穴の中は覗くに限る(笑)

May 15 [Fri], 2015, 17:30
晴 25-29℃ 南風 月齢26.3 中潮 水温25℃
サバウツガー(伊良部)外洋 10時下げ40cm 波高0.3m 透明度25m 流れS→N

今日は沖縄返還の日。
南風が続いていますが、天気は最高に良くなっています。
静かな海を求めて今日は伊良部大橋を渡りました。



北側へ行こうと思っていましたが佐良浜のサバウツガーへ寄り道。
(ガー とは宮古で井戸とか泉という意味です)



高台から海を眺めるとそこにはかなり魅力的な景色が!



この辺りは風の影響も無く海もベタ凪です。
階段を下りて井戸のところからエントリーしました。

(井戸から入ったわけではありませんよ〜(笑))



この辺で入るのは初ですが、残念ながらサンゴは
ほとんどがかなり前に死んでしまったようです。



これらのサンゴが生きていた時は、
きっと壮大な景色だったのではないでしょうか?



ちょっと足を延ばして有名な「青の洞窟」も行ってみましたが・・・



やはりね・・・・。

正直なところサイパンのグロットを知っている自分にとっては
あまり魅力は感じませんでした。



せっかくですからこの辺りを2時間ほど掛けて周りましたが
大きな発見はナシ。

そーいえば、今日はイセエビを見つけましたよ!
穴の中は覗くものですね(笑)



ゴシキエビはよく見ますが、イセエビは宮古では初めてかな?



心配していた台風7号は宮古島方面には来ないようでホッとしていますが
今夜サイパン〜ロタ付近を通るようです。
被害の少ないことを祈っています。

宮古は明日も良い天気の見込みです。



この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド


空いていれば当日も朝7時から電話受付けしています!
空き状況の確認はこちらです。

シュノーケリングに必要なもの

May 09 [Sat], 2015, 21:30
晴 25-30℃ 南風 月齢20.3 中潮 水温26-27℃
@(伊良部島)白鳥崎 10時満潮155cm 波高0.4m 透明度15m 流れW→E

今日も1日良い天気でした。
梅雨はどこへ?という感じですが、明日以降は分かりませんね。

今日は宮古島ではありません。



伊良部大橋を渡って白鳥崎へ。
現地に着いて気がついたのですが・・・忘れ物です。



じつは昨日シュノーケルを分解してキレイにしていたんですが
マスクに取り付けるのを忘れていました。
今日はシュノーケル無しでシュノーケリングです(笑)



白鳥崎はまだ10回くらいしか来ていないので
今日は詳しく調査のつもりでしたが、ちょっと辛い(笑)



意外と流れも波もあったのです。
不本意ながら30分ほどで止めました。

いつもは当たり前に使っているシュノーケル。
そのありがたみを身をもって感じました。

帰りに寄ったのは「中ノ島」↓



南西の風でしたからここはそんなに静かではありませんでしたが
シュノーケリングに来てる方は20〜30名くらい。
他でやればいいのに・・・。

そして南側は、更に波は高めでした。



一旦帰宅しましたが、せっかく遠出したのにすぐ帰ってきて
どうも「消化不良気味」。とりあえずお昼を食べて・・・


晴 25-30℃ 南風 月齢20.3 中潮 水温26-27℃
A(宮古島)宮国 15時下げ161cm 波高0.1m 透明度30m 流れE→W

天気はいい状態が続いています。
潮は引いてきたので、再び家から5分くらいの近くの海へ。



外洋は結構波がありそうですがインリーフは問題ありません。



水温も27℃もありました。
ウエットスーツは、自分としては今年初めて3ミリで。



かなりの寒がりの自分でも1時間全く寒いと感じませんでした。



上がる直前にブダイの群れが!



明日後半から台風6号の影響が出てきそうです。
明日は海へ入れるのかな?


台風通過時は停電の可能性があります。
停電になった場合はHP更新とメール対応が出来ません。
急用の方は携帯090-1704-4358へご連絡願います。
状況は出来る限りFBページにUPいたします。



この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド


空いていれば当日も朝7時から電話受付けしています!
空き状況の確認はこちらです。

フナウサギバナタの海へ

February 21 [Sat], 2015, 18:30
晴時々雲 15-23℃ 南風 月齢2.1 中潮 水温20℃
フナウサギバナタ 11時下げ134cm 波高0.7m 透明度20m 流れなし

午前中やや雲の多い時間帯もありましたが概ね快晴。
ダイビングボートが競うように北へ向かって飛んでいきます。



今日は伊良部島です!
サシバを象ったフナウサギバナタ付近の海へ。



かっこいい、スゴイ、気持ち悪い、でかい・・・
多分人それぞれ、いろんな感想ではないかと(笑)



上から見る海は素晴らしい色です。
しかしそこを流れる多くのゴミに気がつく人は、まず居ないでしょう。



入ってすぐ感じたのは、水温が冷たい。流れがある。



流れに向かうようなコースで泳ぎますが
大小のゴミが次から次へと流れてきます。



ペットボトル(日本語) 農業用の何かの袋(日本語)
丸太のようなもの、漂流中のブイ などなどいろいろ。



最後にプラスティク製のパレットのようなものも来ました。



1時間でカメは6匹見ましたが、オニヒトデも3匹。



いまのところ、残念ながら「これ」といって大きな感動が無い。
綺麗なサンゴも少ない。

突然イワシの稚魚の大群に出会い、少し感動。



初めてのポイントなので「何が現われるか分からない」
という点では非常に面白いのですが・・・

浅いところが多かったですが、深い砂地が出てきました。



この辺りの砂地は美しい。
太陽の陽射しが入って、なお美しく感じます。



そんな中ゴマモンガラらしき大きな魚が漂っているのを見つけました。



色がちょっと違うので調べたらキヘリモンガラのようです。
自分にとっては、多分初めて見たサカナです。

今日はもっと熱く(暑く)なると思っていたのですが、天気も海も
それほどではありませんでした。期待しすぎたかな(笑)


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

しらとりざき

February 15 [Sun], 2015, 19:00
晴 15-23℃ 南東風 月齢25.6 中潮 水温21℃
白鳥崎 10時干潮81cm 波高外洋0.5m 透明度25m 流れなし

今日は南寄りの風がやや強め・・・ということで北のポイントへ!
↓小さく写っているのは、1/31に開通した伊良部大橋ですよー。



橋が開通してからは、気軽に伊良部の北ポイントへも行けるので
かなり幅が広がった感じがします。

北といえば池間島があるのですが、ハッキリ言って
シュノーケリングでいいと思うポイントがないので・・・。



佐良浜から東海岸を通って最北端の白鳥崎へ。
すでにダイビングボートがたくさん集結していますね!
風は陸からで海は非常に静かです。



ダイバーはたくさんいるけどシュノーケラーは自分だけ。
まずは外洋へ出ることにします。



この辺はサイパンのウイングビーチに良く似たイメージです。
と言ってもよく分からないでしょうけど、以前住んでいたサイパンで
自分が一番気に入っていたポイントです。

↑ナンヨウハギと↓アカモンガラがいっぱい居るところなんか特に。



アカモンガラはこの写真では全く分からないと思いますが
体は黒っぽいですが歯が赤いんです。

興味ある人は画像検索(アカモンガラ)で確認してみてください。

後半はリーフ内へ。



↑ここは、イバラカンザシの宝庫ですね。
↓そしてかなり小さなサザエが多かったです。



そして、久々にタコと遊んでしまいました。
小さめのタコを捕まえて、腕に絡んだ写真を撮っていたら



墨をびゅっ、びゅっって感じで吐いて見事に逃げられました(笑)



2時間ほど「調査」して快晴の大橋を渡って帰って来ました。



伊良部島のポイントはこれからもどんどん行きたいと思います。
ではまた!


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド

1年半ぶりの伊良部島・下地島

February 03 [Tue], 2015, 18:00
雲時々雨 16-20℃ 北東風 月齢13.6 大潮 水温20℃ 流れなし
下地島 10時下げ110cm 波高0.2(外洋1.5)m 透明度25m

少し晴れ間が出たましたが、相変わらずほとんど雲だらけの1日でした。

1/31の開通から4日目になりましたが、伊良部大橋渡ってきました。
9時頃でしたが車は途切れることなく次から次へと来てました。



やはり、この橋は車を運転しながらも良く景色が見えました。
来間大橋や池間大橋は橋の欄干が邪魔なのです。



橋の手前の電光掲示板、一瞬壊れたのかと思いましたが
よく見たら橋を描いているんですね(笑)

車を運転しながら見るものですから、自分のように
「物分りが悪いヤツ」は見入っちゃうので危険…って思いました。



さて、自分が伊良部に渡ったのはおととしの夏フェリーで。
時間もお金も掛かるのでそれ以来行ってませんでした。
(普通車のフェリー代は往復3,000円チョイ)



今日は北東の風ですから、島の北側は荒れています。
西側と南側は静かです。



有名なポイント「中ノ島」は人がいました。



そして自分は人のいない良さそうなポイントを探して移動。



静かな入り江です。外洋も問題なさそう。



入ると「クマノミ城」がたくさんありました。



リーフ内のサンゴはまあまあ。



ところどころ綺麗なものがありますが
感動するまでのポイントではありません。



外洋は下地島らしく「穴」が多いポイントのようです。
ダイビングボートも来ていました。

自分としては伊良部島は未開拓地ですが、これから機会をみて
好みのポイントを探してみたいと思っています。


この海をガイドします
清水万次郎商店
宮古島シュノーケリングガイド
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31