寺山修司記念館に行きました✩青森旅の途中

September 06 [Sat], 2014, 11:16
8月12日

青い森鉄道”三沢駅”で途中下車。青森旅のチャンスを逃さず行ってきました。
場所は三沢基地の近くで、駅からはだいぶ離れています。

タクシーの運転手さんに「30分かかる」と言われましたが、
Webには「15分」とあるじゃないすか・・

「ここに15分て書いてあるけど・・そうか〜ムリなんだ・・」
タクシ「はいわかりました!きっちり15分で・・・」 ふふふ(・∀・)やったね

小川原湖を左に見ながら。三沢基地は右手の方向に

ジャスト15分! 


先日奥さまも寺山さんのところへ。
仲良くしていらっしゃることでしょう。


タワレコのポスターでもお馴染みの写真ですね

*ぼくの詩のなかを いつも汽車がはしってゆく
 その汽車には  たぶんおまえが乗っているだろう
 でもぼくにはその汽車に乗ることができない
 かなしみはいつも外から見送るものだ(少女詩集より)

「汽車」はよく登場しますが鉄道は心の象徴
今と40年前とでは位置づけがかなり違うようです。


館内の詳細はご興味がある方はサイトをどうぞ。
展示室には机が並び、備え付けの懐中電灯で引き出しの中を
照らすと台本などが見られます。ドキドキですよん。
https://www.terayamaworld.com/


裏庭で、とんぼがお出迎え

夏の花と一緒に、あじさいがきれいに咲いていました。
静かに時間をかけて展示もみられたし、着た甲斐がありました。


無料のシャトルバスがあるとわかり、帰りのバス待ち中。


記念館の周りはとてもきれいで、ちょっと日本ぽくない雰囲気です


広〜い空を眺めながら三沢駅へ いやなこと忘れますよ〜

那須の、藤城清治美術館へA

June 07 [Sat], 2014, 16:00
前のブログのつづきです


写真はここまでこの先はリーフレットで。。

影絵のコビトは藤城さんの分身だそうです。
絵の中で遊んでいるじゃないですか・・映画監督にもこういう方いますけどね

そうそう、藤城さんは大学卒業後テアトル(映画館などの)に入社、広告制作をしながら
映像制作の基本も勉強したのだそうです。

大きな絵が多いのですが、描いているうちに大きくなってしまうからとか(笑)
なんか人柄が伝わってきて、親しみが湧いてきました(甚だ僭越)


平面だけでなく、プロジェクションマッピング


ミニシアターも楽しめます。スクリーンの裏側がおもしろくて、
動作はプログラミングされていますが見飽きないです。

最近は全国をスケッチし作品づくりをしていらっしゃいます。
「大曲の花火」は感動しました。 

これです!とアップできればいいのですが・・・検索してください。
水鏡・三面鏡で見せる花火の広がりがほんとに素晴らしくて。

東日本大震災の被災地にもスケッチに行かれてます。どの絵にもコビトがいました。
・・2時間くらいかけて見ましたが、とても充実した美術館で、また来たいと思うほどでした。


テラスが気持ち良い〜この日は猛暑で32度でしたが


椅子もかわいいでしょう。ドリンクとサンドイッチは
注文できますよ


お土産のポスカから宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」☆

http://www.fujishiro-seiji-museum.jp/index.html

那須の、藤城清治美術館へ✩@

June 06 [Fri], 2014, 0:46
日曜美術館(国営放送)でチェックした藤城清治美術館へいきました

ホムペの地図では近く見えたんですが・・那須塩原から40分ほどバスに乗り
一軒茶屋バス停から1kmほど歩きます。あぢぃ・・


コビトさんが目印です。

藤城さんて?絵を見ればピンとくるかもしれません。
影絵作家さんで挿絵や、劇団「木馬座」などで親しまれていますので。
90歳の今でも大作を作り続けていてまぁ凄いんです。


美術館はここから。門の上にはコビトやネコなど、お馴染みのキャラが。


ニャー!
森を歩いていくとネコが登場。


小径を入ると教会がありました
そうそう、ステンドグラスは影絵のようですね。

森というか庭が広いし空気いいなあ

またネコ登場
そっちが美術館の入口なんだ、では行ってきます

つづく

LONDON

March 15 [Sat], 2014, 16:00

”撮りたいものは何でも撮れよ。それがパンクさ”byジョー・ストラマー。 
先月ハービー山口さんの写真展開催中にトークライブで聞きました。


写真集にもなっている、Londonで活動していらしたころ
地下鉄でクラッシュのジョー・ストラマーと出逢ったハービーさんは
「撮ってもいいですか?」とOKを貰い撮影したのだそうです。


そんなハービーさん(↑)にジョーはこの言葉を掛け電車を降りたと・・。
カッコイイ!!

でも、ハービーさんも仰ったけど、噛みしめるほど深いメッセで
写真だけでなく色々な事に置き換えられると思います。

踏み出さないと何も始まらないし、先送りにして再び得られないモノもあるし。

パンクは置いても、やらずに後悔したことが多かったと気づかされ
心の隅に置いておこうと思いました。


展示されていた写真から。 ジョン・ライドンも


会場にあったカメラ。シノゴにスキャナーw

雪☆

February 09 [Sun], 2014, 11:15

ソチオリンピックの開会式で夜更かしをしたので
土曜日は起きたらお昼頃でした。


おお〜予報通り外は真っ白。
吹雪なのでこの足跡もみるみる埋まるのでした。

夕方には玄関ドアが雪で開かずちょっと焦りましたがなんとか脱出。

大通りを徘徊してみましたがスキーを履きたかったな。

信号機につららなど、この辺りでは初めて観ました。

寒いのは大嫌いですが、雪は別モノで
雪かきをしながら、1Fの小学生と雪投げをする余裕!

今日はこんな感じ・・と言う事で
『肩がこってる人』を作ってみましたよ♪


しばらく雪が残りそうなので怪我には気を付けましょうね

Hawaii行ってきましたB☆ 鳥いっぱい

January 25 [Sat], 2014, 12:51
以前、長くインコや文鳥など色々飼っていたせいか気になってしまいます。


まずはホテルにいたオウムくん。撮り終るまでじっとしてるいい子でした。


この子もホテル勤務で朝出勤してきます。

そういえば、街でインコをつれたおじさんが「写真撮ってもいいよ」と来ますが
何でもお金を取る所、有料です。


(トリミングしなかったのでクリックを)白いハトと、この鳥は沢山いました。
のんびり餌をたべては、口笛のように鳴くのです。


散歩は結構しましたが、どこにいっても小鳥がいっぱい。
素早い動きはしないようです、平和な楽園なんですね。


きれいです☆ブラジリアン・カーディナルというそうですが
追い掛けても飛んでいかないww むしろ、餌おくれ?と言ってるようでした

Hawaii行ってきましたA☆ホノルル美術館

January 25 [Sat], 2014, 12:09
「ハワイに来て美術館?」と周りにいわれましたが、
庶民には海外の美術館などそう機会もないので観てきました。


建物は地中海と中国を融合させたデザインらしいです。
「ハ〜イ!」と高いテンションで受付けてくれカジュアルな雰囲気ですよ。

チケット代りのシールを胸に貼って入館。
外から見るより断然広く、紀元前から時代毎の部屋を進んでいきます。





代表作家は押さえていて撮影OK。いっぱい撮りました。


地中海コートヤードと言う名の中庭。でも瓦屋根なのでどこか大陸風でした。
ここはカフェも併設されています。




現代アートや企画展は別館で展示。


で、R18の間。障子がもつオトナの側面を知ってる入口ですね。
普通の浮世絵が多かったですが茶屋や遊郭が入るだけでR指定?かな?

他にも観光客を意識してか中国・日本・韓国などアジアの美術品もありました。
海に飽きたら行ってみると楽しめそうですよ。

ヒヨコ満員

December 29 [Sun], 2013, 9:34

JR国立駅前の大学通りは12月、銀杏並木がツリ―並木になります。
あと数日下りホームから一望できます、きれいですよ。

さて、12/23国立で作品展に寄りました。
お目当ては柴山佳代さんのイラスト、運よくご本人もいらっしゃいました。


↑ポスカ(今飾ってます)
左の『満員』 今日も仕事か~学校か〜ピヨピヨと、こんな感じですよね。
最近、通勤中にふとこの画を思い出し笑っています。
(来月の「美術手帖」に掲載されるそうです、スゴい)

身近な風景を描いていらっしゃるのですが、どれもツボなのです。
こちらは電車を降り改札を出てバスに乗るまでのストーリー


小さいころからヒヨコの画を描いていただけあって
鳥の仕草や動きがほんとにリアル(我が家はインコなどず〜っと飼ってました)

桑山さんのサイト☆面白い画がいっぱいです
http://karabaco.web.fc2.com/index.htmlp

つづく

三菱一号館美術館へ

December 17 [Tue], 2013, 0:26
12月14日 三菱美のコレクション展で
「印象派と世紀末美術展」を観てきました。


ルノワール、モネ、ルドン、ヴァロットン、ロートレックなど
パリで影響し合ったと言われる作家の作品を集めた展示です。

気になったのはルドン。印象派の光に対して、
黒の無意識の世界は違和感を感じつつも引き込まれました。


中庭でお茶でもしたいところですが、、、B1でとんこつラーメンで温まりました。

東京駅にはナマハゲが居ましたが日本海側は大荒れ。
関東もこのところかなり寒いです。

国立新美術館で☆ ポップアート&点描展

October 19 [Sat], 2013, 17:49

順番が前後しましたが10月6日新美術館で、この2展を観ました。

ウォーホル、リキテンスタイン、オルデンバーグ、ラウシェンバーグ・・・
めくるめくポップアート、パワーズ夫妻のコレクション圧倒的でした。

目玉のウォーホル「200個のキャンベル・スープ缶」は想像以上の迫力で
大量消費への転換期が、どれだけ異様に映ったかが伺えます。


記念写真コーナーは本物のキャンベル缶が


寄ってみましょう!


アメリカンポップソーダでひと休み。
5色ありましたが、色水感がたまりません。粉ジューステイスト☆

点描展は、ゴッホ、スーラなど点描で有名な作家の作品でしたが
ゴーギャンなども独自の技法に至る前、影響を受けていたようですね。
何作品かが展示されていますが、トリビアでした。


日が暮れるのが早くなって、寂しいですが
新美術館は夜がきれいですね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みやも
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・★洋楽好き-PaulWellerは神
    ・★鉄道(永遠に素人)-ローカル線が好きです。新幹線も好きですw
    ・★アート-ただのファン。
読者になる
Twitterボタン
Twitterブログパーツ