地味なのに

September 25 [Sun], 2005, 0:00

えらく時間がかかってしまった、
あるくだらなアイテム。
結構カワイイかも。
終わったらウチで普通に使おうっと。

実物は「くだらないモノ展」で!
しつこく宣伝か

秋なのね。
さんま美味しいさ〜。
大根おろしも良いけど、
玉ねぎたっぷり南蛮漬けもよいよ。
日持ちするのでまとめ作りにぴったりだ。

近所の小学生が、買い物に行くお母さんに
「サラミ買って来て〜!」
と、2階から叫んでいた。母ちゃんがキレて、
「ん?どんなサラミよぉ〜!?」
と叫び返すと、ちびっ子は逆ギレで、
「サラミなら何でもイイんだよぉ!!!」

どんなサラミを食べたんでしょうね☆

おつり

September 20 [Tue], 2005, 0:00


どこかで もろーたおつり。
昭和34年の百円。
財布の中に昭和27年のギザ十も発見。
なんだかラッキ。

先日ななかま集会にちょいと行く。
mixiやってる人が多い事に驚く。
フリペ・ミニコミの人が多い席に座り
貴重なフリペを頂いたり、中とじやコピー機、
採算度外視な話ができてオモロかった。
ホッチキトゥ話で、妙にテンション上がる自分がいた。
地味作業、好きなんじゃなぁ、自分。

爆睡部屋

September 17 [Sat], 2005, 0:00

仕事も早く終わったし
展示準備はじめる前にちょいと休もうと
夕方ベッドの上にごろんとしたら、
3時間どっぷり寝てしまっていた。
起きて朝か夜か一瞬解らなかった。
おかげで、どスッキリ。
とはいえ、いつも快眠なのだが、
ここまでどスッキリはなかなか...
爆睡体質に我ながら少々呆れる。

展示準備というのは
10/5-8の4日間
原宿のデザインフェスタギャラリーで
「くだらないモノ展」というのをやるのです。
準備期間中だが、共催のカーサンには
がんばろうとは言うまいと思う。
頑張ってくだらなくなったら困る(笑)
予定のものが出来なかったり予定外のものが出来たり、当日までもにゃもにゃが良い。
いやぁ、楽しみだなぁ。
くだらない態度でお待ちしています。
お客さんが「頑張って」と会場で声を掛けてくれたなら
「無理です」と答えます。ブリです。
全面的にゆるいので、テキトーに来て下さい。
でも、トイレや天井まで見るのを忘れないように!
そして、強力な協力者の羊毛団団長制作の
特製の液体状(謎)はお楽しみに!

photo:国際展示場ってどこも似てるのかな。
7月にやっさいもっさい踊った辺りから左腕が痛い...

『食パン』shock-pang

September 09 [Fri], 2005, 0:00

脱力小冊子『食パン』完成!
9/8-9と納品回り。

8日は池袋-お茶の水-千駄木
フライヤーやネットで調べた委託できるお店を回る。
担当者の方が不在で、保留中のお店もありますが、
2店納品させて頂きました☆

■池袋・ポポタムさん
■千駄ヶ谷・ふるほん結構人ミルクホールさん

この日、最後にミルクホールさんに伺うと決めていた。
大好きなコヒーでシメたかったので。
アイスカフェオレ。大変美味しゅうございました!

飲みながら、2000年の「東京人」を読んでいると
元気いいぞうさんの記事があった。
食パンに参加して頂いた、じぇんじぇんさんが発行している
「大内アパート月報」で存在を知ったのだが、
こういうタイミングで写真を初めて見るとは!
紙モノつながりマジックかな。

美味しかったし、本を置いてもらえたし
西日暮里から電車に乗れば早く帰れるところを、
バスに乗って池袋回りでのんびり帰った。
美味しい後味もあって、気持ち良かった。
何となく、ぼーっともうちょい長く乗っていたかったなぁ。


9日は「minority」を発行しているみじんこさんがランチ営業をしている
■ななかまどさん
そして、みじんこはんに以前おしえてもらったお店、
■新宿・模索舎さん
■中野・タコシェさん
羊毛団さんがおしえてくれた
■高円寺文庫センターさん へ納品。
何かと皆さんのお世話になっちょります

電話やメールで問い合わせや、そして納品で伺ったときも、
どのお店も気持ちの良い対応をしてくれて、嬉しかったなぁ。
けっ、食パンて。なんて誰にも言われなかった...スバラシ。

あと、大阪のお店に見本を送るので
OK頂ければ置いてもらるので、どきどき。

いやぁしかし、ミニコミ「車掌」って色んなところで出会います。
凄いなぁ、こういう幅広さ☆


ホッチキスしすぎで、もはやホッチキトゥ。
来年くらいには、ホッティキトゥになっているだろう。
わっかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ。
俺が夕焼けだった頃、弟は小焼けだった。
お袋は霜焼けで、親父は胸やけだったんだよ。

中とじマシーン

September 02 [Fri], 2005, 0:00

マシーンと言いながら、
めっちゃアナログ。
ナカトジータという中とじ用の道具があると、おしえてもらったのだが、
完成A6サイズには対応していなかったので、
作る事にした☆

100円ショップで買った黒のスチレンボードと
持っていた白い薄めのボードを合わせたら、
ホチキスの高さとええ具合だった。
カッターで簡単に切れるので
30分くらいで出来ちゃった。
朝5時、眠い体でぼけぼけ作る。
中とじマシーン完成☆

ガイド付トレイにスルリと紙を差して、
あとは、ヤァ!とホチキスを押せばよいのだ。
(チョップぢゃなくてよい...)
ところで、ホッチキスorホチキス?
針or 芯?玉って言うひともいるなぁ。

なんで中とじマシーンかっていうと、
今、A6冊子を作っていて
印刷待ちなのです。どきどき
全てをひとつの会社にお願いすると高い!
次号も出したいので、毎回大赤字は出せませぬ...
で、出来る限りの低コストを考えたら
カラー印刷・モノクロ印刷・断裁
を別々の印刷会社にお願いし、
中とじは自分でやるという結果に。
ホント最後の製本をやってもらうかどうかで
どえらい差が出るのです!
幸い、地味作業は大好物

12人の作品参加&協力+小ネタ提供頂きまして
なかなか面白い本になりました(自信を持って)
ありがとうございます!!!

楽しみにしてくれているごく一部の方、
もうすぐでございます
店頭は9/9から〜(納品後お知らせします)
参加頂いた方々には前日までにはお届けします☆
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:moguson
読者になる
Yapme!一覧
読者になる