ウルーウルー

2008年02月29日(金) 20時30分
今日は4年に一度のウルー日だよぉ〜
だからといって特別なにかあるわけじゃないけど・・・(笑)
一日長く働かなきゃいけない年だぁ〜
ゆ〜め〜が〜な〜い〜













人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします

明日は

2008年02月28日(木) 15時09分
明日は年に一度のウルー日だぁ〜( ^^)Y☆Y(^^ )

トランシーノ

2008年02月27日(水) 20時15分

前々から気にはなってたんだけど買ったぞ〜(笑)
顔のシミなどに効くそうです・・・

名前はTRANSINO(トランシーノ)です
改善を願って毎日忘れないように飲まないと・・・(笑)
祈りながら飲も〜っと



送料無料!!TRANSINO(トランシーノ)180錠はじめてのしみ〔肝班(かんぱん)〕改善薬!














人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします

DVD『天然コケッコー』

2008年02月26日(火) 22時05分
DVD『天然コケッコーを見たよぉ〜

メディア 映画
上映時間 121分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2007/07/28
ジャンル 青春/ドラマ/ロマンス





解説・・・
くらもちふさこの同名コミックを「リアリズムの宿」「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督で映画化したさわやか思春期ストーリー。田舎の美しい里山の風景をバックに、方言丸出しの少女がのんびりした日常の中で淡い初恋に心ときめかせ、ゆっくり成長していく姿をほのぼのとしたタッチで綴る。主演はTV「ケータイ刑事 銭形零」の夏帆、共演にTV「生徒諸君!」の岡田将生。



いやぁ〜青春だぁ〜
周りから見たら何でもなくても、実は青春だったり
するもんねぇ〜(意味がわからないね)

見てて色んな意味で胸を締め付けられました
ヒロインそよを演じた夏帆ちゃんが見事な演技と存在感を見せています
素朴な可愛さにかなりやられました


オタマナ評価:★★★★☆










人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします

牛丼

2008年02月26日(火) 21時25分
久しぶりに吉野家の牛丼食べちゃいました
うまいな。










人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします

今年のオタマデミー賞は!

2008年02月25日(月) 23時18分
今年のオタマデミー賞が決まりました

作品賞
ボーン・アルティメイタム


主演男優賞
マット・デイモン


結構走ったで賞
マット・デイモン



もろタイプで賞
マット・デイモン



今年のオタマデミー賞は結構ばらつくかと
思われましたが、意外とかたよりましたねぇ〜
でもまぁ、妥当でしょう・・・。
尚、オタマデミー賞はオタマ審査員一人で
独断と偏見とその時の気分によって決まります。

残念ながらアカデミー賞
編集賞と録音賞しか取れませんでしたが・・・
(それだけでもすごいか・・・

来年も楽しみですねうぷぷ









人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします

DVD『バベル』

2008年02月25日(月) 22時34分
DVD『バベルを見たよぉ〜

メディア 映画
上映時間 143分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2007/04/28
ジャンル ドラマ
映倫 PG-12




解説・・・
 「アモーレス・ペロス」「21グラム」の俊英アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、それぞれの場所で孤独な魂どうしが織りなす愛と哀しみ、再生への希望の物語が同時並行で鮮やかに綴られていく。日本から役所広司とともに参加した菊地凛子が各国の映画賞レースを賑わせ日本でも大きな話題となる。



・・・。
ん〜壮大な話なんだろうけど
ちょっと私にはテーマが難しすぎたかな・・・
見終わった後には嫌悪感と、あと・・・
凛子の裸しか頭に残ってない・・・(爆)
最後はどこいきたかったのか教えてほしい・・・(謎)


オタマナ評価:★☆☆☆☆













人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします

第80回アカデミー賞発表!!

2008年02月25日(月) 17時29分
第80回アカデミー賞発表


作品賞
「つぐない」
「JUNO/ジュノ」
「フィクサー」
「ノーカントリー」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」


(↑ ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督)
監督賞
ジュリアン・シュナーベル「潜水服は蝶の夢を見る」
ジェーソン・ライトマン「JUNO/ジュノ」
トニー・ギルロイ「フィクサー」
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン「ノーカントリー」
ポール・トーマス・アンダーソン「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」


(↑ダニエル・デイ=ルイス)
主演男優賞
ジョージ・クルーニー「フィクサー」
ダニエル・デイ=ルイス「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
ジョニー・デップ 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
トミー・リー・ジョーンズ「告発のとき」
ヴィゴ・モーテンセン「イースタン・プロミセズ(原題)」



(↑マリオン・コティヤール)
主演女優賞
ケイト・ブランシェット「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
ジュリー・クリスティ「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」
マリオン・コティヤール「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」
ローラ・リニー「ザ・サヴェッジズ(原題)」
エレン・ペイジ「JUNO/ジュノ」

助演男優賞
ケイシー・アフレック「ジェシー・ジェームズの暗殺」
ハビエル・バルデム「ノーカントリー」
フィリップ・シーモア・ホフマン 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
ハル・ホルブルック「イントゥ・ザ・ワイルド(原題)」
トム・ウィルキンソン「フィクサー」

助演女優賞
ケイト・ブランシェット「アイム・ノット・ゼア」
ルビー・ディー「アメリカン・ギャングスター」
シアーシャ・ローナン「つぐない」
エイミー・ライアン「ゴーン・ベイビー・ゴーン(原題)」
ティルダ・スウィントン「フィクサー」

脚本賞
「JUNO/ジュノ」
「ラース・アンド・ザ・リアル・ガール(原題)」
「フィクサー」
「レミーのおいしいレストラン」
「ザ・サヴェッジズ(原題)」

脚色賞
「つぐない」
「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「ノーカントリー」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

撮影賞
「ジェシー・ジェームズの暗殺」
「つぐない」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「ノーカントリー」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

編集賞
「ボーン・アルティメイタム」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「イントゥ・ザ・ワイルド(原題)」
「ノーカントリー」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

美術賞
「アメリカン・ギャングスター」
「つぐない」
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

衣装デザイン賞
「アクロス・ザ・ユニヴァース(原題)」
「つぐない」
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

メイクアップ賞
「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」
「マッド・ファット・ワイフ」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」

作曲賞
「つぐない」
「君のためなら千回でも」
「フィクサー」
「レミーのおいしいレストラン」
「3:10・トゥ・ユマ(原題)」

歌曲賞
「Once ダブリンの街角で」 “Falling Slowly”
「魔法にかけられて」“Happy Working Song”
「オーガスト・ラッシュ(原題)」“Raise It Up”
「魔法にかけられて」“So Close”
「魔法にかけられて」“That's How You Know”

録音賞
「ボーン・アルティメイタム」
「ノーカントリー」
「レミーのおいしいレストラン」
「3:10・トゥ・ユマ(原題)」
「トランスフォーマー」

音響編集賞
「ボーン・アルティメイタム」
「ノーカントリー」
「レミーのおいしいレストラン」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
「トランスフォーマー」

視覚効果賞
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」
「トランスフォーマー」

長編アニメ映画賞
「ペルセポリス」
「レミーのおいしいレストラン」
「サーフズ・アップ」

外国語映画賞
「ボーフォート レバノンからの撤退」 (製作国:イスラエル)
「ヒトラーの贋札」(製作国:オーストリア)
「カチン(原題)」(製作国:ポーランド)
「モンゴル(原題)」(製作国:カザフスタン)
「12(原題)」 (製作国:ロシア)

長編ドキュメンタリー賞
「ノー・エンド・イン・サイト(原題)」
「オペレーション・ホームカミング(原題)」
「シッコ」
「『闇』へ」
「ウォー・ダンス」

短編ドキュメンタリー賞
「フリーヘルド(原題)」
「ラ・コロナ(原題)」
「サリーム・ババ(原題)」
「サリズ・マザー(原題)」

短編アニメ映画賞
「アイ・メット・ザ・ウォルラス(原題)」
「マダム・トゥトリ=プトリ(原題)」
「イーヴン・ピジョンズ・ゴー・トゥ・ヘヴン(原題)」
「春のめざめ」
「ピーター&・ザ・ウルフ(原題)」

短編実写映画賞
「アット・ナイト(原題)」
「代理教師」
「ザ・モザート・オブ・ピックポケッツ(原題)」
「タンギ・アルジェンティーニ(原題)」
「ザ・トント・ウーマン(原題)」


今年のアカデミー賞はかなり渋い作品ばかりになりましたね
早く受賞した映画達が日本に来るのが楽しみとしか言えません

第80回アカデミー賞ノミネート発表

2008年02月24日(日) 20時34分
第80回アカデミー賞ノミネート発表


作品賞
「つぐない」
「JUNO/ジュノ」
「フィクサー」
「ノーカントリー」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

監督賞
ジュリアン・シュナーベル「潜水服は蝶の夢を見る」
ジェーソン・ライトマン「JUNO/ジュノ」
トニー・ギルロイ「フィクサー」
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン「ノーカントリー」
ポール・トーマス・アンダーソン「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

主演男優賞
ジョージ・クルーニー「フィクサー」
ダニエル・デイ=ルイス「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
ジョニー・デップ 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
トミー・リー・ジョーンズ「告発のとき」
ヴィゴ・モーテンセン「イースタン・プロミセズ(原題)」

主演女優賞
ケイト・ブランシェット「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
ジュリー・クリスティ「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」
マリオン・コティヤール「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」
ローラ・リニー「ザ・サヴェッジズ(原題)」
エレン・ペイジ「JUNO/ジュノ」

助演男優賞
ケイシー・アフレック「ジェシー・ジェームズの暗殺」
ハビエル・バルデム「ノーカントリー」
フィリップ・シーモア・ホフマン 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
ハル・ホルブルック「イントゥ・ザ・ワイルド(原題)」
トム・ウィルキンソン「フィクサー」

助演女優賞
ケイト・ブランシェット「アイム・ノット・ゼア」
ルビー・ディー「アメリカン・ギャングスター」
シアーシャ・ローナン「つぐない」
エイミー・ライアン「ゴーン・ベイビー・ゴーン(原題)」
ティルダ・スウィントン「フィクサー」

脚本賞
「JUNO/ジュノ」
「ラース・アンド・ザ・リアル・ガール(原題)」
「フィクサー」
「レミーのおいしいレストラン」
「ザ・サヴェッジズ(原題)」

脚色賞
「つぐない」
「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「ノーカントリー」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

撮影賞
「ジェシー・ジェームズの暗殺」
「つぐない」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「ノーカントリー」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

編集賞
「ボーン・アルティメイタム」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「イントゥ・ザ・ワイルド(原題)」
「ノーカントリー」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

美術賞
「アメリカン・ギャングスター」
「つぐない」
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

衣装デザイン賞
「アクロス・ザ・ユニヴァース(原題)」
「つぐない」
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

メイクアップ賞
「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」
「マッド・ファット・ワイフ」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」

作曲賞
「つぐない」
「君のためなら千回でも」
「フィクサー」
「レミーのおいしいレストラン」
「3:10・トゥ・ユマ(原題)」

歌曲賞
「Once ダブリンの街角で」 “Falling Slowly”
「魔法にかけられて」“Happy Working Song”
「オーガスト・ラッシュ(原題)」“Raise It Up”
「魔法にかけられて」“So Close”
「魔法にかけられて」“That's How You Know”

録音賞
「ボーン・アルティメイタム」
「ノーカントリー」
「レミーのおいしいレストラン」
「3:10・トゥ・ユマ(原題)」
「トランスフォーマー」

音響編集賞
「ボーン・アルティメイタム」
「ノーカントリー」
「レミーのおいしいレストラン」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
「トランスフォーマー」

視覚効果賞
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」
「トランスフォーマー」

長編アニメ映画賞
「ペルセポリス」
「レミーのおいしいレストラン」
「サーフズ・アップ」

外国語映画賞
「ボーフォート レバノンからの撤退」 (製作国:イスラエル)
「ヒトラーの贋札」(製作国:オーストリア)
「カチン(原題)」(製作国:ポーランド)
「モンゴル(原題)」(製作国:カザフスタン)
「12(原題)」 (製作国:ロシア)

長編ドキュメンタリー賞
「ノー・エンド・イン・サイト(原題)」
「オペレーション・ホームカミング(原題)」
「シッコ」
「『闇』へ」
「ウォー・ダンス」

短編ドキュメンタリー賞
「フリーヘルド(原題)」
「ラ・コロナ(原題)」
「サリーム・ババ(原題)」
「サリズ・マザー(原題)」

短編アニメ映画賞
「アイ・メット・ザ・ウォルラス(原題)」
「マダム・トゥトリ=プトリ(原題)」
「イーヴン・ピジョンズ・ゴー・トゥ・ヘヴン(原題)」
「春のめざめ」
「ピーター&・ザ・ウルフ(原題)」

短編実写映画賞
「アット・ナイト(原題)」
「代理教師」
「ザ・モザート・オブ・ピックポケッツ(原題)」
「タンギ・アルジェンティーニ(原題)」
「ザ・トント・ウーマン(原題)」

今年はどうなるんでしょうね











人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします

映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

2008年02月24日(日) 18時36分
映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤を先行上演で見てきたよぉ〜


メディア 映画
上映時間 112分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ=松竹)
初公開年月 2008/03/01
ジャンル ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ




解説・・・
オリジナルティ溢れる深淵な世界観と、ユニークかつ魅力的なキャラクターの数々、そして大胆不敵にして深い哲学的テーマ性で文学史上に残る傑作となったフィリップ・プルマンの“ライラの冒険”三部作を、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのニューライン・シネマが壮大なスケールで映画化する冒険ファンタジー超大作。本作はその第一弾。出演は、主人公ライラ役に一万人を越えるオーディションで選ばれた新人ダコタ・ブルー・リチャーズ、謎に満ちた悪女コールター夫人役にニコール・キッドマン、ライラの叔父で探検家のアスリエル卿役にダニエル・クレイグ。監督は「アバウト・ア・ボーイ」のクリス・ワイツ。



ハッキリ言ってむちゃくちゃ展開早っ
トンットンットンットトーンッって位、ギュっとしてた
3時間位、時間かけてもいいんじゃないかなって位の内容だった気が・・・
3時間×3部作。・・・それはそれで長いな。(笑)
結構お金かけてるんだからもうちょっと内容濃くてもよかったな・・・
内容全く知らないで行ったのでちょっとだけ知識入れて行けば
よかったなぁぁぁぁ〜残念
迫力満点、白熊に乗って走るライラ
私だったら確実に振り落とされてます。
その前に食われてるかも・・・・。

ニコールは相変わらず綺麗すぎです。

でもさすがSFファンタジー
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのニューライン・シネマが壮大なスケールで映画化する
冒険ファンタジー超大作の第一弾だけあるな・・・
CGが綺麗だし見ごたえありました

次回どうなっちゃうんだってその気にさせる終わり方。
(私だけか?)
早く2作目を見せて欲しいです


オタマナ評価:★★★★☆









人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:オタマ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画大好き雑食・特にラブコメ好き★
    ・音楽-東方神起・韓流系・LadyGaga・安室ちゃん好き。プログレ系・R&Bも好き★
    ・インターネット-ネットサーフィン大好きなり^^
読者になる
関連する事なら トラックバック大歓迎デス