、割と可愛らしい色目
(紅い鹿の子柄とか、薄いブルーの絞り柄とか)が多かったのですが
これは艶の在る漆黒色に、手毬の柄が描かれています。
もう少し若ければ小紋の着物として着てみたいくらい、愛らしい雰囲気です。
年齢的に、少し可愛過ぎるかとも思いましたが
見えない部分だから、よしとしましょう

長襦袢は元々、自分だけの(もしくは好きな人だけに見せる)
隠れた小物なので、アンティークの襦袢を見ても、着物より派手だったり
びっくりする様な柄が描かれているのを見掛けます。
花柳界の方がでしょうか、蜘蛛の巣柄をど〜んと描いていたり
(沢山良い殿御が引っかかります様に、という意味が在るそうです)
男物では、麻雀牌の柄とか、ズバリ春画とか。
私には、なかなかそこまで凝る事は出来ませんが
お誂え出来るなら、やっぱりどんぶらこ〜と桃が一杯流れている
柄とか欲しいかも。
最近では、ドラマ「けものみち」で長襦袢姿が結構出てくるのが
楽しみです。

そう言えば。。。以前、襦袢のお袖の仕付け糸は取らないものだと
伺った事が在ります。どうしてなのでしょうね
理由もわからずそのまま残していますが、ご存知の方おられますか?

春の足音

February 23 [Thu], 2006, 10:02
久しぶりに天気が良いので庭に出てみたら。。。
きゃらぶき用に育てている、蕗の茂みにフキノトウが出ていました。


数年前に譲って頂いた蕗の根を、庭の隅に植えたら
ぐんぐん繁茂してくれているのですが、毎年可愛いフキノトウが
この時期、顔を出してくれます。
まだまだ朝は冷え込みますが、確実に暖かくなっているのですね〜。
朝の散歩の時には、今年初のウグイスの鳴き声も
聞く事が出来ました。
「ホ〜ホケキョ」と清々しいさえずりを聞くと
本当に春はすぐ其処まで来ているんだな〜と感じます。

ちなみにこのフキノトウは、以前は天ぷらにして頂いてたのですが
膵炎夫人になってからというもの、油モノは御法度
大きな花が咲くのを眺めるばかりです。。。

帯留めが出来ました

February 22 [Wed], 2006, 11:07
「桃」の形の着物まわり小物が好きで集めています。
可愛らしい雰囲気のモノはたまに在っても
大人っぽい感じのモノが無くてず〜っと探していました。
特に、小紋などにも使えるシックな帯留めが欲しかったのですが
なかなか見付からないので、ついに作ってしまいました。


銀細工の桃の帯留めです。
あんまりキラキラさせると、アンティークの帯には合わないかな、と
いぶし銀の様な感じで、テリを抑えた仕上げにしてみました。
使っていくうちに、もっともっと燻した感じの味わいが
出てくるかと、楽しみです。


萌黄色の綴れ帯の、波の様な柄がちょうど
どんぶらこ〜どんぶらこ〜と流れてくる桃みたいですね。
一番の宝物になりそうです。

不思議な塩瀬帯

February 17 [Fri], 2006, 19:53
先日ご紹介させて頂いた「梅」らしき塩瀬の名古屋帯。
今日の着付けのお稽古に締めて行きました。


お教室の皆さんにも確認頂いたところ、どうも梅では無さそうな。。。
よく見ると、花の横に実(蕾かな?)が付いています。
花と実が同じ時期に在るとは、コレ如何に。。。
葉っぱも梅の葉にしては少し長過ぎる感も在るし、結局私の中では
いつ締めてもOKの「抽象花柄」という事になりそうです。
花芯の部分はデージーっぽい洋花風だし、ちょっと蔓らしきモノも見えるし
本当に不思議なお花です。可愛いからま、いっか〜。

着物は、若竹色の横段ボカシの紬です。
この上に、赤と黒が大胆な切りビロードのコートを羽織って
お出掛けしました。
せっかくお気に入りの帯を締めて、コーデしていても
移動中は足元しか見えないのがちょっと残念
「着物のお洒落は自己満足、自分だけ納得して楽しめればいいの〜
なんて言ってても
やっぱりお洒落した姿は見せびらかしたいのが女の本音です。
コートのお洒落も楽しいものですが、早く暖かくなって
帯付き(せめて軽いショール程度で)姿で、お気に入りの帯を
チラチラさせたいわぁ〜と思う私は
目立ちたがりの関西人なんでしょうか
所作が美しい、嗜み深い着物美人に憧れるのですが
どうも、程遠い感じの私です。

季節を問わない抽象柄

February 13 [Mon], 2006, 20:53
着物ならではの楽しみの一つとして
「季節に合わせた色柄遊び」が在ると思います。
お正月に羽根の柄の帯を締めたり、秋に菊花柄の着物を着たり。
普段着物を着る様になって、季節感や季語に以前より敏感になりました。
衣装持ちの上級者の方ともなれば
季節が非常に限定される、ひな祭りや紫陽花とカタツムリの帯とか
の模様も蕾・七部咲き・満開の枝・葉桜など
花の咲き具合に合わせて、分けてお召しになるとか。。。
なんて贅沢なんでしょう
普通はそこまで出来ません。やってみたいけど
牡丹の柄の着物に唐獅子の帯とか。
柳の柄の絽の着物に燕の帯とか。夢と憧れだけは広がっていきます。

今月は如月。二月と言えば梅の柄が思い浮かびますが。。。
実際花が咲くのは、二月の終わりから三月にかけてです。
お正月にも松竹梅の吉祥文様として
おめでたい席には年中使えるし、長く使える便利な柄かも知れません。


私の持っている、「梅」っぽい柄はこの2点。
紅白梅の枝が描かれた道行コートと、塩瀬の帯です。
どちらも、非常〜に抽象的な描かれ方をしています。
この抽象的な花柄というのが、案外便利
梅にも見えるし〜桃にも桜にも見えるし〜。
という感じで誤魔化しが効きます
沢山手持ちの柄が無い普段着物人は、こう言った便利な柄を
存分に使い回したいと思います。
コツは、梅の時期には「コレは梅よ!」という気持ちで堂々と。
の時期には「コレはどう見ても桜でしょ〜」という気持ちで
着こなす事が大事です
さて、この花は何に見えますか?

お花達

February 13 [Mon], 2006, 15:23
気に入って通っている花屋さんが、今月末で閉店すると知りました。
昨年夏はとても暑く今年の冬はとても寒く
切花達はビニールハウスの中、暖房ガンガンで育てられているそうで
花の市場自体が、とても大変な様です。
気風のいいママさんが経営されていて、よく寄っていたので本当に残念。
病み上がりの家の中を明るくする為に
何か素敵な花をと思い、寄ったのですが
余りにも残念で寂しくて、店じゅう買い占めたい衝動に。
この鉢花達ともサヨナラなのね〜と思うと止まりませんでした。

これは、「楊貴妃」と言う名のチューリップ。とても儚げな桃色です。



乳白色に、濃い桃色がエキゾチックな雰囲気の胡蝶蘭。
高級花なので、何時もは買えませんがおまけして頂きました。


これは、セルリア。まだ珍しいお花みたいです。
蜻蛉の羽根の様に、薄い薄い花びらです。


レースのカーテンみたいなハーデンベルギア。窓際に飾ります。


明朝の煮魚用の「がしら」を買うお金を残す為に
これだけで気持ちを抑えましたが
多分明日も月末も、何かしら買いに行く事でしょう。
店にはまだ助けを待っている(様に見える)花や苗達が一杯でした。
花は愛でられてこそなのに、そのまま売れないで閉店なんて
耐えられそうに在りません。
買って飾る事で満足して、ついついお手入れをおこたりがちな私ですが
今回ばかりは何時も以上に愛情を注ぎたいと思います。。。

着物繰り回し

February 12 [Sun], 2006, 11:03
久しぶりに、読みたい買いたいと思う着物本が見付かりました。
「おさんぽ着」と「七緒 5号」です。


最近、着物に関する本は沢山出版されているけれど
なかなか今の私の感覚にぴったり来る内容のモノは在りません。
こてこてアンティークでも無くて、カチカチ正統派はんなり系でも無くて
ちょこっとモダンで個性的で、綺麗目スッキリ系()な感じ。。。

「おさんぽ着」は「壱の蔵」の弓岡さん監修だけあって
さすがのセンスです。(特に履物は秀逸!全部欲しい位!)
たまたま2冊とも、お直しやお手入れ(いわゆる繰り回しですね)に
関して、特集されています。
着物を着出すと、自然と色んな方から頂いたりして
サイズの合わないモノも増え、だけどお蚕さんは捨てられないし、で
さてどうしよう、と言う悩みも増えるものです。
裄や丈の合わない長襦袢を、ばっさり上下で切って裾よけにする等
不器用な私でも真似出来そうなアイディアも在りました。
前から、着こなしのセンスが素敵だな、と思っていた
「楽艸」の高橋さんの繰り回し技の、派手になった小紋を
コートに仕立て替えるというのは、オーソドックスながら
素敵に仕上がりそうだし、やりたいと思いつつ
お仕立て代をケチって先延ばしになっていたので
これを機会に、ちょっと検討したいと思います。

繰り回しと言えば。。。
我が家の義母は、大変大らかな繰り回し術を持っていまして。。。
絞りの帯揚げの伸びきってしまったモノを何枚か合わせて
座布団カバー(超派手)を作ったり
古い浴衣で夏用のれんを作ったりしています。
お世辞にもセンスが良いとは思えない仕上がりですが
その姿勢は見習いたいと思います。
P R
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ご挨拶
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桃葉
読者になる
ランキングに参加しています。
励みになりますので
ワンクリックお願い致します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
最新コメント
アイコン画像桃葉
» 拝啓 (2014年09月04日)
アイコン画像格子
» 拝啓 (2014年08月19日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2014年04月06日)
アイコン画像和花
» 私たちに出来ること。。。 (2014年01月18日)
アイコン画像和花
» 私たちに出来ること。。。 (2014年01月18日)
アイコン画像菜の花
» 私たちに出来ること。。。 (2013年12月20日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2013年12月11日)
アイコン画像まーちゃま
» 私たちに出来ること。。。 (2013年09月15日)
アイコン画像通りすがりさん
» 舞妓になる!! (2013年08月14日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2012年04月21日)

-天気予報コム-
https://yaplog.jp/momoha611/index1_0.rdf
Yapme!一覧