振袖の着付けレッスン

November 05 [Mon], 2007, 20:41
あと二ヶ月で、2007年も終わりなんですね〜。
デパートに行ったら、もうクリスマスツリーやら
賑やかな飾り付けが始まっててビックリしました。
来年の成人式には、振袖の着付けを依頼頂いてるので
そろそろ復習をしなければなりません
いつも、和装用ボディちゃんで着付けしてますが
元からずん胴なので、やっぱり生身の体の方が勉強になる訳で。。。
ピチピチのハタチ前の女子に着付けモデルをお願いしました。
彼女が小学生の時からの知り合いで
冬は犬も一緒に、押しくらまんじゅうをした仲です。
すっかりパツンパツンのナイスバディになって
化粧も私より上手なくらい。
時の流れにしみじみしながら、振袖を着付けさせて頂きました。





当たり前だけど、ボディと違って
人の体は、一人一人補正の仕方も違います。
あと、二ヶ月。まだまだ要修行です

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
ランキングに参加しています。ワンクリック頂けると嬉しいです

着付け討論会

July 19 [Thu], 2007, 22:00
大阪・堺で着付け教室を営む
我がマブダチの「ツバキ庵」のマミちゃんのお宅へ
遊びに伺いました。
お互い着物好き。話は自然と、着物・着付けの方向へ・・・。
議論は白熱し。。沸騰しまして。。。
前々から気になっていた、自分自身の着付けの気になる点を
話すうちに、ミニ着付け教室状態に。
毎回パッパ〜と着ていると
自分自身の問題点は、なかなか見えにくいもので。
改めて、イチから着付けしているトコロを人様に見て頂くと
結構、自分流に替えてしまってる部分が在るものです

@何だかコルセットのような帯になってた事
Aおはしょりが斜めになる事
は、それぞれ
@補正が必要な部分に、適量足りなかった
A裾の上げが足りなかった
と、客観的に見てもらう事によって、解決したのでした。
さすが、着付けの鬼!!
それにしても、着付けは本当に奥が深いです。
その人その人によって、どんな補正が必要か違うし
長い間に、着付け癖も出てきます。
毎回出掛ける際は、バタバタと着付けて出て行きますが
たまには落ち着いて、基本通りにゆっくり着付けるのも
大事ですね〜。

この日の着物は、小千谷縮に黒の葉っぱ帯。
夏の着こなしで一番好きな組み合わせかも。


帯留めは鼈甲の鯉です。


三部紐は、白とミントグリーンのリバーシブルになってて重宝。
駅へ向かう途中で、見知らぬおば様に
「いいね〜夏の着物」と声をかけて頂いた
そうなんです!

夏こそ着物」と、声を大にして言いたい。
余り着ている人が居ない夏こそ、着物の涼しげな雰囲気や
和の情緒を再確認して頂けると思うのですよ〜。
さあ、皆様もこの夏、夏キモノに挑戦してみませんか〜。
浴衣に半襟をつけて、名古屋帯をするだけでも
ちょっと楽しい時間が過ごせるかも

半幅帯レッスン

June 20 [Wed], 2007, 9:49
この日は着付けレッスンの日。
二年以上お世話になった「キモノ*スイーツ」さんを
いったん卒業させて頂きました。
思えば、着物は時々ハレの日に着る程度だった私が
こんなにどっぷりハマルきっかけになったのも
気軽に着てもいいと、垣根をとっぱらって頂いたおかげ。
卒業しても、まだまだ未熟者なので
季節の強化レッスンやイベントではまた、お世話になると思いますが
ハツネ先生、本当に有難うございました

今日の着物は、保多織。帯は、多色のウロコ柄。


和キッチュ」さんのカエルと蓮の刺繍の半襟。


たっぷり見せて、トランプのピンで留めています。



帯結びは半幅帯のレッスン。貝の口に矢の字。
しっかり復習させて頂きました!

浴衣の兵児帯

June 08 [Fri], 2007, 21:18
久しぶりの着付けレッスンは、夏に向けて浴衣。
それも兵児帯と半幅帯の二本使いの仕上げです。


コチラは私がAさんに着せ付けさせて頂いたもの。


帯の仕上げに少々変化をつけて、違う雰囲気に。


これは、Aさんが私に着せ付けて下さったもの。
同じ浴衣、同じ二本の帯でも印象が違いますね〜。

コチラはうのはなさんの仕上げ。


アーティスティックですね
高さも出せて、華やかに可愛らしく仕上がる兵児帯。
イロイロと遊べそうだし、早速帰り道
自分用に白の兵児帯を購入しました。
(デパートは高いので、もちろん船場センタービル内にて
普通の半幅帯より生地も薄く涼しいので、家で着るのにも
良さそうです。

袋帯の変わり結び

May 27 [Sun], 2007, 19:49
美容院での着付けのお仕事で、結婚式の訪問着に合わせて
袋帯の変わり結びのご依頼を頂きました。
あまり派手すぎず、普通の二重太鼓をちょっとだけ
華やかに、というリクエストに
ご提案させて頂いたのは、この二種類。


お太鼓上に扇子のような羽根を添えた「末広太鼓」と


お太鼓を台形に整えて
両脇からフリルをちら見せする「短冊太鼓」。
両方とも、羽根の開き具合や、フリルの出し方で
だいぶんイメージの変化をつけられます。
今日セレクト頂いたのは、「末広太鼓」。
お若い奥様だったので、華やかにバァ〜っと羽根を広げてみました。
変わり結びは華やかで珍しいので、たまにはいいですが
帯を傷める原因にもなりますので
着終わったらすぐに、折ってあるひだを伸ばして
休めてあげる方がいいですね。。。

振袖強化月間

March 16 [Fri], 2007, 19:49
いよいよ、明日。
卒業式の振袖の着付けをして差し上げる日です。
今月はずっと振袖強化自主レッスン
家に在る一番長くて柔らかい、ウロコ柄の袋帯で仕上げです。





明日は寝坊しませんように。お腹痛くなりませんように。
着物とサイズぴったりの方が来ますように。。。

振袖の着付け

December 22 [Fri], 2006, 22:42
今日はボディちゃんで振袖のお稽古。
先日のチェックポイントだった
●腰紐・胸紐をしっかり締める事
●おはしょりをスッキリ。オクミ線を揃える
●襟の抜き具合 などに注意しつつ。。。



帯締めもちょっと遊んでみまして。
半襟はスッキリと伊達襟は細〜く見せるのがポイント。
帯揚げの入り組はぽってりと。帯は華やかに。
先日よりは綺麗に仕上がったかな〜。
やっぱり着付けはしょっちゅうしないと駄目なようです。

今日の着物は、紫色の縞大島に丸帯直しの半幅帯を
カルタ結びに。


帯留めは彫金で作った、蝶です。
銀製品は、磨けばピカッピカになりますが
いぶし風にすれば、アンティークな雰囲気が出ます。


お花にとまってるみたいですね

振袖は難しい。。。

December 18 [Mon], 2006, 21:41
着付けレッスンでは、引き続き振袖のお稽古です。
ただでさえ、人様に着物を着付けて差し上げるのは難しいのに
振袖は、重くお袖も長く帯結びも華やかさが要求されるので
非常に難しいです。
それでも仕上がった時のパァ〜っとした姿は
何とも言えない高揚感・幸せ感。着る人も着せる人も。


細かい点は沢山お直ししないといけないのですが。。。
今日の、私が着せ付けた振袖です。モデルはTさん。
今回も帯が短いので、片方に羽根を二枚。
もう片方に一枚。最後のタレは裏を見せた仕上げです。
襦袢と伊達襟が、チラリズムなのがいけませんね〜。

コチラ、ベテランのTさんの着付け。


襟元スッキリ。伊達襟のチラ見せ具合。
帯揚げの巻き薔薇。帯締めの軽やかな舞
非常に参考になります。
着付けはひたすら精進あるのみなんですね〜。
ハレのお席に旅立つ方の為に

浴衣の帯結び

July 26 [Wed], 2006, 16:10
ど〜んと久しぶりのボディちゃん登場。
ずっと長襦袢に袷の着物で暑かったろうに。。。
やっと涼しげな浴衣にお召し替えでございます。



自分では、恐れ多くて絶対出来ない帯揚げ使い。
半幅帯の上に、ふわ〜っとリボン結びにしてみました。
後ろは、お文庫結びのリボン部分を左右リバーシブルの
違う柄を出して、斜めにキュッと。
昨日のブルーの半幅帯もスッキリしてたけど
紅い帯も可愛いかも。

レース袖の筒袖半襦袢

July 22 [Sat], 2006, 21:11
yukiringoちゃんにご質問頂いたので、筒袖半襦袢をご紹介します。
商品名は、「レース付き肌襦袢」とか「さらし肌襦袢」とか
色々在るみたいですが、いわゆる肌襦袢のお袖がレースに
なったタイプなんです。




半襟は自分で好みのモノを縫い付けます。


普段着物の時はこれに、東スカート(裾よけのマチが付いたタイプ)
で、簡単に着ます。
画像のは夏用の東スカート(壁絽)です。
広げてるので、妙にでっかい人用に写ってますけど。。。

本当は肌襦袢ですし、お袖のふりがないので
正装の着物の場合は、ちゃんと長襦袢を着る必要が在りますが
夏は特に涼しいし、普段はこれに
汗取りにタンクトップを着るくらいです。
私も昔は、着物の下にはきちんと長襦袢を着ないといけない
思い込んでいましたが
「こういう着方も在るのよ〜」と「キモノ*スイーツ」のハツネ先生
教えて頂いた時は、目からウロコでした。
確かに毎日正装の着物を着る訳ではないし、普段着物なら
自分自身が着やすい事が大事なんですよね〜。
夏でも透ける着物、例えば絽や小千谷ちぢみ(麻)などの
場合は、袖のふりの在る長襦袢を着ます。
お裁縫がお得意な方なら、替え袖を縫い付けてもいいですよね。

ちょうど、楽天でも筒袖半襦袢売ってましたがコチラ
和装小物のお店でも置いて在ると思います。

ただ、母親世代の人間には着物の下に袖がない(ふりがない)と
いうのは、ちょっと衝撃みたい。。。
義母も、私のこの着方を見て「え〜」っと驚いていました。
が、自分が楽しく出来るだけ楽に着る事が
普段着物生活をエンジョイする秘訣だと思うので、気にしませ〜ん。
「ツバキ庵」のマミちゃんのブログでも筒袖肌襦袢を紹介されています。
P R
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご挨拶
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桃葉
読者になる
ランキングに参加しています。
励みになりますので
ワンクリックお願い致します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
最新コメント
アイコン画像桃葉
» 拝啓 (2014年09月04日)
アイコン画像格子
» 拝啓 (2014年08月19日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2014年04月06日)
アイコン画像和花
» 私たちに出来ること。。。 (2014年01月18日)
アイコン画像和花
» 私たちに出来ること。。。 (2014年01月18日)
アイコン画像菜の花
» 私たちに出来ること。。。 (2013年12月20日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2013年12月11日)
アイコン画像まーちゃま
» 私たちに出来ること。。。 (2013年09月15日)
アイコン画像通りすがりさん
» 舞妓になる!! (2013年08月14日)
アイコン画像桃葉
» 私たちに出来ること。。。 (2012年04月21日)

-天気予報コム-
https://yaplog.jp/momoha611/index1_0.rdf
Yapme!一覧