粉瘤と言った脂肪の塊

August 04 [Tue], 2015, 15:29
体の脂肪は、色々な形で体の表に表れてくるものです。皮膚腫瘍のひとつで、全身の皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)どこにでも生じる脂肪の塊に、粉瘤(ふんりゅう)があります。粉瘤はさほど珍しい症状ではなく、大多数の人が体のどこかに持ち合わせた経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)があるのではないでしょうか。

見つかったらすぐに取り除かなければ、と言ったほど大変な症状ではなく、悪性腫瘍になることもません。しかし顔にできて大きくなった脂肪の塊は目立ってしまいます。何事もなければ特に痛みも感じない粉瘤ですが、感染しやすい性質があり、感染して化膿するといきなり腫れがひどくなって痛みが起きます。そのため、粉瘤が体のどこかに見つかったら、大きく成長しないうちに皮膚科や整形外科に行って見てもらうべきでしょう。

ただし、粉瘤は凝固した脂肪が薄い膜で覆われている状態です。皮膚にくっついている膜も一緒に摘出しなければ再発してしまうので、気をつけましょう。細菌感染がなければ被膜は周囲の組織から簡単にはがれて綺麗に摘出できます。場合によっては、膜が薄すぎて破けてしまい、中身が飛び出してしまうということもあります。

ですが、細菌に感染した粉瘤では周辺組織と癒合している為、周りも一緒に摘出しなければなりません。再発が起きないよう全て取り除くには、粉瘤周辺もまとめて取り去らないといけないのです。
P R
https://yaplog.jp/modeyasediet/index1_0.rdf