ファッションヒストリー

August 01 [Wed], 2012, 10:12
ファッションの謎、シャツの打ち合わせ。
着物の打ち合わせは男女共に左上。ご存知の方の方が多いかも知れないですがシャツの打ち合わせは男性は左身頃が上(ボタンが右身頃)女性は右見頃が上(ボタンが左身頃)になっています。
しかし右利きの人は左身頃が上にきた方がボタンをかけやすいものです。しかし利き腕は男女の差はなくやはり右利きの女性が多い世の中。

ではなぜ女性用のシャツは右上なのでしょうか。
まずボタン文化はアジアから伝わった物なのですがこのボタンがヨーロッパに伝わった時アジアでは右上左上男女どちらかと言うことはまだ決まっていなかったのです。

ではなぜそれが分かれたのかというとヨーロッパではボタン付きシャツの様な仕立てた衣服を着られる女性は上流階級の婦人だけに限られていたそうです。
そういう上流階級の女性は自分で衣服を着ることはせず召使いたちに着せてもらっていました。
そのため女性用のシャツのうちあわせは本人が着せつけやすいようにではなく召使いがボタンをかけやすいように左前に作られた。という訳です。
しかしこの打ち合わせのお話には男性が右上になると左腰にさした刀が引っかかる場合があるという理由や男性がボタンを脱がせやすいため。
なんて素敵な理由もあり(笑)諸説あります。

しかしまぁ最初に言った理由が有名でやっぱりこれが起源なのかなと調べるのをやめようかと思った時、この理由が一番正しいのでは。と思える様な新事実を突き止めました。
その理由が…ヨーロッパでも男性が左上、女性が右上という事がそれほどハッキリ決まっていたわけではないと言うのです。

今お話していたのは13世紀とかそこらへんのお話でしたが皆さんご存知ナポレオンという人物がいらっしゃるでしょ。彼は18〜19世紀の人物ですが、彼の肖像画を見ると、シャツの打ち合わせが右上左上どちらのパターンも描かれた物があるのです。
上記に挙げた理由から500年以上の時が経っているのにそれって変じゃありませんか。

ではいつから何故そうなったのでしょうか。
それは18世紀末に出版された服の仕立て教本で定着していったようです。しかし決定的に定着したのは雑誌。
1892年に創刊されたアメリカオシャレなファッション誌で男性が左上のシャツを女性が右上のシャツを着たヴィジュアルが掲載されていたことからそれが一般に広がり定着したというのがおそらく真相だろうとのことです。
ファッションの起源や歴史が好きでよく調べてます。

プロバイダーを乗り換えるには

July 25 [Wed], 2012, 11:24
現在使っているプロバイダーから乗り換えを検討する際、わたくし玉置勝としては大手プロバイダーをお勧めします。

大手プロバイダーはプランに合わせた接続コースが豊富であること、信頼性の高いメールアドレスの取得やホームページスペース、ブログの利用も簡単に出来るほか、セキュリティ関連も非常に強く、常時安定して稼動させることが出来るます。
また、だいたいのプロバイダーは乗り換え特典があり、通常なら有料になるオプションが一定期間無料で利用できるなど、お得な条件が揃っています。
月額料金も非常に安価になっているため、是非考えてみてください。

実際に乗り換えを行うには、いくつかの確認が必要となります。
まず、回線の利用状況として、ダイヤルアップであるか、ADSL、光回線であるかなどです。
ダイヤルアップの場合はそのまま現在のプロバイダーとの契約を終了し、新規契約をするだけで問題ありませんが、ADSLの場合、NTTのフレッツADSLを利用しているか、別のADSLサービスを利用するかによって契約形態が変わる場合もあります。
光回線の場合も、フレッツ光を利用している場合はダイヤルアップと同様ですが、別会社の光回線を利用している場合は別途フレッツ光に換える必要があります。
それぞれの接続コースに対して適したプランを選ぶようにしましょう。

ただし、乗り換え方法によっては現在利用しているメールアドレスが使えなくなる場合もありますので、その場合の対処法なども考えるため、まずはサポートダイヤルにて問い合わせを行うなどし、効率よく変更できるように準備をしておきましょう。

最新の質屋さんはいろんなことをしてますね

July 13 [Fri], 2012, 14:03
どんどん変貌を遂げる質屋さん。
皆さんは質屋さんを利用されていますか。

大昔とかからあるようで時代劇や最近はやったドラマ仁にもサキが病院の経営のために自分の着物を質に出してお金を捻出していたのを見かけました。
古くはいつ頃からあるのかはわかりませんが、時代とともに変化しているのでしょうね。
昭和までのイメージでは古びた一軒家といかほんの小さな店構えに玄関に質の商品が展示してあって、質に出すと、店の展示棚に売り物として展示されてしますから、本当に大切なものや買取たいものはなるべく早く買い戻さないと売れてしまったら終わりという印象がありますい。

しかし、最近はこれらの業種にもいろいろな規定やルートがあるようで多種多様のように思います。
まず大体、質業のみを業務にしかしていないイメージでしたが、今は金券ショップと併設している所もあります。
また、お店も入りにくくしないために、すごくおしゃれなサロン風になってたり、気軽に入店できるように工夫されてたり、すごく開放的な店構えをされているところが増えてきましたよね。
私が最近見た中で一番おもしろい店舗は某フゼストフード店みたいにドライブスルーがあるお店です。
女性の方は特に入店するのを人に見られるのが嫌がるようでそれを配慮して夜間、且つ車で乗り付けることができるというものです。
そちらお店は大々的に広告もされており興味がわきました。

みんな少しでもよい商品を手に入れるためにいろんな取り組みをしているんですね。
今後も質屋は時代のニーズにそった変貌をとげるかもしれません
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
P R