夏日に東と南の海へ

February 26 [Thu], 2015, 21:30
晴のち夜雨 20-26℃ 南風 月齢7.1 小潮 水温21℃
クマザ海岸 10時上げ106cm 波高0.6m 透明度20m 流れなし
シギラ 16時下げ94cm 波高0.2m 透明度25m 流れなし

朝から良い天気!気温が上がって嬉しいです。
東側のクマザ海岸に久々に。1年ぶりくらい?
大神島が見えます。



このビーチ、完成間近だったリゾートの工事が止まって1年以上?
廃墟になっちゃうんでしょうか?もったいない。



誰も居ないビーチでしばらくのんびり。



そして海へ。
やっぱここはつまらん!
1年も来なかったのはそのためです(笑)



昼が過ぎてのんびりしていたらお申し込みの電話が。
「え、今から?」もちろん「OKです」



南風だけど午後は潮が引き始めたのでシギラへ。



ちょっとウミヘビにびびった様ですが、
大きなトラブルも無く綺麗な海を体験して頂きました。



このお客様、前日にビーチで遇ったご夫婦に当店を
紹介されたそうで、どなたかは存じませんがありがとうございます。



全て終わって上がってきたときにはこの笑顔。



満足していただけたようです。





この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

意外に晴れて風は再び南に

February 25 [Wed], 2015, 15:30
晴 17-24℃ 南風 月齢6.1 小潮 水温21℃
南海岸 10時下げ124cm 波高0.6m 透明度20m 流れE→W

今日はミジュン(イワシの稚魚大群)出ました!



天気はこんなに良くなると思いませんでしたが
朝からよく晴れて気温は25℃に迫ります。 
風は再び南に回ってきました。



そのため「意外なポイント」は若干波あり。
砂が舞い上がり、ちょっと透明度も落ちて泳ぎにくい。



でも50mほど沖へ出れば水は綺麗になってきます。



流れも少しあって早めに上がろうかと思ったところで
入り江になった静かなところにミジュンが溜まっていました。



ミジュンに突っ込むのは久々かな?





この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

ずらして正解SPな海

February 24 [Tue], 2015, 18:00
雨のち雲時々晴 20-24℃ 南→北風 月齢5.1 中潮 水温21℃
宮古SP 14時下げ95cm 波高0.3m 透明度30m 流れなし

今朝は雨。昨日のお客様ですが、今日は宮古SPのご希望。
でも、南風のため南側の海はちょっと波があります。

今朝は北風に変わり宮古SPは静かになる見込みだったのですが
風は変わりませんでした。



そこで急遽スタートを午後に変更。
例え風向きが変わらなくても午後は潮が引くので
リーフ内はかなり穏やかになるはず・・・という読みです。



そしてお昼過ぎにやっと風向きが変わってきました。



おまけに天気も急激に良くなり晴れ間が出てきます。



風も収まり、ポイントも静かになり、天気も良くなり、
イイことずくめです。時間をずらした甲斐がありましたね。



昨日の海ですでに感動して頂きましたが、
今日はその何倍も!!



ここではいつも・・・
序盤であまり感動しすぎないように事前説明をしています(笑)

序盤で立ち止まって時間を使いすぎると、1時間のツアー時間では
メインのサンゴまで行けない可能性が出てくるのです。



メインというのは、いうまでもなくキャベツサンゴ
(リュウキュウキッカサンゴ)の大群生です。



昨日よりも更に海にも慣れて、お客様に問題は全くなく、
宮古SPの素晴らしいサンゴ群を堪能して頂きました。



今日は上空に海上保安庁のヘリが飛来し、
しばらく旋回していました。何かあったのか??



ツアーは無事終了。

16:26 自室が突然ドスンと揺れました。
その後しばらくガタガタと小刻みに揺れが続きました。
宮古島は震度2でした。



この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

やや荒れ気味のカメ三昧

February 23 [Mon], 2015, 17:00
雲時々雨 20-23℃ 南風 月齢4.1 中潮 水温21℃
南海岸 11時下げ156cm 波高0.6m 透明度25m 流れなし

今日も南風で暖かいのですが、曇り空。
もし南側のポイントが大荒れなら伊良部島へ遠征しようか
と思いましたが、それ程でもなかったので結局南のポイントで。



4〜5年海に入っていないという、私と同年代のこの方。
まずは基礎から講習しました。

海には慣れている方なので覚えは早く1時間後には海へ。



今日はいきなりカメに会いました。
しかも人馴れしたカメなのでゆっくりじっくり見て頂きました。



いくらカメを見たいとはいえ、カメだけで1時間終わるわけにも
いかないので、一旦カメと離れて他の場所へ。



いろんなサンゴやサカナを見たあと、も一回カメを見ようと
いう事で再びカメを探します・・・いました!



ほんといいカメだこと(笑)




この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

特にナシ

February 22 [Sun], 2015, 19:00
雲 19-24℃ 南風 月齢3.1 中潮

今日は朝から気温は20℃くらいあり、暖かでした。
南風がやや強めで1日曇り空。



海には入りませんでした。
南側の海は水面がざわついていました。



今日は、簡単ですがこれで終わりです(笑)
では!


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

フナウサギバナタの海へ

February 21 [Sat], 2015, 18:30
晴時々雲 15-23℃ 南風 月齢2.1 中潮 水温20℃
フナウサギバナタ 11時下げ134cm 波高0.7m 透明度20m 流れなし

午前中やや雲の多い時間帯もありましたが概ね快晴。
ダイビングボートが競うように北へ向かって飛んでいきます。



今日は伊良部島です!
サシバを象ったフナウサギバナタ付近の海へ。



かっこいい、スゴイ、気持ち悪い、でかい・・・
多分人それぞれ、いろんな感想ではないかと(笑)



上から見る海は素晴らしい色です。
しかしそこを流れる多くのゴミに気がつく人は、まず居ないでしょう。



入ってすぐ感じたのは、水温が冷たい。流れがある。



流れに向かうようなコースで泳ぎますが
大小のゴミが次から次へと流れてきます。



ペットボトル(日本語) 農業用の何かの袋(日本語)
丸太のようなもの、漂流中のブイ などなどいろいろ。



最後にプラスティク製のパレットのようなものも来ました。



1時間でカメは6匹見ましたが、オニヒトデも3匹。



いまのところ、残念ながら「これ」といって大きな感動が無い。
綺麗なサンゴも少ない。

突然イワシの稚魚の大群に出会い、少し感動。



初めてのポイントなので「何が現われるか分からない」
という点では非常に面白いのですが・・・

浅いところが多かったですが、深い砂地が出てきました。



この辺りの砂地は美しい。
太陽の陽射しが入って、なお美しく感じます。



そんな中ゴマモンガラらしき大きな魚が漂っているのを見つけました。



色がちょっと違うので調べたらキヘリモンガラのようです。
自分にとっては、多分初めて見たサカナです。

今日はもっと熱く(暑く)なると思っていたのですが、天気も海も
それほどではありませんでした。期待しすぎたかな(笑)


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

今日は海に入りませんでした

February 20 [Fri], 2015, 19:00
晴時々雲 12-20℃ 北東→南東風 月齢1.1 大潮

今日もよい天気でしたが、私用で忙しく結局海へ入りませんでした。
サトウキビも倒されて、所々赤土があらわになってきました。



1時間ほどゆっくりジョギングして東の海へ。
そう、私の好きな所。よく載せてる画、太陽牧場のところです。



静かで綺麗でした。これ何時頃だと思いますか?
実は17時頃なんです。



宮古島は東京辺りに比べると1時間くらいは陽が遅いので
これからは19時過ぎ、もう少しすると20時頃まで明るいのです。



ま、当然ながらその分 朝も明るくなるのが遅いんですが・・・。



見慣れた花ばかりですが、ついつい見とれてしまいますね。

天気は明日までは良さそう。気温は23〜24℃になりそうです。
明日は気合入れて海へ行くつもりです。では!


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

ちょっと濁った引き潮時間

February 19 [Thu], 2015, 17:00
晴 14-20℃ 北風 月齢0.1 大潮 水温21℃
インギャー(外洋) 14時最干28cm 波高0.6m 透明度30m 流れなし

今日も良い天気。大潮で昼間の潮位は28cmまで下がりました。



お昼過ぎに海へ行きましたが、もうかなり引いてアーサが顔を
出してます。ここは自然に生えている所です。



ちょっと採ってみるとこんな感じ。
おっと!取ってないですよ〜、返しました(笑)
この新聞記事が気になりました。おばあかわいそう。



さて、今日のインリーフは透明度があまり良くありませんでした。



外洋に出てすぐのところもまだ濁っています。



かなり沖まで出てやっと綺麗になりました。



30分ほどで再びインリーフに戻ると更に浅くなっています。



今日は潮が引いた時に外洋へ出るためのルート探しをしてきました。
所によってはこんなに干上がっていましたが、
それでも泳いで出れるところがあるんですね。



これからの季節は1時間でかなり変わることもありますから
外洋から戻ろうとしたらもう浅すぎて戻れない…なんてことも
ありえますのでお気をつけ下さい。


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

今日はスゴイ透明度!

February 18 [Wed], 2015, 23:59
晴時々雲 15-20℃ 北風 月齢28.6 大潮 水温22℃
宮古SP 13時最干41cm 波高0.2m 透明度35m 流れE→W

今日も晴れましたが、少し雲は多めでした。
宮古SPの外れに行ってきました。



そう、とにかく今日は透明度がいいんです。
潮が一番引いた13時頃です。



最干時間の潮位は41cmですが、場所によってはかなり浅くなって
サンゴの上は泳げない場所もあります。



これから夏に向け、昼間大きく引くことが多くなります。
潮汐表の見方に慣れておくと海へ行くときに役立ちますよ。



潮が一番引いて浅くなる時間は何時ころなのか?
そのときの潮位は何cmなのか?
とりあえず、それが分かればOKです。



帰り際にシャコ発見!



そして、以前は怖くて仕方なかった「これ」↓



今は全然怖くありません。 可愛さ さえ感じます(笑)


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

いい海に入るということ

February 17 [Tue], 2015, 19:00
晴 17-21℃ 北風 月齢26.6 大潮 水温21℃
宮古SP 10時下げ85cm 波高0.2m 透明度30m 流れなし

寒さのピークは過ぎたのか??
気温が20℃を超えるとかなり暖かく感じます。



昨日は朝から雨で海へ行きませんでしたが、今日は宮古SPへ。



宮古SPといえば自分の中では素晴らしいサンゴ、特にキャベツ畑
なのですが、もちろんそれ以外にもいろいろな楽しみがあります。



デバスズメもクマノミもたくさんいますが、小物もいっぱいいます。



例えば、ギンポ系の幼魚が入っているこの穴↓は、約1cm



例えば、このシャコガイ↓は、約3cm



例えば、このゴシキエビ↓は、体長10cmほど(ヒゲを除く)



ところでシュノーケリングって、いつやっても同じと思っていませんか?
例えば午前9時でも12時でも午後3時でも・・・。



同じ海でも、時間によって、天気によって光の入り方が違います。
海には潮の満ち引きがありますから水深が変わります。



風向きによって波の立ち方も変わってきます。
一つだけでなく、いくつもの要素を考え「いい海」を選ぶ事になります。

今日は10時頃に海に入りましたが、その時の潮位は85cm。
下は今日の実際の写真ですが、手を延ばせばサンゴに手が届きます。



これがマイナスの潮位レベルになる時間帯もあるわけです。
上の写真から85cmも潮が引いたら当然サンゴの真上には行けません。
というか、サンゴが水面より上に出てしまいます。

こちらを見て10時に85cmということを理解できれば、
他の日時も同様に簡単に調べられますよね?



晴れるか雨か、風向きがどっちでどのくらい強いか、
ということは当日にならないと、なかなか分かりませんが、
潮位はもう始めから決まっていますからこれを使わないとね。



最近少しずつですが、そういうことまで考えてご相談される方が
増えてきました。嬉しいことです。

あなたが行きたい海は、どのくらいの深さの時ですか?


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28