被災地から被災地へ・・・

September 30 [Tue], 2014, 19:48
8月20日未明「広島土砂災害」が発生し「74名」もの方々が犠牲となられ、甚大な災害となりました。
直ぐに大勢の東日本大震災被災者(仮設住宅にお住まいの方々・他)から「広島の被災者へ支援をしたい」とのお申し出が相次ぎました。
大半の方が今現在の生活が大変で、将来のの見通しが立たないのに
心のこもった義援金を直ぐに被災者へお届けするためには「被災地の町内会」へ直接お届けするのが一番の方法
9月中旬、6カ所の「土砂災害被災町内会」と繋がりました
直ぐに仙台市内の仮設住宅自治会から多額の義援金をお預かりしました

仮設住宅のBBQ会場でも「募金箱」が

お預かりする度に目頭が熱くなりました

私が義援金の呼びかけをしたのは「広瀬川倶楽部会員」だけ
11カ所の仮設住宅・7団体・個人(16名)もの方々から僅か2週間で「1,288,881円」もの義援金を託されたのです

新聞記事〜9月19日

September 19 [Fri], 2014, 23:05
「河北新報・中国新聞」に同時掲載されました。
東日本大震災以降、あれほど支援して頂いた広島で激甚災害が発生した!
広島土砂災害が発生すると同時に、方々の仮設住宅・個人の方々から・・・「広島は大丈夫か?」・「坂上さんが窓口になって何か必要なものが有れば直ぐに教えてくれ!」・「お見舞金を送りたい!」・・・
東日本大震災被災者の方々は、今現在の生活も厳しく、これから先、不安だらけの中、大勢の方々から心のこもった申し出を頂戴しており、胸が熱くなります。
私の支援活動が「支援者・被災者」双方の大勢の方々の役に立っていることを感じさせて頂いた瞬間でもあります。

第16回BBQ大会〜高砂1丁目公園仮設住宅・・・9月14日

September 14 [Sun], 2014, 19:26
9月14日、快晴の秋空の下、「高砂1丁目公園仮設住宅」で40名もの方々が参加しての「第16回BBQ大会」を賑やかに開催

今回も凄いご馳走のオンパレードに参加者一同「大歓声」が

今回のサプライズは「御マツタケ様」ダー

会場には「広島土砂災害支援募金箱」も置かれてる

準備が整ったところで「浅見健一さん」の乾杯の発声で「日本一の大BBQ大会」がスタート

前掛け姿の仕事人二人
美味しいご馳走を食べ、美味しいお酒の心地よくなった頃合いを見計らい「杜の都の笑楽隊」が登場
先ずは「平等風さん」の「メオのシラナミ口上(?)でスタート

「バルーンさとちゃん」

「IKB三恵ちゃん」は全員を踊らせる名人

「リーフぬかちゃん」のギターに合わせて全員で合唱

「千城あつしさん」は皆さんとすっかり親しくなり仮設住宅の住人に認定された
突然やって来た「裕子ちゃん」 皆さん、遅くなりましたが「3種類のケーキ」を焼いてきましたので召し上がって下さいねー

「ゴミBOX」も大活躍

「千城さん」が持参して下さった「カラオケ」でマタマタ大盛り上がり

皆さんに大心底喜んで頂けた「大BBQ大会」は15時を回るころ「小野寺淳一さん」の中締めで無事終了
「集会所」でのエンドレスの二次会がスタートしたのです

自分で家を建てられる方、復興公営住宅へ入居される方・・・段々と仮設住宅居住者は少なくなってきています。東日本大震災から既に3年半が過ぎました。一日も早く「仮設住宅」が空っぽになることを切に願っています。

杜の都の笑楽隊公演〜9月13日

September 13 [Sat], 2014, 22:09

「ひろしま童謡愛好会」〜津波被災地視察&コンサート・・・9月2〜3日

September 04 [Thu], 2014, 22:30
「高田幸子さん(ひろしま童謡愛好会代表)」から「童謡で東日本大震災被災者の方々を励ましに行きたい」との連絡を頂いたのは1年前でした。
諸準備が整って間もなくの8月20日未明「広島土砂災害」が発生し心配しましたが、14名で元気にお越し下さり、2日間3カ所でのコンサートは、仮設住宅の方々に大喜びして頂きました
先ずご案内した津波被災地視察先は「閖上」

慰霊碑でも犠牲者のご冥福をお祈りし手を合わせて頂きました

「メイプル館」では食事の前に「若山陽子さん」から震災時の様子、復興の現状を微細にわたって説明してくださいました。

昼食は「閖上浜の心活(こころいき)魚亭 浜や」の刺身定食

昼食後は津波のビデオを見ながら、再び「若山さん」が貴重なお話をして下さいました

仙台市へ移動し「蒲生慰霊塔」の前で「佐藤政信さん(語り部)」に震災当時の様子をお話頂きました。



日本一低い山「日和山」に全員無事に登頂し記念撮影

「高砂1丁目公園仮設住宅」では「自治会長:佐藤政信さん」から案内して頂き、部屋の中まで見せて下さいました。

いよいよ集会所で第1回目のコンサート
歌は全て「童謡」なので、仮設住宅の皆さんも一緒に歌える懐かしい歌ばかり

「高田さん」が1曲ごとに丁寧に解説される「作詞家・作曲家・時代背景」等はとっても新鮮







今回は「杜の都の笑楽隊」も共演
広島市出身の「伊藤吼心さん」の詩吟

「千城あつしさん」も

「沢めぐみさん」も



童謡愛好会の皆さんと仮設住宅の方々との話も弾みました

夜は仙台名物「牛タン」のリクエストが
勿論お店は「牛タン一福」です

3日午前中は「仙台港背後地六号公園仮設住宅」

大勢の方々が集まって下さいました



今日も「杜の都の笑楽隊」のメンバーが共演
「オカリナあっちゃん」は広島市出身

「リーフぬかちゃん」のギターで大合唱

「青葉亭福助さん」の落語で大爆笑

「沢めぐみさん」は二日間連続で出演



「佐藤修一自治会長」からお礼の言葉

仮設住宅の方々と一緒にお弁当を食べながら交流を図って頂きました



「鶴巻1丁目公園仮設住宅」

今回の最後のコンサート会場も大勢の方々が集まって下さいました

全員で大合唱



車の都合で残念ながら「4名」だけ、大川小学校へご案内させて頂き、今日も「高橋照雄さん」が仕事の合間に駆けつけて説明して下さいました









被災された方の「辛い心情」は十分に分かりますが、何とか「世界に一つしかない津波遺構」として保存して頂いたいと願っています

「浜人(はまんと)」
日本一美味しい「ワカメ」の紹介は「阿部浩さん」

広島へのお土産に沢山お買いいただきました

コンサート終了後は「鳴子温泉・農民の家」に宿泊
私のコーディネートはこれにて終了

この後、一行は「サトウハチロー記念館・宮沢賢治記念館・石川啄木記念館・渋民公園・渋民小学校・浜辺の歌音楽館・成田為三墓参・・・4泊5日という強行日程でしたが、無事に広島へお帰りになりました