またぐらに(笑)

November 11 [Wed], 2015, 19:00
餌付けは止めよう!当店では自然環境に有害なサカナの餌付けに反対しています。自然の中ではサカナ達のありのままの姿を楽しんで頂けたら思います。是非こちらも参考にして頂けたら嬉しいです→ 餌付けはなぜいけないの?

雲時々晴 22-26℃ 北東の風 月齢29.1 大潮 水温26℃
ドイツ村沖10時下げ116cm 波高0.2(外洋2)m 透明度20m 流れなし
ウミガメ11時下げ88cm 波高0.2(外洋2)m 透明度20m 流れ弱E→W

雲の多い1日でしたが、午前中は晴れ間もありました。
かなり久しぶりにドイツ村沖へ。



この辺は、他の所とはちょっと雰囲気が違います。



こんな感じの見事なサンゴが連なります。



これ自体は見応えあるのですが、
それ以外は特に見所が無いのでポイントには使っていませんが
もし行きたい方がいればもちろんご案内いたします。



ご希望の方は「ブログに出ていたドイツ村沖のポイント」と言って頂ければ…


***************************


さて、続けて行ったのはウミガメのポイント。



大きめのカメと、それよりも小型のカメが絡んでいたのですが
何を思ったのか?こんな感じに↓(笑)



何百匹もカメを見ていますが、こんなシーンは初めてでした。


ところで、カメのオスとメスは尻尾などで見分けるのですが、
多分今日の2匹はオスとメス。
(自分にはまだ難しいので、あくまでも多分です)



↑こっちがオスで ↓こっちがメス・・・ではないかと?



違っていたらスイマセン(笑)




この海をガイドします
清水万次郎商店 宮古島シュノーケリングガイド

急げ!

January 16 [Fri], 2015, 20:00
雲のち晴 16-20℃ 北風 月齢25.1 若潮 水温22℃ 流れW→E
ドイツ村沖 15時満潮148cm 波高0.7外洋2m 透明度25m

午前中は厚い雲で、海へ行くのは止めていましたが…



午後になって良く晴れてきたので急いで海へ。



南の海は「やや」波が高めでした。
ドイツ村沖の外洋を目指しましたがリーフの外は
結構波も流れもあり、引き返してリーフ内だけで。



今日はちょっと透明度が落ちている気がしましたが
それでも十分綺麗ですね。



とくに言うことはございません。



明日は、さらに波が高まりそうです。



では!



この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

イイことはあるものだ

December 21 [Sun], 2014, 16:30
雲のち晴 16-20℃ 北風 月齢28.6 中潮 水温21-23℃
上野博愛漁港沖 10時下げ111cm 波高0.2(外洋1)m 透明度30m 流れE→W

午前中は雲多めでしたが午後はマアマア晴れてくれました。
晴れると分かっていれば午後にしましたが・・・



午前中こんな天気の中を上野博愛漁港へ。



なにかいいもの無いか?いいポイントは無いか?



当てが外れたので・・・漁港を出て沖のほうへ。
水中展望船がすぐ近くを通ります。



ずーっと沖へ出てリーフのほうまで行けば
サンゴはかなり綺麗です。



でも遠いですからね。
今日は2〜3kmは泳いだと思います。



でかいマダラトビエイがすぐそばまで来て旋回してくれました。
ゆったり泳ぐその姿は、威厳とか貫禄とか風格といったことを感じます



触ろうと思えば触れる距離です。

エキジットはわいわいビーチへ。
岸に近づくと水温が2℃ほど冷たかったです。



ほとんどの場合・・・多分90%くらい?
海へ行くと、なんらかの収穫(いいこと)はあります。



この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

ゆっくりの意味

June 28 [Sat], 2014, 20:00
晴 28-33℃ 南の風 月齢0.8 大潮 14時最干22cm
ドイツ村沖 流れW→E 波高0.1(外洋1)m 水温30℃ 透明度25m

(6/28その2 午前中の分はこちら

素晴らしい夏晴れ、肌はジリジリ焼けてきます。
熱中症には本気で気をつけないと・・・。

南の海は徐々に静かになってきています。



午後は悩み多き女性。
潮が引いた時間を狙ってここで講習をすることに。



当初素潜りを教えて欲しいと言っていたのですが
上手く泳げないというので基本から行うことに。

シュノーケリングは泳ぐ感覚ではありません。
浮く感覚です。

泳ごうとしたらいけないんです。

そして呼吸も動作もとにかくゆっくり。
皆さんこれができてない人が多いです。

この辺を直すと、あら不思議。
1kmでも2kmでも平気で泳げちゃう。



それと、足ヒレの使いかたも一緒に研究。



さらにこんな綺麗な珊瑚礁を泳ぐときの注意事項や
立ち上がり方など、諸々を3時間たっぷり。



いままでライフジャケットに頼り切って泳いで
呼吸も気持ちも余裕がなくて、あまり楽しめなかったそうです。

実際に沖のほうまで出てみましたが・・・
あ、もちろんライフジャケットなんかつけさせません!

それでも平気で1kmくらい泳いできました。



「今までで一番楽しめました!」
そして、こんなに泳いだのに呼吸も全く乱れていない。
サカナもサンゴも良く見れたそうです。

それに今日の海はホント素晴らしかったです。
透明度も良く、この強い陽射しで
「海ってこんなに明るいのか!」と驚くくらいでした。

これから10日滞在予定で、初日にこんなに
綺麗な海を見せたらいけなかったかも(笑)

ではまた!



この海をガイドします
清水万次郎商店 宮古島シュノーケリングガイド
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30