六甲山? 6  

May 31 [Sun], 2009, 4:28






体温・・・36度6分




関節痛、な〜し!




咳、な〜し!




鼻水、な〜し!




倦怠感、な〜し!




食欲、非常に旺盛!

何を食べても 美味しくって〜

お陰で体重が増えちゃったヮ・・・




六甲山から帰ってからも、体調に変化はなく

ず〜っと、この調子・・・

だから、大丈夫です

ひとまず安心宣言です!





・・・いや、大丈夫じゃないっ!安心じゃないっ!

ダイエット、ダイエット







六甲山 5 ヤブウツギ

May 30 [Sat], 2009, 4:39





先日 紹介した ヤブウツギ の事だが・・・



花の名前を確認してる時に

ヤブウツギ・・・兵庫県レッドデータランクC

・・・と書かれていた。



ハテ?何だろう?・・・と思って調べてみると

改訂・日本版レッドデータブックの準絶滅危惧に相当。

兵庫県内において存続基盤が脆弱な種。


・・・と書かれてあった。



ええっ!六甲山では けっこう見かけるのに

準絶滅危惧相当だなんて・・・。

ちょいと驚き。


ヤブウツギさんって 絶滅しかけてるの?大丈夫?
大丈夫ですぅ〜・・・今のところ・・・



ま、兵庫県内だけで・・・って事だし、絶滅危惧って事だから

急に どうこう・・・って事はないだろうけど・・・。

でも、心配よね。



ね、ね、私は?私は?私は?
あ、タニウツギさん・・・



あなたは、きっと大丈夫・・・。



だって・・・




ワッサ ワッサ・・・  フサフサフサフサ・・・








絶滅の心配なんて、これっぽっちもないと思うわ。


その生命力、力強さ・・・素敵だわ・・・




   

六甲山 4 花それぞれ

May 29 [Fri], 2009, 4:42




山道脇の木の枝に

ビッシリ、フサフサと咲いてる、アイボリーの花・・・

近付いてみると、アキグミ であった。



アキグミ

アキグミは、秋に グミが出来る。

・・・って・・・

そのまんまやん・・・

もちろん、グミの実は食べられる



食べられる・・・と言えば・・・

ナガバモミジイチゴ

この花が・・・

こうなっていた。

 ただ今、準備中です。しばらくお待ち下さい。


そうね・・・まだ青くて食べられないわね。


熟して食べ頃になったら また来るわ〜 ♪





アキグミ だの ナガバモミジイチゴ だの

・・・果実の事ばかり思い浮かべてたので



あ!何か、実、なってるし〜


もしかして 食べられる実?

・・・と、期待していたが


こんなに 沢山 なってるのに・・・美味しそうなのに

実ではなく花であった。

ベニドウダンツツジ







葉っぱの下に チラリ・・・と覗く 白い花・・・

2つづつ ぶら下がった その姿が何とも言えず可愛い・・・



この花は、ナルコユリ なのか? アマドコロ なのか?

図鑑で調べてみても、写真では違いが よくわからない。



え〜と、なになに?両者は似ているが

決定的な違いは、茎を切断してみて切り口が

丸いか角ばってるかで・・・


や、やめてよねっ



そうね。切らなくっちゃ わからないんだったら

名前なんて わからないままの方がいいヮ。






あ・・・また やってるョ〜・・・

隣の葉っぱに もたれかかれば カラダ 楽〜♪

前の葉っぱにアゴを乗せれば首が楽〜♪




アンタ達って、いつでも誰かに 寄りかかってるわね。




んぐぐぐぐ・・・

アタシは誰にも頼らないわよっ!




自立したスミレであった。

誰にも頼らず、黙って一人で踏ん張っているスミレであった。

細い体で一生懸命 頭を支えている 健気なスミレであった。



偉いわ・・・。



彼女の名前は ニョイスミレ



彼女を見習いたいものね。

こう ありたいもんだわ・・・





特に、「細い体で一生懸命」・・・ってところ。 (*´ω`pq*)











六甲山 3 下り道で

May 28 [Thu], 2009, 4:51




六甲山の 南側から登り、北側へ下りたわけだが

南側では ずっと晴天だったのに、北側では

ついさっき、にわか雨がありました ・・・って感じで

花や葉っぱに 滴がついていた。



そう言えば、山頂近くまで登ったら 怪しい雲が見えたっけ。







でも、ササッ・・・と降っただけみたい。



急に降るんだもんな〜・・・背中、乾かさなくっちゃ



虫干しね。





北側の山道は 木陰が多いし、にわか雨のお陰で

空気が ひんやりしていて気持ちがいい。







南と北じゃ、お天気が違う事もあるし

日の差し具合も違うので気温が全然 違う。



だから、生育している草花や木々の種類、雰囲気が随分 違う。



北側の ひんやりした 山道には

南には 全く見られなかった

ガクウツギ や コガクウツギ の白い花が・・・。





あっちにも こっちにも・・・。







ガクウツギ、コガクウツギ は

「ウツギ」 という名前が付いていても

先に紹介した ウツギ達とは また違って

ユキノシタ科 アジサイ属・・・アジサイの仲間だ。



いよいよ アジサイの季節 到来か・・・。









白いのは装飾花。↑ 3枚のものと ↓ 4枚のものがある




タマに5枚のものも あるらしい


小さい花は 両生花





白い装飾花の1枚1枚は・・・

大きかったり 小さかったり とんがってたり 丸かったり

いびつだったり へこみがはいってたり ハート型だったり ・・・

それぞれ 好きな(?)形をしている。

枚数もバラバラで

どれもこれも形や大きさが違う花なんて ちょいと珍しい。

とっても個性的で素敵〜






六甲山 2 ウツギ

May 27 [Wed], 2009, 4:46




山頂は・・・

キンポウゲ科の植物の季節・・・

ヤマツツジ や モチツツジ の季節・・・



そして、山の中腹辺りは、ウツギ の季節であった。



ヤブウツギ



ツクバネウツギ



タニウツギ



タニウツギ の つぼみ



コツクバネウツギ


「コ」 が付くだけに小さい。

これがまぁ ウツギにしては ほんとに小さい花で

どれくらいの大きさかと言うと・・・



フガフガ・・・   ハチさん、苦戦・・・



頭、入らんっ! ジタバタジタバタ


・・・ハチさんから苦情が来るような大きさで。





六甲山 1 山頂で・・・

May 26 [Tue], 2009, 4:53




登山口 → ドビワリ峠 → 一軒茶屋

 → 山頂 → 魚屋道 → 有馬温泉





いつものコースだが・・・

今回は、山頂で、発見が 一つ・・・。




「上の方やったら どこでも山頂や!」

・・・という金剛山とは違い

六甲山の山頂には

「最高峰」と書かれた標識も立ってるし

三角点もある。



その「三角点」で発見!・・・なのである。今頃・・・





書き加えられてるやん!



・・・ま、「発見!」・・・って程の大層なモノでもないけど。



12p 高くなったんだって。

そこまで正確に測って書くのね。

でも・・・

12p くらい、ええやん・・・って思うんだけど。

あら そう・・・正確じゃないとダメなのね 



それなら・・・

書き加えたり、あちこちで訂正したりする手間暇 よりも

スコップ 持って来て土を ちょこっと・・・な〜んて・・・

あら そう・・・ダメなのね 









六甲山の山頂は、見晴らしが あまり良くないので

足を止める事は滅多にないが

キンポウゲ系の花が綺麗だったので

しばし、見とれていた。



彼女達を見る度、

この、ツヤツヤ スベスベ したお肌が羨ましい

・・・と思うが、今回も やはりそう思いながら見つめていた。



羨ましいヮ〜 羨ましいヮ〜



ね、秘訣はなぁに?隠さないで教えなさいよ!




ね、やっぱりコラーゲン?





花の名前は ウマノアシガタ



馬の脚形!?全然 似てないし〜

「トリノテバサキ」 の方が いいんじゃない?



・・・・・・











六甲山は・・・
山頂よりも・・・



少し下った辺りの方が見晴らしが良い


晴れてたら・・・の話だけどね。



スッキリ晴れてたら、大阪まで見えたはず。

さっきまで 晴れてたのにな〜・・・。



お土産ありがとう

May 25 [Mon], 2009, 19:32



怒られた〜!


怒られた〜!


怒らない、心の広い人しか


読まなかったはずなのに


怒られた〜!


アホーッ!・・・って言われた〜!


その上


追い打ちをかけるような


お土産 貰っちゃった〜!






富山旅行の お土産だって。

クスン クスン・・・ヒック ヒック・・・










あ〜ら、私の大好きな くるみが入ってて

美味しいじゃないの・・・



ナイショの話

May 24 [Sun], 2009, 21:23



今回の記事は・・・



優しくて・・・

寛容で・・・

怒ったりしない・・・

 心の広〜い人

だけ お読みください。

あぁ六甲山 (T-T)

May 23 [Sat], 2009, 0:07




ねぇねぇ、今度の週末の六甲山だけどさぁ・・・(*´∀`* ) 


( `o´)ノ"" 自粛でしょっ!

( `Д´)ノ"" 行かないのよっ!


そんな〜 六甲山は大丈夫でしょ、山だし〜・・・(´∀` )ノ""


( `o´)/ 麓の街が大変な事になってるんでしょ!

ヾ( `Д´)ノ 山へ向かう電車の中だって心配でしょ!


そ、そうかも知れないけど・・・ (。・_・。;)








確かに・・・

登山口へと つながっている神戸や芦屋の駅周辺の街は

ことごとく・・・

(-公-;)

・・である。



でも、だからと言って

そこまで恐れる事は ないように思うのだが。







弱毒性だというのだから

それほど心配しなくても いいように思うし

ちゃんと予防をして、普通の生活をしてたら良いように

思うんだけど・・・。



ね、ダメ? ┗(^◇^;)


\( `o´)/ ダメーッ!

ヾ( `Д´)ノ彡 絶対に ダメーッ!




は、はい・・・ (ノ_・。)



まぁね、感染力が強い事は確かだしね。


若い と 感染しやすい みたいだしね。








でも・・・

お天気、良さそうだしな〜

梅雨になったら、なかなか山へ行けないしな〜

今のうちに、出来るだけ山へ行っておきたいしな〜

内緒で コッソリと行こうかな〜



(¬_¬) (¬_¬) 



す、鋭い・・・A(-""-;)








六甲山・・・


季節が進んで、随分、景色も変わった事だろうね。



この頃は桜の季節だったけど・・・


今頃は、きっと緑に覆われてるんだろうね。



ま、風吹岩は年中、変わんないだろうけど・・・


でも、私の方が変わっちゃって通れなくなってたりして・・・



松の新芽も 随分 しっかりした事だろうね・・・。


松ぼっくり、まだ落ちないで くっついてるかしら?



こっちの松ぼっくりは、何年経っても くっついたままだけど。

中央稜の 松ぼっくりのオブジェ

立ち枯れちゃったみたいで 何年経っても  ↑  この状態・・・



淡い色の葉っぱも・・・今頃は 濃い緑かしら?








六甲山に思いを馳せながら

写真の整理&処分・・・



カシャッ

カシャッ ハテ? こんな写真撮ったかな?  カシャッ

いたる所で撮りまくりの 林家ポー子  カシャッ

カシャッ 記憶にない ワケのわからん写真がゴロゴロ・・・




カシャッ カシャッ
















金剛山 10 山頂は・・・

May 22 [Fri], 2009, 0:07




先日、クレーム?があったので

金剛山の山頂について、ちょこっと・・・。







記事中、「山頂で・・・」「山頂に・・・」などと書いたが

実は、金剛山の山頂は、神域で立入禁止になっているので

実際に山頂に立つ事は出来ない。



しかし、しょっちゅう登っている登山者は、気にせず

その周辺を どこでも「山頂」と呼ぶ。

上の方は全部 山頂や ・・・って感じ。



しかし、そんな人ばかりではなく、生真面目な人もいるワケで

特に、初めて金剛山に来て

そういう事を全く知らない人を悩ませている。



あっちの広場でも、こっちの広場でも、そっちの境内でも

「ここが山頂や」・・・って言われました。

一体、どこが山頂なんですかぁ?




もちろん・・・ここが山頂や・・・(-◇-)

























え?   ここも山頂や




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハイジ
読者になる

 メル友の方、コメントは
出来たらメールでお願いしますね。

 リンク フリーです。
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://www.gremz.com/
最新コメント
アイコン画像***ハイジ***
» 新年 (2011年01月25日)
アイコン画像Silver Cat
» 新年 (2011年01月24日)
アイコン画像***ハイジ***
» 新年 (2010年01月07日)
アイコン画像***ハイジ***
» 新年 (2010年01月07日)
アイコン画像***ハイジ***
» 新年 (2010年01月07日)
アイコン画像セバ
» 新年 (2010年01月07日)
アイコン画像ZEN
» 新年 (2010年01月06日)
アイコン画像キョ
» 新年 (2010年01月04日)
アイコン画像***ハイジ***
» 待合か (2009年12月22日)
アイコン画像セバ
» 待合か (2009年12月18日)
https://yaplog.jp/miyama-odamaki/index1_0.rdf