この子は絶対上手くなる

August 17 [Mon], 2015, 21:00
餌付けは止めよう!当店では自然環境に有害なサカナの餌付けに反対しています。自然の中ではサカナ達のありのままの姿を楽しんで頂けたら思います。是非こちらも参考にして頂けたら嬉しいです→ 餌付けはなぜいけないの?

雲時々晴 28-32℃ 南〜北西風 月齢2.5 中潮 水温30℃
@来間港 09時下げ184cm うねり0.2m 透明度10m 流れなし

今日も雲が多い1日でした。
少学2年生の女の子、半日講習です。
わいわいビーチでやろうとしましたが南風がモロに当たって
水面の波がやりにくいので場所を変えました。



新たな場所は来間ビーチ(来間港)
静かですが少しウネリがありました。

まずは、いつもどうやっているのかを見せていただきます。
問題点がたくさん見えてきました。



ライフジャケットは欠かせないようです。
空気を入れるタイプは岩などにぶつかって切れたら
浮力がなくなりますから、私はお勧めはしません。

ライフジャケットはこのあと脱いでもらって浮く練習。
どうやれば浮いて、どうやれば沈むのか?体で分かってもらいます。



分かることは分かったようですが、まだまだ未完成。
そう簡単には完璧になりませんが、きちんと練習すれば
必ず当たり前に出来るようになります。

この子は私の話を聞いて無いようで、結構聞いてるなぁ・・・という感じ(笑)

講習も興味あるけど、それよりアタシ今は遊びたいの!
・・・そう聞こえました。(言ってないけど)

↓ダイバーの吐く泡がきれいだったね。



私より先に見つけたのがこのフグの子供。
ほらほら、そこにかわいいのが居るよ!と教えてくれました。



そして少し沖へ出ると(水深5m)ミジュンが!



あっという間に囲まれ、周りが暗くなる程の群れです。



凄い!凄い!と水中で言ってるのがハッキリ聞き取れました。
この凄さを分かることが凄い。
そして声に出すことが凄い。
それが聞こえることが凄い。



お母さんはちょっと波酔い気味で先に上がってもらい、
この時はこの子一人ですが凄く楽しそうにサカナを見ていました。

これだけサカナを見れる(認識できる余裕がある)のは
このくらいの年の子にしては凄いと思います。

(凄い、としか表現できずスイマセン)

今はハッキリ言って、まだまだ荒削りみたいな感じでスキルは雑なんですが
そんなのはあっという間に克服してしまうと思います。

私がそう感じた一番の理由は、水を怖がらないこと。



マスクも全然曇ってないでしょ?
ちなみにこの写真は水深5mのところ。
水着だけで浮力は何もつけていません。

今後が楽しみですが、基本はしっかり覚える必要があることを
忘れないでくださいね。



雲時々晴 28-32℃ 南〜北西風 月齢2.5 中潮 水温30℃
Aシギラ 14時下げ50cm 波なし(外洋1m) 透明度10m 流れなし

午後は更に若い4才の女の子。



ご両親と体験シュノーケリングでした。
お父さんも全く初めてでマスクが曇りまくりでした。



お母さんも初めてと言ってましたが、そのわりには余裕がありました。



腕に付けているフロートの顔が私には気になって・・・。



水中で見ると更に気になって・・・(笑)




さて、台風15号は台湾の手前で北上しそうです。
宮古島の海は19日から徐々に波が高くなりそう。



観光でいらしたかた、くれぐれも無理しないようにお気をつけ下さい。
誰かが入っていればOK・・・ではありませんよ!


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

残念な死

March 31 [Tue], 2015, 16:00
晴時々雲 21-27℃ 南風 月齢10.7 中潮 水温23℃
来間港 12時最干58cm 波高0.3m 透明度25m 流れE→W

今日はあまり良くない予報が出ていましたが・・・
よく晴れて気温も27℃までいきました!



風が南なので自宅から車で5分ほどの来間港へ。
ここなら問題なく静かです。



沖にはダイビングボートと漁船が。



透明度はイマイチでしたが浅瀬中心に行って参りました。
クマノミのタマゴです。まだ産みたてのホヤホヤという感じ。



そして、ニョキっと突き出た変なの。



この辺は養殖モズク網が張ってありますが
網のほうにはまだ付いていないようです。
↓ これは天然ものです。



ここから大きく話が変わりますが

モズク網の近くを泳いでいたときに発見したのですが、
カメが網の下に入って出れなくなり息絶えていました。
死後数日経っていると思われます。



体長80cmくらいのアオウミガメでした。



去年も同様の場面に出会い、かなりショックでしたが
今年もまたこんなところに出くわすとは・・・。

本来このカメは死ななくてよかったハズです。

いいとか、悪いとか、そういう感情ではなく、ただただ残念。
自然界にはこんなこと山ほどあるのでしょうけど
考えさせられしまいます。

ノータリンの自分には何も結論は出せないのですが。


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

反転!

March 16 [Mon], 2015, 19:00
晴時々雲 21-25℃ 南風 月齢25.1 若潮 水温22℃
来間港 16時満潮139cm 波高0.7m 透明度25m 流れなし

昨夜の夜空は星が綺麗でした。
引越しして15日経って初めて見た星空でした。(写真はありませんが…)

↓来間大橋です


今日は目にちょっとだけ異常があったため病院へ行ってきました。
用心のため明日さらに精密検査を受けることになりました。

↓伊良部島と伊良部大橋です


病院はいつでも時間が掛かりますね。
診察の正味時間は1分くらいなのに半日が潰れます。

↓来間の展望台です


さて今日は海には行けないなと思っていましたが
午後3時ころに時間が出来たので近くの海へ。

どこか?と言うと上の3枚の写真が撮れた場所です。
家から車で5分の来間港付近です。

↓入ってすぐにカメが次々と。計5匹。


依然として南風が強いので南側の海岸はやや荒れ。
そのため北に面したここへ来ました。



ちょっと波は入り込んでいましたが問題なく楽しんできました。

ところで今日のタイトルについて、ですが・・・
水温は数日前から上昇に転じた感じがします。
冬がやっと終わるんだなぁと身体で感じます。

↓久しぶりにダイバーも上から見ることが出来ました。


↓まばらなミジュン(いわしの稚魚)も。


↓個人的に好きなテングハギが絡んできました!


↓天然のモズクも成長していました!美味そう!


明日は海に行けませんのでブログは休む予定です。
あさってにまたお会いしましょう。


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31