HappyBirthday✩PaulWeller 

May 25 [Sun], 2014, 9:34
5月25日 師匠56歳のお誕生日おめでとー
ここまできたら数字はもうどうでも、時間は止まってくれないですからね。

そのお陰で沢山の曲を聴いてくることができました
まもなく、2度目のベストアルバム「モア・モダン・クラッシック」が発売されるので楽しみです。
収められているのは98年以降15年分、その間ミレニアム、リーマンショック、震災色々ありましたね。

He’s The Keeper / Sweet Pea My Sweet Pea /
It’s Written In The Stars / Wishing On A Star /
From The Floorboards Up / Come On Let’s Go /
Wild Blue Yonder / Have you Made Up Your Mind /
Echoes Round The Sun / All I Wanna Do (Is Be With You) /
Push It Along / 22 Dreams / No Tears To Cry /
Wake Up The Nation / Fast Car/Slow Traffic /
Starlite / That Dangerous Age /
When Your Garden’s Overgrown / The Attic /
Flame-Out! / Brand New Toy←新曲   


前回の来日から今年は2年たちますので、また来てくれないかな
ZEPPでワイワイもいいけど、ブルーノートなんかでやるのもいいんじゃないかな。
夢が膨らみますぅ
これからもガツガツいい曲をよろしく




ポール・マッカートニーLIVEのはずが

May 24 [Sat], 2014, 20:07
おんがくの話題は暫くブログにしませんでしたね。最後に書いたのもポールの東京公演なので、
続けて見ると、またか?と思いますが、ナカ半年です(笑)


5月17日初日のライブを見るはずでしたが国立競技場駅に降りた時には
もう中止ムードが濃厚で。。誰のせいでもないし、しょうがないです。

しかしポールが掛ったウィルス性胃腸炎は何度かかかりましたけどきっついですね。
まず力が入らないし、もしいれたら (´д゚`ll)お・・


えっと、今回は職場のライブ仲間G(ゴキではない)も一緒だったので
「月曜の振替公演(中止に)どうやったら仕事を脱走できる?」と悪い相談をしながら
着ないTシャツ(ツアーシャツ)や、後輩へのグッズを購入(口封じ用)

ポール難民2名で元同僚がオーナーの居酒屋に救済してもらい店主も一緒に飲んでました。
再来日が決まってから予想外の展開まで自分たちなりに楽しんだし悪い事ばかりではなかったなと。

東京在住だから言えるのかもしれませんね。ライブの話題は難しいなと毎回思うんです。
遠くから来られた方は大変だったと思います。でも、またどこかの会場で!


ライブのパンフレット、右は年末の東京公演のもの
左が今回の。東京公演のことが含まれていて読み応えありました。

では一曲

ポール・マッカートニー@東京ドーム

November 27 [Wed], 2013, 0:51

11月18日初日に行きました。

抽選に申し込んで運よく取れた席は、なんと2階の上段!
こんな高い所からライブを見たこと一度もないよーー!


・・・しかしはじまってしまった!!
「遠〜い国の会えなかった人」が目の前で(小さいけど)演奏し歌ってる現実が
信じられないのに上がりまくり!似た匂いの人たちを見つけ楽しくやってました。


Live or let die 〜♪火薬ずどーーん!!の瞬間
そうWings好き。「1985」の終わり、アルバムを知る人は分かる♪ばーんドおんザらーん♪を
周りのみんなさんと一緒に合唱できたのがサイコーでした。

40曲近く歌ってきた終盤にヘルタースケルター、キャリーザットウエイト〜ジエンド
マラソンを走ってから、全力疾走するようなたたみこみは闘魂注入されましたね。
ライブが終わり、私の周りは音がいいハイタッチの嵐でした。

遠すぎてSirの姿はとれなかったので、パンフの表紙を・・

Made of Stone ☆観ました

November 10 [Sun], 2013, 10:00
ようやく観ました。ラストチャンスなのかな?
新宿シネマカリテで15日まで上映しています。


ゴタゴタと再結成ライブだけのドキュメントではなくファンも主役の映画でした。
ウォリントン・パー・ホールでの突然のフリーライブに集まってくるファン
このシーンが映画の一つのヤマですが、凄くいい☆

CDでもTシャツでもグッズを持参すれば早い者勝ちでライブが見られる
だから走る走る!
会社員、職人、公務員、抱っことバギーで赤ちゃんと一緒に来たママ
お年寄り、親子、副校長・・みんなバカ過ぎて、、共感してうるうるきました。
生き方の影響を受けたり、心の支えになったり、バンドも曲も宝物ですもんね。

メンバーが、運動会前かアマチュアバンドのようにソワソワ・ワクワクしながら
明るいステージに向かう姿が微笑ましく、いい未来を暗示するようでした。


ソニマニの時も思ったのですが、イアンは何を発しているのか・・存在感に凄みが増している。
歌は・・ウマいんだか下手なんだか・・思い切って言うと下手だけどウマイんだな!!

Wingsロックショウ☆観ました

November 02 [Sat], 2013, 21:00
ポールマッカートニの来日もうすぐですね。
私も東京公演、1日だけですが参戦します。

というわけで、10/27吉祥寺バウスシアターで
WingsーRockShowを観ました(やっと)。


BandOnTheRunからVenus And Marsの頃、バンドの絶頂期ですね。
ヴィーナス〜ロックショウ〜JETにはじまり 
映像と臨場感たまりませんが空気までは実感できない
ふと、お茶の間感覚になる瞬間が残念なところ。

ところでオーディエンスが手にもつ灯り、ペンライトかと思えば
ライター、ライター、ライター、花火!!こんなシーンもいいw
最近は携帯だものね


さてライブも2週間後。S席なのに、ドーム2階の深いとこ〜
全力で守備しますw

富士フリ☆D「北原ミュージアム」ドーナツ盤の壁

September 21 [Sat], 2013, 14:20
つづいて、ブリキ玩具などのコレクター
北原照久さんのミュージアムに行きました(@河口湖大橋南側)


Welcome展示 

その奥に60〜80年代くらいの歌謡曲と洋楽の壁がありました。

1枚に収まらないので、左から


右から。時代を感じるデザインですね


”あまちゃん”の、なつばっぱの初恋の人
幸橋夫、じゃなくて橋幸夫さんのフィギア・・まさか着せ替え?

ビートルズは別枠でしたす。

下の段にあるものが気になり、良く見ると


右のほうにポールのサインがありましたが
北原夫妻宛ての、ホテルオークラでのランチ招待状でした。

次は玩具のお部屋

深海展にいってきました☆ &YellowSubmarine

July 15 [Mon], 2013, 1:00
7月7日、あの「ダイオウイカ」の展示会に早速行ってみました。
NHKスペシャルの効果絶大。猛暑の中で入場30分待ちはホントしんどいです!


「しんかい6500」の実物大模型。

水圧との戦いのようで水深500mまで行ける有人調査船は
世界に7隻しかなく、ここでも日本の技術が光ります。

深海にいる生物のまるでネオンのような発光が神秘的ですが、
これに乗って目の当たりできたら感動でしょうねえ。

ただ・・・
トイレがよくある緊急用の固まる系・・・展示してありました(笑)


イカたちのあの光は暗い深海での仲間同士の交信ですが、
与えられた環境で生きるために進化したのですから尚更素晴らしいです。


これは、ダイオウイカの天敵・・まったく収まっていませんがマッコウクジラの頭
ダイオウの標本は5mでしたが、おつまみでしょうね。

さ、ネタバレはこの位にしましょう。


7月7日は、ビートルズのリンゴスターのお誕生日。
そんな日にイエローサブマリンを見たのは何かの縁でしょうか(無人調査船)

オクトパスガーデンではなく、イカだったのが惜しいですけど。





レココレの壁

June 02 [Sun], 2013, 22:42

レココレこと、レコード・コレクターズ。
全体を取るのに引きましたが常連Beatles・RolligStonsのほか
ジミヘン、イギー、コステロ、クラフトワーク、フリートウッドマック、U2、Nirvana、VelvetUnderground・・・
ひとつひとつ見るだけでも楽しかったです。

その中にWeller師匠!壁から浮かび上がって見え・・ほんと、ほんと
カッコよすぎです


さらにTheJam この写真(別バージョン含)好きなんですよね
Weller少年にうるうるきてしまいます。


というわけで、
これらレココレの装丁はこの方によるものでした。


先日安齋肇さんの”還暦博覧会”を見てきましたので(終了)。
音楽を始めすごい降り幅、レココレは93〜03年までのお仕事だったそうです。

(1ヶ月前ですが)カート・コバーン展

April 15 [Mon], 2013, 0:01
タイトルの通りです。会場は渋谷西武
Bunkamuraで「ルーベンス」を見たあと

カート・コバーン^^

お店の一角でちょっと入るのに躊躇


ど、どれもサングラス



スタジオもスナップもありましたけど
一番いいなと思ったのはやっぱりこれ。


う〜ん、、、一言で言うなら惜しい。

クロスフィアーハリケーン☆を見ました

November 25 [Sun], 2012, 1:00

結成50周年のローリング・ストーンズのドキュメンタリー映画「クロスフィアーハリケーン」
半世紀をたった2時間で振り返るって凄まじいですね!

映画はキースがドラッグから立派に更生し・・バンドがリスタートするまでが山。
黒キャラから世界のバンドへのコントラストが利いた映画でした。

キースがドラッグより自分たちが作ってきた価値(バンド)を
愛する道を選んだから、今があるというわけですが

その決断が物凄くサラッと語られていて・・。
大大ダイジェストゆえ、歴史の掘り下げ不足から立体感が無いように思いました。

しかしそこは過去のストーンズの映画を手掛けたプロデューサー・監督による作品
生まれ変わったストーンズの華やかさの演出、

シャイン・ア・ライツが挟みこまれたり(反則じゃね?)
ドキュメンタリーのような、エンタメ映画という印象でした。

50年の節目を振り返るという冒頭のキース・ミックのメッセどおり
気楽に、ストーンズを囲む同窓会に参加するつもりで見ればいいのですね。

石の上にも50年×転石苔生さずの奇跡
ロンドンでのライブなど盛上ることは間違いないし。お祝いですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みやも
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・★洋楽好き-PaulWellerは神
    ・★鉄道(永遠に素人)-ローカル線が好きです。新幹線も好きですw
    ・★アート-ただのファン。
読者になる
Twitterボタン
Twitterブログパーツ