【 もじゃ映画メモメモ 】 劇場で見た映画の感想、購入&レンタルしたDVDの感想...メモメモ。
【もじゃメモ】内のヒミツを探る
プロフィール
【もじゃ】
moja
極力ネタバレ無しで映画の簡単な感想書いてます。
独断と偏見に満ちています。
たくさん映画見たいんですが、あんま数見れてません。
2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
P R
«2006年02月 | Main | 2005年12月»
【 アイス・プリンセス 】: DVD◆ 2006年01月30日(月) ◆
ミシェル・トラクテンバーグ主演のディズニー映画。劇場未公開。個人的にミシェルブームです。

物理理論でスケート技の解析、スケート界内での競争など深く描かれないのは残念。まぁディズニー映画だしね、母と娘の関係がメインです。
脇にベテラン、ジョーン・キューザックとキム・キャトラル。とちらも母親役、バチバチやりあうよ。
スケートシーンはなかなか見ごたえあり。TVで放映されるのを見てるのと違って、氷上を滑る音、ジャンプ時の着地音など映画ならではの効果音が効いてて 臨場感が増すのはイイなぁ。

[ DVD:アイス・プリンセス ]
DVD / この記事のURL / コメント(4)
【 亀は意外と速く泳ぐ 】: DVD◆ 2006年01月29日(日) ◆
『スウィングガールズ』の上野樹里主演、『イン・ザ・プール』の三木稔監督作品。当ブログで”2005年、気になる1本”に選出しました。

上野樹里扮する主婦スズメの周りを取り巻く人たちの一癖も二癖もあるキャラが楽しい。 ゆるゆるなテンポでゆるゆるなギャグ、子ネタ満載でハマる人はどっぷりいくと思います。

「あずきパンダちゃん」の唄は一度聞いたら頭の中をループ。あぁ「そこそこラーメン」食べたい。ふぇっふぇっふぇっふぇっふぇ〜。

[ DVD:亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 ]
DVD / この記事のURL / コメント(6)
【 BLACK KISS ブラックキス 】: 映画◆ 2006年01月28日(土) ◆

手塚眞監督によるヴィジュアル・サイコ・スリラー。...ただのサイコ・スリラーでいいじゃん別に。

オープニング、シチュエーションの古くささに苦笑い。前半はちょっとモタつく印象。でもこの作品のもつ独特な雰囲気はかなり好みだ。
グロいシーンありだが、思ったほど多くはない。でもヌイグルミ部屋には気を付けろ!マジでこわっ!
オチは賛否両論かな。個人的には無くても全然OKだと思うんだけどなぁ。

元モデル、あんじ笑顔がもの凄く恐かった。


1/28(土)オープンの”渋谷Q-AXシネマ”で鑑賞してきました。
もちろん凄くキレイ。椅子の座り心地もイイ。欲を言えばスクリーンがもうちょっと大きければなぁ。座席は指定制で、ちょっとビックリ。シネコン行ってる人は当たり前なんだよね、座席指定。ちなみに同じビル内にユーロスペースもあるよ。

写真はブラックキス特製マスコット。劇中でチラッと映ります。縦20cmもあります。
それと初回だったので、”BLACKKISSM特製オードトワレ”を貰ったよ。

映画 / この記事のURL / コメント(10)
【 悪魔の棲む家 】: DVD◆ 2006年01月25日(水) ◆
'79年オリジナル版。実際に起こった事件を基に映画化。でもこれ、家で起こる超常現象はウソだったんだっけか。

ちょっとしたポルターガイスト現象や不気味なシーンがあるだけでホラーとしては全く恐くない。神父が聞いた声はおおっ!と思ったけど。
当時のオカルトブームに便乗したんじゃないの、という印象は否めなぁ。

家に住んでもいないのに、一番ヒドイ目にあった神父がとてもかわいそうだよ。

[ 悪魔の棲む家 ]
DVD / この記事のURL / コメント(0)
【 Xファイル DVDコレクション 025 】: DVD◆ 2006年01月24日(火) ◆
[第5シーズン #501〜#504]

2話「帰還 Part2」 肺ガン男の展開にビックリですよ。シーズン初めからやってくれるなぁ。
3話「アンユージュアル・サスペクツ」 おたく三人衆(ローン・ガンマン)結成秘話。 もちろんモルダーとの出会いも。最後のカットはコンビの始まりを意味する絵作りだよね。

4話「迂回」 モルダーとスカリー森で野宿。スカリーのヘンな歌詞のが聴けます。

[ 公式サイト ]
DVD / この記事のURL / コメント(4)
【 レジェンド・オブ・ゾロ 】: 映画◆ 2006年01月21日(土) ◆
'98年に製作されたアントニオ・バンデラス主演の『マスク・オブ・ゾロ』の続編。前作同様、共演はキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、監督はマーティン・キャンベル。

もうちょっと爽快なアクション活劇だと思っていましたが...前作のような切れ味は無いなぁ。オープニングの登場はカッコイイし、愛馬トルネードとのやりとりは面白いんだけどね。
クライマックスの大爆発はショボイよ。もうちょっと何とかして欲しかった。

ゼタ姉さんはいろんなドレス姿を魅せてくれる、相変わらずおキレイで。

[ 公式サイト ]
映画 / この記事のURL / コメント(10)
【 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 】: DVD◆ 2006年01月18日(水) ◆
'74年に起きたニクソン米大統領暗殺未遂事件を基に描いたドラマ。

あくまでも"企てた"なので派手な演出こそないが、主人公が社会から孤立していく姿を丁寧に描写しています。これが見ていてかなり痛々しい
自分の不幸を他人や社会のせいにする悲しい男をショーン・ペンが演じているが、これがまた上手いなぁと関心させられる。
脇にナオミ・ワッツ、ドン・チードル、ジャック・トンプソンを揃え、見ごたえも十分過ぎるほど。

ナオミの黒髪姿に...ええ、グッときましたとも。

[ DVD:リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 ]
DVD / この記事のURL / コメント(4)
【 スパングリッシュ 】: 映画◆ 2006年01月15日(日) ◆
『恋愛小説家』のジェームズ・L・ブルックス監督、アダム・サンドラー主演だがコメディではなく、家族の愛を描いたドラマ。

スペイン女優のパズ・ヴェガが演じる美しく強い母親は魅力的、しかもナイスバディです。アダム・サンドラーとのレストランでの”足を床に”シーンにはドキドキさせられたなぁ。
思ったような大団円にならないのは意外。いくつかの問題を残したまま終わるが後味は爽やか。
アダム・サンドラーが劇中で食べるサンドイッチが美味しそうだった。ぐぅ〜。

[ 公式サイト ]
映画 / この記事のURL / コメント(6)
【 ジェイソンZ 】: DVD◆ 2006年01月11日(水) ◆
『13日の金曜日』シリーズとは関係ない。もちろん『ジェイソンX』の続編でもない勝手に付けた邦題です。 それと、間違ってレンタルしたんじゃない。故意に借りたんです。本当だってば

B級以下のホラーです。"意外な人が犯人だった"にしたいのは解るけど、誰にでも察しがついちゃいます。
出演してるお姉さんはそこそこキレイなので、まぁそこは良し

殺人鬼は別にジェイソンって名前じゃないのになぁ。

[ DVD:ジェイソンZ ]
DVD / この記事のURL / コメント(0)
【 Xファイル DVDコレクション 024 】: DVD◆ 2006年01月10日(火) ◆
[第4シーズン #421〜#424]

21話「ゼロ・サム」 スカリー出演してない珍しいエピソード。
その代わりと言っては何だが、スキナー副長官が出ずっぱり。ブリーフ姿も見せてくれます。スキナー副長官ファンは必見だ。

24話「ゲッセマネ」 シーズン4はこれにて終了。シーズン3最終話の時と同様、次のシーズンへ話の続きは持ち越しに。 いやぁ当時はヤキモキしたもんです。

[ 公式サイト ]
DVD / この記事のURL / コメント(4)
← OLD
GMO MadiaHoldings, Inc.