ダブルヘッダー?? その3

December 02 [Sat], 2017, 20:46
3つ目の坂を登れば次の登りまではひたすらのダウンヒル〜
ここで稼いでおかないと後々苦しくなる〜
って言いながらも、こけたら危ないので途中で休憩〜

雰囲気の良い社で時間が許せば散策でもしたいところです〜♪
延々と下ること暫しいい加減飽きたころ金〇郎の麓のPC3に到着する〜
ノブ的に頑張ったお陰かここで1.5Hの貯金
これから今回最大の坂に向けて、一休み〜
気合を入れなおして最大の登りに向かう途中、何人かのローディーさんにすれ違う、キツイケド頑張ってね〜
と彼らは軽やかに・・・
ノブめはと・・・・
登り口間違え、5分程ロス・・・分を頑張ってしまったのが祟ったのか・・・というか貧脚なのに20%近くの坂を上り切れるはずもなく・・・
脚が〜〜
のこり2kやっちゃいました攣りました
やばい・・・10分程休むも脚攣りは治らず・・・諦めて押し歩く・・・ノロノロ・・・

運が良ければ貯金で賄えるかどうかビミョーなところ・・・
それでも何とか急坂を押し歩ききり何とか坂の上〜ふう

よぉーしあともう一つ坂はあるけど下り基調だぁ〜
なんて思っていたら・・・がぁ〜ん何とフロントバックのベルトが切れてしまってバックがブラ〜ン
今回軽量化でサブザックを入れていないため背負うこともできず、だましながら下ってPC4へ・・・
ここで応急修理でビニールテープを買い込み即席ベルクロを作成、貯金を使い果たしたため休憩はそこそこに・・
最後の坂に向けて出発〜
日は暮れライトを頼りに坂道をひたすら回し車に興じるハムスターのように進むことしばし・・
ようやく最後の坂の上〜

当初はゴールから次のスタート地点まで自走する予定だったが、アクシデントを良いことにスペアのフロントバックとY様にゴール地点回収をお願いする・・・
(Y様重ね重ねありがとうございます
それでもかなり頑張らないと・・・
心配された脚もなんとか持ちこたえアップダウンをやり過ごし、当初タイムリミットの3分遅れでなんとかゴール
もうヘロヘロです・・次の受付開始は1h後こんなで300スタート切れるのかノブ・・・

ダブルヘッダー?? その2

December 02 [Sat], 2017, 20:00

再びひたすらの登り〜
中途半端な奴なんで、まわりに人影は見えずひたすらヘロヘロとペダルを回すのみ・・・
こんなに疲れているのにまだに二個目の坂という・・・
早いところ決断しないと夜の部の参加も怪しくなってしまう・・

そうこうもがく内になんとか坂の上にたどり着く・・・
登ってしまえば現金なもので、一気に下りPC2に・・・・
ここも早い人たちは遥か彼方で人影も見えず・・・・

しっかり休んで元気がでたのでダメ元で完走を目指すことにする・・・
ここからはまたまた、湖に向かって走り出すのだが、ここが曲者で、峠のようなキツイ傾斜じゃないが、ひたすら
緩やかに登りが続く・・・時間制限があるのでマッタリと走ることもできず、そこそこの速度を維持
のためやたらと消耗する・・・
回復してきたととは言え曇り空晴れていれば正面にどーんと
が見えるのに・・・
湖に向かう最後の坂をヒ〜コラして登りようやく湖に〜

湖の周りは気持ちよく
って言うのもつかの間また坂道です。。。。
元気な時なら大した坂でもないのだけど・・・この坂こんなにキツかったけ
・・・ええそうですともノブめがしょんぼりなだけですとも・・・
ひ〜こらヨタヨタとペダルを回してなんとか坂の上に溶着〜

ダブルヘッダー?? その1

December 01 [Fri], 2017, 9:56
なんのマグレか?ビギナーズラックで600kをクリアしてしまったノブ・・・
これはひょっとしたらしゅべ〜るらんどぬ〜る(フランス語で「すごい自転車乗り」らしい)なるものを取得できるかも・・・
と慌てて参加出来そうなイベントを探すもシーズン終盤で殆ど既に募集終了;;;こりゃ〜ダメかなんなみていたら、家からそう遠くないところで同一日ながら、200kと300kのイベントがエントリー可能!思わず勢いでエントリーしまった・・・
スケジュール的には8:00スタートの200k(制限時間13.5h)の次に22:00スタートのほぼ平坦な300k(制限時間20h)なのでイベントの移動時間を1h見たとして200kを12hで完走できれば300kにも参加できる???
などと甘い考えでエントリーしてしまってからよく内容をみると200kのイベントはなんと4個の峠越え!!
獲得標高4200mという山岳ロードレースも真っ青という超過酷なイベントなのでした。。。
そうは言ってもこんなチャンスはそうはないし・・
無理ならやめれば良いし・・・と相変わらず能天気に構えてその日を迎える。。。
しっかし前日から~
天気の回復するのは午後かららしい・・・厳しいコースに微妙な天気、下手に参加しようものならどちらもアウトの公算大・・・
それでも、こんな機会はないので途中棄権覚悟で出走を決める・・・
当初はちゃりで自走スタートのつもりだったが」、~ドシャ降りで心が折れ、Y様に車でスタート地点まで送ってもらう。(Y様には頭が上がりません・・)
多くの参加者がいるかと思っていたが、20名程らしくで多くは参加棄権したらしい・・・
ですよね・・・・己のおバカ振りを再確認・・・
とにかくもまったりと最後尾でスタート・・・いろんな意味で先は長いのでばてない様マイペース・・・・
スタート前は本降りだった雨も少しずつ上がって小雨になり、少し安心・・・

川沿いを上流に上りつついくつかの緩やかな坂を超えてまず一発目の峠・・・
天気が良ければ清流と気持ちの良い森が広がるが・・小雨と急坂に早くもヘロヘロ・・・
最後のいくつかのカーブは勘弁してくれー状態でそれでも何とか峠までたどり着く・・・

途中軽やか抜き去っていった若者2人組が休憩していた。。
登りションボリのノブですから当然ここで大休止・・・補給食を頂く・・・
あとはPC1まで殆ど下りで、いつもなら時間を稼げるのだが、雨で濡れた路面に落ち葉という悪コンディションで苦行の下り・・・
天気が良ければカッとんでいけるのに・・・
それでも下りはそう時間が掛からず無事にPC1に到着〜♪
遅いながらもまあ何とか最後尾ではないらしい・・・
水とエナジードリンクで再チャージして再出発・・・湖を超え再び登ります・・・
■プロフィール■
■お名前  ノブ■
■趣味 テニス、BCスキー■
■いくつになってもワクワクを忘れずに・・・
お便りはこちらから...
■片手バック保存会■
いまや絶滅の危機に瀕している?らしい片手バックハンドを楽しんじゃえとあにさんが提唱して発足?片手バックを打てる方ならどなたでも入会できます。初代会長?は丁稚さんらしい。
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
P R