残念な死

March 31 [Tue], 2015, 16:00
晴時々雲 21-27℃ 南風 月齢10.7 中潮 水温23℃
来間港 12時最干58cm 波高0.3m 透明度25m 流れE→W

今日はあまり良くない予報が出ていましたが・・・
よく晴れて気温も27℃までいきました!



風が南なので自宅から車で5分ほどの来間港へ。
ここなら問題なく静かです。



沖にはダイビングボートと漁船が。



透明度はイマイチでしたが浅瀬中心に行って参りました。
クマノミのタマゴです。まだ産みたてのホヤホヤという感じ。



そして、ニョキっと突き出た変なの。



この辺は養殖モズク網が張ってありますが
網のほうにはまだ付いていないようです。
↓ これは天然ものです。



ここから大きく話が変わりますが

モズク網の近くを泳いでいたときに発見したのですが、
カメが網の下に入って出れなくなり息絶えていました。
死後数日経っていると思われます。



体長80cmくらいのアオウミガメでした。



去年も同様の場面に出会い、かなりショックでしたが
今年もまたこんなところに出くわすとは・・・。

本来このカメは死ななくてよかったハズです。

いいとか、悪いとか、そういう感情ではなく、ただただ残念。
自然界にはこんなこと山ほどあるのでしょうけど
考えさせられしまいます。

ノータリンの自分には何も結論は出せないのですが。


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

宮国沖外洋へ

March 30 [Mon], 2015, 18:00
晴時々雲 18-26℃ 南東の風 月齢9.7 若潮 水温23℃
宮国外洋 11時最干70cm 波高03(外洋1.5)m 透明度35m 流れなし

今日の日の出は6:33
昨日とほぼ同じ時間に上空を飛行機が飛んでいきました。



朝から良い天気で風は南寄りになりましたが
南側の海が荒れることはありませんでした。



インリーフの波高は20〜30cm



今日は外洋まで出てみましたが、
さすがに外洋まで行くと若干波がありました。



透明度も良く、光も強く水中はかなり明るかったです。
↓ ここの水深は約5m。透明度は30mを軽く超えていました。



↓ イソギンチャク



リーフ内に戻り、そのままエキジットしようと思っていましたが
リーフ内がまた綺麗過ぎる。



ついつい長居してしまいました。



最後に、ため息が出そうな景色を今日もちょっとだけ動画で。





この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

充実の1日

March 29 [Sun], 2015, 21:00
晴 18-23℃ 北北西の風 月齢8.7 長潮 水温23℃
わいわいビーチ 11時上げ85cm 波高0m 透明度25m 流れE→W
宮古SP 14時上げ110cm 波高0m 透明度30m 流れE→W

久々に早朝から快晴。日の出時刻頃の東の空です。
自分の記憶の中では1ヶ月ぶりくらい…?かも。



その景色に見とれていると南から北方向へ向かう飛行機が。
民間旅客機なのかどうかはよく分かりませんが、
なんとなく違うような気がしました。(根拠はありませんが)



さて、今日は半日講習から。
宮国のわいわいビーチです。



昨日八重干瀬でのダイビングを予定していたけど、
海況が悪く行けなかった・・・という方。ダイバーです。



ダイバーの方がなぜシュノーケリングの講習を?
と思う方もいるかもしれませんが、
私にとっては全然当たり前のことなのです。



それは、ダイビングとシュノーケリングは別のものだから。
(共通した事項も多少はありますが)

ダイビングが上手い=シュノーケリングも上手い、ではないから。



午前中ビッシリやらせていただき、正直なところ
この方 少し弱音を吐いていましたが、お昼ご飯を食べて
気力復活(笑) 午後からはこのお客様念願の「宮古SP」です。



いきなりダイビングでも見た事がなかったナポレオンが出てきました。
まぁ、これはまだ子供の部類ですけどね。(体長80cmくらい)



そして、サンゴが大好きというこのお客様、今回行けなかった
八重干瀬の分までこの宮古SPに期待感が高まっていたようです。



そして行った感想は、大満足。思っていた通り、期待通り期待以上の
サンゴでこれだけ元気なサンゴが密集しているとこは他に知らない
・・・そうです。

私がここに書くと 「うそっぽい」 ですが(笑)
信じる、信じないは、あなたの自由。

今日は天気も良く海も静かでしたから、ポイントはとても明るく綺麗。
下の動画はメインのところではありませんが、ちょとだけ今日の様子を。



最後に ↓お客様のお腹の辺りの写真です。
これは何か?



来たら分かる。

※明日以降もしばらく最高の天気になりそう♪


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

4番ビーチ沖

March 28 [Sat], 2015, 17:00
晴時々雲 18-22℃ 北西の風 月齢7.7 小潮 水温22℃
エメラルド(4) 13時満潮104cm 波高0m 透明度25m 流れなし

今日は晴れてくれました。といってもやや雲は多めです。



昨日断念したエメラルドコースト4番目のビーチへ。
ここ、いい感じですよね?↓



全体としては全然大したことないけど、
何故か惹かれるポイントです。

それは所々にいい被写体があるからかなぁ?



死んだサンゴも多いんです。
ここ行くなら「宮古SP」のほうが絶対いい…ハズ。



でも意外感が多くて、次はどんな発見があるか
そう思うのが楽しいのかもしれません。



例えば、先日もお伝えした ↓このクマノミ城



ひとやま300匹は見応えありますよね。

帰り道。
陸に上がって久しぶりに大きなヤドカリと遇いました。



ブルーの爪が印象的でした。

では!


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

明日に期待して

March 27 [Fri], 2015, 17:30
雲時々雨 20-23℃ 南東の風 月齢6.7 小潮 水温--
南側 12時満潮124cm 波高2m 透明度-- 流れ--

今日は海に入っていません。



南風が強く天気も悪かったのですが、朝イチで海へ。
しかし、思っていたよりも海は荒れ気味です。



入れないことは無いのですが、入りたくはありません。
海へ入るのを止めて来間島方面へジョギングしてきました。



橋の上からどっちを見ても波は高めでした。



↓来間港の所だけ静かですね。



ところでこの「シーサー」ですが
来間大橋に居るのをご存知ですか?



車で走っていれば分かりませんが、歩いて渡れば見れます。
ちなみに宮古に3つある大橋はどれも駐停車禁止ですので
くれぐれも違反をしないようにお願いします。

宮古島では葉タバコが大分成長してきました。



夕方になって激しい雨に。風は西に変わってきたようです。

明日は天気海況とも良くなる見込み・・・です。



この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

家族みんなで

March 25 [Wed], 2015, 19:00
雲 17-20℃ 北東の風 月齢4.7 中潮 水温22℃
シギラ 13時満潮104cm 波高0m 透明度25m 流れなし

今日も残念ながら・・・こんな天気です。



そんななか 元気な4人家族。



「さぁ、いくぞー」 お父さんが一番ヤル気ある?



お父さんとお母さんが手をつないで先頭です。
先頭は「上手い」わけではありません(笑)



バタバタしながらもクマノミやサンゴも楽しんで頂けました。
3人は早めに上がり、このあとは長男のみで。



すると、居ました!出ました!カメです!
綺麗な小型のタイマイです。



ゆっくり驚かさないように、ストーカーのように(笑)後をつけていると
止まってしまいました。



その後、再び動き始めたのでほっとしましたが(笑)



自分のフィンはちょっと切れ込みが大きくなってしまいました。
そろそろ買わないとダメかなぁ・・・



だめだよなぁ。



では!


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

クマノミ城

March 24 [Tue], 2015, 16:00
雲 16-23℃ 北東の風 月齢3.7 中潮 水温22℃
エメラルド 10時満潮160cm 波高0.5m 透明度25m 流れE→W

北東の風が強めでちょっと寒いです。(自分には)
朝から天気も悪く、今日は絶対海へ行かないと思っていましたが、



こんなふうになってくれば話は別。
この晴れ間、長続きはしそうもないから一番近い海へ大急ぎ。



距離にして2kmくらい5分くらいで着いてしまうところですが
開拓途中の意外にいい所です。



小さなビーチが6〜7個あるので、そのうち名前をつけたいと思います。
センスが無い自分がつけるのはABCとか1,2,3とかでしょうけど(笑)



そんな中の一つのビーチからエントリーして綺麗な砂地を進みます。
砂地には綺麗なサンゴがこじんまりとまとまっています。



沖へ進むと少し流れがあったので引き返し、
岸に近いエリアで周りをじっくりサーチ。



部分部分に見所がたくさんあります。



サンゴは遠目で全体を見るのみいいですが
近寄って見るとまた違う良さが発見できますね。



そして今日の一番の発見はクマノミ城です。
どこのポイントにも大体クマノミがかたまっていて「クマノミ城」と
呼ばれる所はあるのですが、今日の所は約300匹の根。



根っていうのは岩のことですが、この岩全部にイソギンチャクが付いて
それにハマクマノミがビッシリ住んでいるのです。



これだけ多いものは久しぶりに見た気がします。
普段あまり興味わかないのですが、今日はしばらく見とれていました。

動画でもちょっとだけ。



そして、最後に出たのはゴシキエビ。



あまり大きくは無かったですが元気で綺麗でした。
数秒で穴の中に逃げてしまいましたが・・・。


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

八重干瀬よりいい?

March 23 [Mon], 2015, 17:00
雲 19-23℃ 北東の風 月齢2.7 中潮 水温22℃
宮古SP 11時下げ112cm 波高0.7m 透明度30m 流れE→W

昨日八重干瀬に行ってきたという女性お二人を宮古SPへご案内。
昨日の八重干瀬は結構荒れていたようです。

今日も天気悪いですが、途中でちょっとだけ太陽が出てくれました!



昨日はレンタルのスーツがボロボロの3ミリで寒かったととのこと。
当店では今の時期は↓3ミリを2枚重ねで使用しています。
ボロボロのスーツはありません!



5ミリスーツ1枚より このほうが断然暖かいです。
お客様も今日は全然寒くなくて快適だったとのご感想でした。

ちなみに、2枚目のレンタル料は頂いていません。無料です。



↑セジロクマノミ
↓ハナビラクマノミ



↓出目金・・・じゃなくてカクレクマノミです。



きょうはいろいろ(5種)クマノミを教えましたが・・・分かったかなぁ?

サンゴが大好きと言う方だったのでメインはサンゴ。



↑マスクを通してニコニコしているのが分かりますね。



いろいろな種類のサンゴをお見せして、
いよいよ今日のメインポイントへ。



入った時は若干波がありましたが、時間と共に潮が引き
それにつれて外洋の波が入ってこなくなります。



じゃぁ最初からもっと引いた時間に来ればいいんじゃないのか・・
というと、そうでもないんですね。



引きすぎると、浅くなってしまいサンゴの上をこんな風には泳げません。



微妙なさじ加減が必要なのです(笑)
キャベツの大群生もたっぷりご覧頂きました。



今日は最後に大きなタコを発見!

水深1mくらいでしたが油断すると手を掴まれて
水面に戻ることが出来なくなります。
(自分の命が危なくなります)



ちょっとちょっかい出しましたが、墨を吐いて逃げられました。

最後にお客様のご感想ですが・・・
「昨日の八重干瀬と比べてどっちのほうが良いとは言えない」けど
今日の宮古SPがかなりの高得点であったことは間違えありません。




この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

初めてのケースですがやってみました

March 22 [Sun], 2015, 21:00
雲 19-23℃ 北東の風 月齢1.7 中潮 水温22℃
宮古SP 11時下げ112cm 波高0.2m 透明度30m 流れなし
宮古SP 12時下げ67cm 波高0.2m 透明度30m 流れなし

↑ 11時と12時の1時間で45cmも潮位差がありますね。
冬の時期と比べると、だんだん潮位差が大きくなってきています。

今日は、小雨のち曇り。
ドンヨリとした天気が1日続きましたが、南側の海は静かでした。



昨日の親子が一晩悩んだ末、「宮古SP」 に行ってみたい!
というので 「特別」 に「特別料金で(笑)」 ご案内することに。



「特別」という意味は・・・・
「宮古SP」に参加するにはお客様の安全サンゴの保護のために、
ある程度の技量がないと難しいのですが・・・
そういうことで言えば、今回は無理なレベルなのです。
(参加条件はHPの宮古SPのページでご確認下さい)



しかし足りない部分を「誰か」が確実にフォローできるなら可能です。
その「誰か」は大変ですけど・・・。



今回は3才の子もいるので、2回に分けて行きました。
(この子は当然行けないのでご両親が交代で見るために)

ここに掲載した写真は全て今日行ったところですが
昨日も感動したけど、今日はそれとは桁違いだったと言ってました。



今回は事前にいろいろご相談頂いていた事や、
海況が良かったこと、そして「誰か」がヒマだったことなどが
あったからで、そういうことが無ければちょっと難しいでしょうね。

ちなみに9才は宮古SPに行った最年少です。



実は、今日行ったのは 「宮古SP」 のほんの一部だけです。
メインのポイントまでは行っていません。

それでもこれだけ素晴らしいサンゴが見れるのです。

今まで生きてきて知らなかった景色、知らなかった世界を知ったということは、その人の人生観まで変える可能性があると思います。かつて自分がそうだったように。

これを機に、もっともっと海の素晴らしさを感じていってもらえたらいいなぁと思います。
もちろん安全を忘れずにね。


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

講習は重要です

March 21 [Sat], 2015, 18:00
雲 21-25℃ 北東→南西の風 月齢0.7 大潮 水温22℃
シギラ 12時下げ42cm 波高0m 透明度25m 流れなし

昨日までの晴れは終わり、今朝は曇って不気味な太陽でした。



今日は、3才と5才の元気な男の子2人のご家族です。
シュノーケリングは全員初めて。

ガイド無しで自分達でやることも考えたそうですが、ご相談を
頂いたので1時間講習+インリーフコースをお勧めしました。



3才のお子さんは箱メガネで。



他の3人は基本面をビッシリやったあと
まずは9才の子とお母さんがインリーフツアー。



続いて一番安定していたお父さんは一人で。



カクレクマノミもしっかり見ていただき、
ご希望の写真とビデオもたっぷり撮らせて頂きました。

講習を受けたおかげで落ち着いて綺麗な海をゆっくり見れた
と喜んでいただけました。



出来れば今回滞在中に宮古SPも狙ってみたくなったようですが・・・
さてどうなりますでしょうか?

ツアー終了後は浅瀬でヤドカリ捕り。
たくさん捕まえましたが帰る時はもちろん放してきました。



ちなみに↑箱メガネはこうやって使うものではありませんよ(笑)

季節は変わり、潮の満ち引きも徐々に変わってきました。
だいぶん昼間の引きが大きくなってきました。



今の時期だけ大きく引くわけではなく1年中同じように
引くのですが、冬場は時間がずれて夜中に引くので
普通の人はあまり気がつかないだけなのです。

では!

この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド
2015年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31