桜島降灰ロードB

January 21 [Mon], 2019, 12:12
 バスははっきり見える。
 バスの後ろは・・・朧(おぼろ)に霞んで見え‥いや、煙幕を張ったように何も見えない!
 
 「捲土重来(けんどちょうらい)」という故事成語を習った。
 「土を捲き上げ、再び攻め寄せる」

 「土を捲き上げ、って。そんな大袈裟な」
 、と思ったものだが、砂利道を隊列をつくり歩調を合わせて歩くと、「ザッザッ」という音と共にいつの間にか頭の高さ以上の土埃を立てて歩いているのが分かる。あとで服や靴を見ると、土埃で真っ白になっている。
 「大軍が攻め寄せて来るのは一時間以上前から分かる」
 というのは、まんざら誇張ではないみたいだ。

 「重来」、じゃなくって一度だけだが、あのバス、屋根より高く火山灰を捲き上げて走って来る。
 ゾッとしたのはバスの姿の背景が煙幕を張ったような薄黒い靄(もや)に隠され、全く見えないこと。
 これって、もしかしたら火山灰の中で、向こうが見えないってことか?今、桜島の降灰はそんなに酷いのか?

 鹿児島の街でひどい降灰に遭った。まるで夕立だった。百メートル先が見えなかった。
 「雨よりマシ。濡れないから」?
 とんでもない。息も迂闊にできない。口の中がザラザラする。目に火山灰が入ると痛くてたまらない。夏、汗をかいているから服にも体にも灰が付着して真っ黒になる。洗っても簡単には落ちない。

 
 今、正面からやって来るバスの向こう側は、その時と同じく夕立のように火山灰が降っているのか?それとも・・・。
 バスが火山灰を捲き上げているのだ!それが証拠に、空は青い。辺りの景色は相変わらず美しい。バスだけが火山灰の煙幕を従えて、近づいてくる。


 「まずい!何も見えなくなる!」
 、と思った辺りでバスと擦れ違った。予想通りだった。
 その瞬間、当たりの景色は灰色に霞んで濃い霧の中を走っているような状態になった。
 霧と違うのは、確かに捲き上げられた火山灰が「サーッ」というような音を立ててヘルメットやジャケットに当たること。

 足元が見えない。見えないからと言って慌ててブレーキを掛けたりすればスリップし、転倒する。
 慌てちゃいけない。快晴だ、能く整備された道だ、まっすぐ走ればいい、路面を見ようとするな、信じて走れ。

 火山灰は重い。捲き上げられてもすぐ落ちる。
 走り続けると、十秒も経たずに辺りが明るくなった。何も見えなかったのは、ほんの数秒だったろう。
 煙幕のような火山灰の霧が晴れる。
 何事もなかったかのように、うっすらと黒い火山灰に覆われた道が続く。



 確か、この後、二度、同じような目に遭ったが、もう安心。心の準備はできた。
 擦れ違う瞬間に大きく息を吸って止める。
 目を皿のように見開く。
 15〜30秒かけて息を吐く。

 吐き終わった頃には元通りの快晴になっている。

 さあ、桜島に着く。


 (またまた続く)
  • URL:https://yaplog.jp/mitsugiri/archive/127
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:三切(みつぎり)
読者になる
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像三切(みつぎり)
» まじめですよ (2019年02月01日)
アイコン画像楽さん
» まじめですよ (2019年02月01日)
アイコン画像三切(みつぎり)
» もう五日 (2019年01月06日)
アイコン画像楽さん
» もう五日 (2019年01月06日)
アイコン画像三切
» 今朝の腰痛 (2019年01月04日)
アイコン画像楽さん
» 今朝の腰痛 (2019年01月04日)
アイコン画像三切(みつぎり)
» 大晦日 (2018年12月31日)
アイコン画像楽仙堂
» 大晦日 (2018年12月31日)
アイコン画像三切
» 緊急時の通勤バイク (2018年11月21日)
アイコン画像楽さん
» 緊急時の通勤バイク (2018年11月21日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/mitsugiri/index1_0.rdf