甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳 14 エピソード 1

August 03 [Sun], 2008, 0:07


あら!?クジャクチョウさんじゃありませんの!お久し振り!

記念に1枚 撮らせてくださいな。



いいわよ。どうぞ。

あの・・・証明写真ではないので真正面でない方が・・・




じゃ、横向き?

い、いえ、真横では あなたらしさが表現できませんし 




じゃ、逆立ちでも・・・

あ、あの、普通に 蝶らしく振舞っていただいた方が・・・ 




じゃ、こうかしら?

もう少し、羽の模様を・・・



もうっ!面倒くさいわねっ!



クジャクチョウさんは怒って飛んで行ってしまった。




羽が 派手派手模様で、クジャクチョウという名前がピッタリの蝶だ。

しかし・・・羽根の裏が真っ黒だなんて、今回、初めて知った。



きっと・・・厳しい自然環境の中で

表と裏を上手に使い分けて一生懸命生きてるんだろうね。



・・・・・・・・・・



裏表のない人って、偉いと思うし、素敵だと思う。

そんな人間でありたいモンだ・・・と 憧れつつ・・・でも、やっぱり

精神的に ひ弱な人間には

表と裏を使い分けて世渡りして行かねばならん事も多いワケで。



・・・なんだか、クジャクチョウさんに親しみを感じるな〜。


猪一家 観察記

February 13 [Wed], 2008, 19:05

                      
今日も、大阪は雪が降りました。今年はよく降ります。
  
今日の雪は、ボタン雪でした。  

  大きなボタン雪がハラハラと落ちて来ました。

落ちては消え・・・落ちては消え・・・  
                  
大きな雪なのに、一瞬で消えてしまい
                                               ついに積もる事はありませんでした。   




「ボタン」雪で思い出しました。

ちょっと前に山の麓で見つけた「猪一家」の事を・・・。





猪一家 観察記 


子供というものは、人間も猪も変わりなく無邪気なモンです。


葉っぱ1枚、どんぐり1個でもオモチャにして楽しむ事が出来るんです。



ところが・・・母親が現れた途端、空気が一変します。


子供達は一生懸命、母親を追いかけ母親に付き従います。



それまで餌を食べていた父親は遠慮して隅へと引っ込みます。


子供達は決して父親には近寄りません。母親の命令にしか従いません。



鬼嫁が居なくなって、やっと くつろぐ事が出来た父親なのでした。


「威厳のある父親」なんて もはや死語です。



家庭の中で溜まりに溜まったウップンを・・・


他人に向けて晴らそうとする悲しい父親なのでした。






彼らは なぜか川の中に居ました。

どこから川に降りたのか、ちゃんと地上へ登れるのか

ちょいと心配しながらも、高みの見物してました。



いやぁ〜・・・ヨソの家庭を覗き見するのって楽しいですね



わ、わたしが言ったんじゃありません

「家政婦は見た!」の市原悦子が・・・。

山の生き物たち 3

September 18 [Tue], 2007, 0:16

一応、お断りしておきます。

今回 登場する写真は、人によっては
イヤッ!気持ち悪う〜!
・・・というような種類のモノ・・・らしいです。

私は全然 気持ち悪い なんて思わないんだけどな。

ズバリ・・・「ヒキガエル」の写真です。

苦手な方、見たくないゎ・・・と おっしゃる方、ここでストップして
どうぞ このままお帰り下さい。
またのお越しをお待ちしております。


◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆



雷鳥の写真を探す為に過去のアルバムを開けたら
カエルの写真が出て来た。

懐かしい〜っ

・・・という事で、ついでに紹介する事にした。

*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨

北アルプスの山中を歩いていたら、(どの辺りだったか忘れた)
山道に巨大な (20cmくらい) カエルが居て、驚いた。

あんた、こんな所に居たら石と間違えて踏んづけちゃうじゃないの!
踏まれないように、もっと そっちへ行きなさいよ・・・クドクド・・・。

私の お説教にも、動く気配なし。
彼は、眠そうな だるそうな顔で山道の真ん中に居座り続けた。



このカエル、ボ〜ッ・・・として鈍そうだが、
うっかり 触ったり突っついたりしたら、エライ目に遭う。

毒を持っているのだ。
目の後の方にある「耳腺 (じせん) 」あたりから、
ピューッ・・・と、毒液を飛ばすのだ。

皮膚についたら すぐに洗わないと ただれる。
目に入ったら失明する事もあるそうだ。

*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨

カエルでも 人間でも 同じ・・・。

ボ〜ッ・・・としてるから、と言って
舐めてかかって イタズラなんかしたら
そのうち反撃を受けて、エライ目に遭うんだからねっ!

・・・あら?私は一体 誰に説教してるのかしら?

そうそう・・・このカエルの名前は「アズマヒキガエル」である。

山の生き物たち 2

September 17 [Mon], 2007, 0:26


雷鳥とは、風雨の奥穂高で出会った。

体は夏色の茶系だったが
足首まで しっかりと
フカフカの白い毛で覆われていたのが印象的だった。

今まで出会った雷鳥も足が毛で覆われていたが
ここまでフカフカではなかった。

雨風の強い日は、保温や防水の為に
足に生えた毛も膨らむ仕組みになっているのだろうか・・・。
・・・って・・・
え?・・・これって スネ毛〜!?膨らむ スネ毛〜!?

・・・そんな事を思いながら
無遠慮に足をジロジロと見たので気を悪くしたのか
雷鳥は 向こうの岩陰へ ヒョコヒョコ・・・と隠れてしまった。

・・・というワケで、その時の雷鳥の写真はない。


これは昨年の写真だが・・・獅子岳の雷鳥の新婚夫婦

わかりにくいが、2羽 居る。
で、嫁のお腹の下にはヒナが居る。




一昨年の写真だが・・・
間ノ岳の雷鳥3兄弟長男


次男


三男


(もしかしたら、3姉妹だったかも・・・)


*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨


先日、「雷鳥に会った山旅は 『無事に帰れる』・・・と言われてるんですよ」
・・・と教えて頂いた。
縁起の良い鳥なのねぇ!
・・・山旅では毎回、会いたいモンだ。

・・・しかし・・・
雷鳥に会ったら、「傘、カッパ、ザックカバーの用意!」・・・である。
雷鳥に会うと、しばらくしてから降って来る事が多いのだ。


<雷鳥の天気予報>
・・・雷鳥がハイマツの茂みから出てヒョコヒョコ歩いている・・・
 
「間もなく雨が降り出すでしょう。所によって雷が伴うでしょう。」

・・・である。

気象庁の予報よりも雷鳥予報の方が、当たる確率が高いかも d(^0^;)

山の生き物たち 1

September 14 [Fri], 2007, 0:02


山では様々な生き物と出会う。

特に、膝を痛めて
ゆっくり歩いたり休憩を長く頻繁に取るようになってからは
生き物を見かけたり、バッタリ出会う事が増えた。

・・・と言うか・・・

多分、今までも、沢山の生き物と遭遇していたのだろう。
ただ、先を急いで余裕のない歩き方をしてたので、
周囲に居る生き物達に気付かずにいたのではないか・・・と思う。


*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨


この夏は、
オコジョ、ヒメネズミ、雷鳥、ニホンザル と、出会った。


*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨


オコジョは2回・・・
白山山頂と、北アルプスの三俣山荘近くの沢で出会った。

白山では、つぶらな瞳で ジーッと見つめられた。

なんて可愛いの〜!?
*.。¨。.°.(*´艸`*) *。.。¨。.°


お互いに しばし見つめ合った後、
「可愛い姿を1枚撮らせて下さいな」・・・とカメラを構えたら、
「ダメダメ!写真はNG!」・・・と、行ってしまった。

・・・というワケで、オコジョの写真はない。


*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨


ヒメネズミも つぶらな瞳だが、
ヤツは私の事をジーッと見つめたりはしない。

ちょっと視線をはずして、見ないフリをしながら実は よ〜く見ている。

私が少々 ガサゴソ動いても逃げる様子はない。

・・・で・・・
「じゃ、記念に1枚・・・」
・・・と、私がカメラを構えた瞬間、
サササッ・・・と草むらに入ってしまうのである。

絶妙のタイミングで嫌がらせをするヤツである。

  \(`皿´)/キーッ =3 

・・・というワケで、ヒメネズミの写真はない。


*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨


ニホンザルは、あちこちで しょっちゅう見かける。



一度、猿の子供に威嚇され追い掛け回された。
「しつけが なっとらん!親の顔が見たいモンだ!」・・・と言ったら、
親ザルが出て来たので、慌てて逃げた。

親の顔


また、一度、猿の集団に取り囲まれ、
仲良く (?) 一緒に歩く・・・という体験もした。
私を仲間だと思ったのだろうか?

私の仲間達 (?)



静かに瞑想する仲間。


毛づくろいをする仲間 と、
ヤキモチを焼いて 陰から覗いている仲間。

山の虫たち

August 18 [Sat], 2007, 4:47
山で出会った虫たち


ハクサンイチゲ と トホシハナカミキリ
高山にはカミキリムシ類は結構多い。
花の中に潜り込んで、せっせと花粉を食べている姿をよく見かける。

ハンゴンソウ と ミドリヒョウモン



シロヨメナ と オオイチモンジ


UFOだっ!いいえ、ミツバチ (?)・・・です。

虫が居ない時を見計らってシャッターを押したつもりだったのに・・・。

山で撮った写真には、
こんな風に写真の半数以上に虫が写り込んでいる。
どの写真も、この写真も、UFOだらけである。


あらっ!?ハクサンボウフウ と・・・

2800m辺りの山道で、
ご近所のてんとう虫と バッタリ 出逢った。

昆虫図鑑によると、
ナナホシテントウは、高山には生息しない事になっている。

低地の暑さに耐えかねて避暑に来たのか?
それとも、
誰かの荷物にくっついたまま ここまで来てしまったのか?

・・・あんた、帰りは どうすんのよ?

マムシ

March 17 [Sat], 2007, 5:44
・・・妙な話を聞いた。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o


山へ出掛けた少年が、茂みの中へ入っていったら、
急に「安物のオシロイ」の匂いがして来たそうだ。

・・・あれ?こんな所で 変だな・・・少年は思ったそうだ。

その時、少年は以前に父親が言ってた言葉を思い出した。

*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°

「安物のオシロイ の匂いがして来たら気をつけろ。
近くに マムシ が居るから・・・」

*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°*.。¨。.°

少年は、棒で周囲の草を叩きながら 慎重に歩を進めた。

すると・・・
すぐ側の草むら から、三角頭のマムシが出て来たそうだ。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o


ほぉ〜!
マムシは「安物のオシロイの匂い」がする・・・だなんて、初耳〜!

私も、山で安物のオシロイの匂いがして来たら気を付けよう〜っと。

・・・ん???「安物のオシロイの匂い」って、どんな匂いだ?

・・・ん???「安物のオシロイの匂い」を知ってる少年って、どんな少年だ?


     ◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


<安物のオシロイの匂いを知らない人の為のマムシ対策>


マムシは、「隅っこ」や「隙間」が大好き。
岩と岩の隙間、岩と地面の境目、石段の角、段と段の境目・・・
・・・そんな所に よく潜んでいます。

だから、「岩に腰掛けて休憩しよう」・・・っていう時には、
棒で、岩や周囲の地面をコンコン叩きまくって、
マムシがいないのを確認してから座りましょう。
(マムシは振動を嫌って逃げるそうです)

あまり人通りのない石段を登って行く時には、
棒で2〜3段先をコンコン叩きながら、目でも確認して登りましょう。

いのしし

January 17 [Wed], 2007, 5:24
年始に「猪のマスコット手作りセット」を貰いました。

お裁縫、苦手なんだけどな。
出来上がった物を、貰いたかったな。
・・・グズグズ言って、ずーっと放ってあったのですが・・・。

猪年になって 早や、半月・・・。
もう、いい加減、作らないとなぁ・・・。
ボヤボヤしてたら、ネズミ年になってしまうかも・・・
早く作らねば・・・。

でも、面倒臭いしなぁ・・・
いっその事、12年後まで 置いとくかぁ〜・・・。

・・・などと葛藤しておりましたが、
ついに重たい腰を上げ、しぶしぶ 作り始めました。

そして、なんとか 完成〜!

おおっ!私って、お裁縫 結構 上手いやん!
売り物みたいやで!縫い目を見なければ。



・・・まぁ、なんてカワユイんでしょう!

つぶらな おめめ、愛嬌たっぷりの 鼻、
にっこり笑った口元には、ちろっ・・・と可愛い キバが・・・。

・・・本物の猪とは似ても似つかんなぁ・・・。

本物は怖いわよぉ〜!
鋭い目で ギロッ!・・・と睨みつけられたら、震え上がるわよぉ〜!

山道でバッタリ 出くわした日にゃぁ、チビリますよぉ〜!
・・・あら?・・・あたくしとした事が、なんて お下品な・・・。

でも、あれは本当に怖いですよ・・・あたくしもね、全力疾走(?)で
崖を駆け登り、よじ登り・・・して逃げた事がありましたからね。
崖にへばりついて・・・ハイ、そりゃもう・・・必死でしたよ。

・・・え?・・・
いや〜ん、ちびったり なんか しませんよぉ〜!

・・・そんな、六甲山での出来事を思い出しながら眠りに就いたせいか、
六甲の猪に怒られる夢を見ました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハイジ
読者になる

 メル友の方、コメントは
出来たらメールでお願いしますね。

 リンク フリーです。
2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://www.gremz.com/
最新コメント
アイコン画像***ハイジ***
» 新年 (2011年01月25日)
アイコン画像Silver Cat
» 新年 (2011年01月24日)
アイコン画像***ハイジ***
» 新年 (2010年01月07日)
アイコン画像***ハイジ***
» 新年 (2010年01月07日)
アイコン画像***ハイジ***
» 新年 (2010年01月07日)
アイコン画像セバ
» 新年 (2010年01月07日)
アイコン画像ZEN
» 新年 (2010年01月06日)
アイコン画像キョ
» 新年 (2010年01月04日)
アイコン画像***ハイジ***
» 待合か (2009年12月22日)
アイコン画像セバ
» 待合か (2009年12月18日)
https://yaplog.jp/miyama-odamaki/index1_0.rdf