3月だ

March 01 [Thu], 2007, 23:31
紙モノ系のひとに会う機会が多かった2月☆

近所の食パン参加者さんの家に遊びに行ったり、神保町行ったり、
この前の日曜は「愛情通信」発行者ヨンコさん宅に
「大内月報」編集長じぇんじぇんさん、ジェズさん、
「脱力の友」発行者ハルコさん、ナツオさん、「食パン」の私。
6人中4人が発行していて、2人は発行者以上に紙モノに精通した方々。
全員本名ではないところが、またそれっぽい。

ず〜っとお菓子食べながら、コーヒー飲みまくってダベって、
猫なでて、中とじマシーン見せて、手作り本を考えたり、
昔のヨンコさんの手描き原稿を見て感動したり。
そして会話している近くには、中とじできるホッチキスが3つ(笑)
お菓子と紙とホッチキスがいっしょにあっても不思議じゃない
紙モノ仲間の集まりって、面白い。
話しながら、ヨンコさんはどんどん中とじを仕上げていった☆

最後は大量の花火をノルマのように着火して、スモークされた。
火だねが今手にしている花火、という、休む間もない
良い子は真似しちゃいけない状態、両手に数本火を吹いていた


そして、明日から新しい生活。
またレポしようと思いますが、簡単に言いますと...
中とじの機械がある会社を求人誌で見つけ、気になる。
どうしてもずーっと気になるので、電話した。
中とじが気になると言うと、電話口の女性が少し笑う(笑)

食パン持参で面接に行く。面接だけど、
マットコートが好きだとか、中とじが好きだとか
紙モノが好きだという想いを沢山話してしまったようで
後になって、ちょいと恥ずかしい気がした。
後日、印刷制作の方にも会い、色々なお話を。
好きなだけでスキルなし、ですが採用してもらえました。

そして、早く慣れる為にも週2で通いだした2月。
会うひと会うひとに「中とじ好きなんだって?」と言われる(笑)
はい、大好きなんです。本当なんですが、
あらためて言われると、なんて照れくさいこと...

食パンが出来上がるまでを見られるとしたら...
中とじの機械の前で泣いてしまうんじゃなかろうか。

クラフト紙に包まれて出荷されてく本達。
あのクラフト紙に包まれて届くとき、
手を洗って正座して、何の神様かは知らぬが
手を合わせて、あの紙を開けるのです。

企業のものは解りませんが、個人で頼む本は
おそらく、皆そうなのでは...
慌ただしい工場の中では知る由もなく。

今のところ何の技術もありませんが、
紙モノ仲間との会話でよくでる、
印刷や製本会社へ感じる敷き居の高さや
かゆい所に手が届く説明や...
詰まるところ、私が疑問に思うところを解明するのが
仕事につながっていくといいな。と思う次第。

春ですなぁ。

あ、4/8は豆本展示即売「まめまつり」出展です☆
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:moguson
読者になる
Yapme!一覧
読者になる