仮設住宅〜健康応援

March 28 [Thu], 2013, 12:25

《仮設住宅〜健康応援》
大震災以降、被災者の方々は、大変な「ストレス」を抱えながらの毎日です。
3月27日(水)『レルテック医療器梶@代表取締役 島田豊慈様』に、3カ所の仮設住宅で「薬」のお話を中心に「健康応援」させて頂きました。
ストレス→血流悪化→低体温→免疫力の低下→病気に罹りやすい
自分のペースで散歩・ストレッチを
大声で笑ったり、悲しいときは泣いたり、友人とのおしゃべり、カラオケ・・・
温めのお風呂にゆっくりと
その他、誰にも分かりやすく色んなお話をして下さいました

【岡田西町公園仮設住宅】

【扇町1丁目公園仮設住宅】





【高砂1丁目公園仮設住宅】


【レルテック医療器梶z〜香川県坂出市川津町3347
「潟Gフ・ディ・エヌ」〜レルテック医療器販売代理店(仙台市若林区卸町東2−2−27)
レルテックは自社で研究した還元電子技術に基づく製品を開発し製造販売する会社です。
レルテック(RELTEC)は還元電子技術(※)の英訳である
Reducing Electron Technology を略し名称化したものです。
※ 「還元電子」の通称は「マイナスイオン」,一般に「ネガティブイオン」とよばれています。弊社はネガティブイオンの作用の本質と想定される電子の還元力(抗酸化力)に着目し,還元電子とよんでいます。

情報交換&懇親会

March 26 [Tue], 2013, 10:08
《下花さんご夫妻を囲んで情報交換&懇親会》
東日本大震災以降の支援活動で 私は【大勢の素晴らしい方々との出会い】をプレゼントして頂きました
今回、突然、広島からお越しになった『下花さんご夫妻』は、2011年10月、中国新聞での私の「支援物資の呼びかけ記事」をご覧になって連絡下さいました

『浅見健一さん』は支援物資のやり取りを通して
『勝井 徹さん』は『下花さん』のご紹介
『吉田瑞生さん』は多賀城市の私の窓口的な有り難い方
全員、大震災後に知り合い、大変親しくお付き合いさせて頂いている方ばかり
食事だけで帰るつもりが・・・『吉田さん』と『菊池健一さん(「ふれ愛」オーナー:広瀬川倶楽部会員)』が親友だと聞き、全員で急きょ「ふれ愛」で二次会

時が経つのを忘れて盛り上がり、零時を回るころお開きになったような・・・

第7回BBQ大会

March 26 [Tue], 2013, 6:40
《第7回BBQ大会》〜高砂1丁目公園仮設住宅
気温は低めでも快晴・微風の3月23日(土)、恒例となった2カ月ごとの「高砂BBQ大会」を開催
今回も『下花さん(広島県東広島市)』から、大量に届いた超豪華メニュー〜殻つき牡蠣・茹蛸・鹿児島地鶏・牛肉・天日干魚・広島おでん・焼きそばセット・富久長(東広島市安芸津町)のお酒・清見オレンジ・金持本舗ワイン・・・
そして、秘密厳守のサプライズ「絶品松葉ガニ」
「カイドウ」まで送られて来た

BBQ準備中〜100m先、歩いてくる2人の姿が写真に写っていた
『サカウエさ〜ん』の声に振り向くと、そこに『下花さんご夫妻』が 
皆さんが楽しんでいらっしゃる様子を直接見たくなり、ビックリさせたくて新幹線で広島からやって来たよ
思わずお二人の「足」を触りました私、目頭が熱くなりました
お二人は「ウルトラ サプライズ」だと言って大笑い

『佐藤自治会長・遠藤さん・小幡さん』とは、昨年11月、広島以来4か月半ぶりの再会

『佐藤自治会長』から開会の挨拶
私が『下花です』
様子が分からなかった住民の方はやっと状況が呑み込めて感謝の大歓声&拍手

『下花さん』を囲んで全員で
『浅見健一さん』の乾杯の発声で、いよいよスタート
今回の目玉・サプライズ巨大松葉ガニ
子供たちに「温かいおでん」は大好評

カニに夢中
安芸津産「特大牡蠣」
鹿児島地鶏


カットステーキ焼きそば
子供たちが腹いっぱいになった頃合いを見計らって『バルーン聡子さん』が登場
見事なバルーンアートに大人も大喜び

スーパーサプライズの第7回BBQ大会は大盛り上がりで終了しました
大勢のの方々が参加、全員大満足で終了した後は、室内へ場所を移して・・・
副会長から『下花さん』へ謝意

再々度、乾杯


鶴巻公園仮設住宅の方々も加わり、更にヒートアップ

「オタフクソース叶蜻芍c業所」

March 22 [Fri], 2013, 19:25
《オタフクソース叶蜻芍c業所》〜仙台市宮城野区福室
本社が「広島市」という縁もあり、普段からお付き合いをさせて頂き、被災者への多大な支援もして頂いている「オタフクソース叶蜻芍c業所」から直ぐ近くに位置する「高砂1丁目公園仮設住宅」の皆さんに「広島お好み焼き」を召し上がって頂きたいと招待が有り、12名の方々が参加されました
研修ルーム入り口・・・歓迎の張り紙に皆さん大感激
『佐々木健一郎 東日本支社東京支店長』・『新井哲也 仙台営業所長』が笑顔で歓迎のご挨拶
な・な・何と「箸袋」までも 何と素晴らしい気配り なんと素晴らしい持て成し
素晴らしい社員の方々 素晴らしい会社

研修ルームには立派な「鉄板」が有り、社員の方が総出で「広島お好み焼き」を、皆さんの目の前で焼いて下さる


焼きあがりましたオタフクソースをたっぷりかけて出来上がり





幸せいっぱいお腹いっぱい大満足で食べ終わった後、全員で
皆様が笑顔で見送って下さる 被災者の皆様は心もお腹も満たされた幸せなひと時でした
オタフクソース鰍フ皆様、有難うございました

「せとか」

March 22 [Fri], 2013, 18:39
《せとか》
愛媛県松山市沖の「興居島」に住む友人の『小池俊就さん』がミカン農家を回って集めてくれた高給フルーツ「せとか」が大量に送られてきました

少しでも大勢の方々に召し上がって頂きたいと、3日間で仙台市内・名取市の17カ所の仮設住宅へお届けさせて頂きました
「せとか」〜初めて召し上がる方ばかり爽やかな香りと濃厚な味に皆さん大喜び












飛行機雲が残ると天気が崩れる・・・その通り、「せとか」を配り終えた翌日は

聖観音立像(仙台市若林区荒浜)

March 21 [Thu], 2013, 5:54
《聖観音立像》〜仙台市若林区荒浜
津波で大勢の方々が犠牲になられた「荒浜」に「聖観音立像」が建立され、3月11日、開眼供養が行われた



「貞山堀」
静かで平和な街が有った温かい家庭が有った

中野小学校区東日本大震災合同慰霊祭

March 20 [Wed], 2013, 18:10
《中野小学校区 東日本大震災合同慰霊祭》〜仙台市宮城野区
3月17日、合同慰霊祭の参列させて頂きました
中野地区は壊滅し、住民の方150数名会社関係の方150名合計300名以上もの方々が津波で犠牲になられた







天国のあの人へ復興への決意それぞれの思いをメッセージにして沢山の風船が放たれて慰霊祭は終了

中野地区の瓦礫保管所・・・何千台分の車のスクラップの山
中野小学校は解体決定 私は個人的には残念で仕方ない


家の基礎だけが悲しく残る荒涼とした中野地区


杜の都の笑楽隊〜3月公演

March 20 [Wed], 2013, 16:55
《杜の都の笑楽隊〜3月公演》
3月16日(土)新しいメンバーが加わり「笑楽隊」公演急にジャンルが広がりました
出演者が楽しみながら演じないと、皆様に心から楽しんで頂けない
【岡田西町公園仮設住宅】〜31カ所目

司会進行の私も少しばかり変装用小道具を

初登場戦時替え歌保存会〜『松野洋子・糠村弘憲』
『スワン高橋』〜フルート演奏

宮沢賢治の詩朗読人『平 等風』
『笑旭斎荒町姫』〜マジック

初登場『伊藤吼心』〜詩吟(吼山流詩吟道)
『笑旭斎荒町姫』〜さてさてさては南京玉すだれ

初登場『バルーン聡ちゃん』のバルーンアート
お孫さんへお土産
初登場『青葉亭福助』〜落語

大勢の方々に大笑いして頂き大成功全員で
【七郷中央公園仮設住宅】〜32カ所目
午後の部ともなると出演者も口が滑らかノリノリ














「アクション311」

March 16 [Sat], 2013, 18:52

《アクション311》・・・規約
1.目的:宮城県内を中心に東日本大震災による「津波被災者」を、下記活動を通して幅広く支援する。
    @各種支援物資の呼びかけ
    A「杜の都の笑楽隊」公演
    B「健康応援」
    C被災地から要請が有るもの
    Dその他

2.名称:「アクション311」とする。

3.所在地:仙台市泉区八乙女中央1−1−17−801 「坂上 満」自宅に置く

4.会員:当会の趣旨に賛同し、支援活動に参加できる者とする。

5.この会には次の役員を置く。
    代表    1名   「坂上 満」
    副代表   1名   「八代世志雄」
    会計    1名   「高橋綾佑子」
    会計監査 1名   「田中 進」(税理士)
    役員    6名   「木村正隆」・「熊谷和彦」・「今野広元」・「佐藤良弘」・「高橋義彦」・「成 泰三」

6.役員の任期:1年とし、再任を妨げない。

7.運営:年1回(4月)役員会を開催し、活動報告・会計報告・他を議題とし、出席者の過半数の同意をもって承認・決定する。

8.会計年度:4月1日〜3月31日とする。

9.活動費用:幅広く「寄付金〜一口1,000円以上」を募り、津波被災者支援活動費用全般に充てる。

10.金融機関(振込先):
    *「ゆうちょ銀行」
    *普通預金
    *口座名:「アクション311(サンイチイチ)」
    *店名:「八一八(ハチイチハチ)」
    *店番:「818」
    *口座番号:2661329

あの大震災から2年が経ちました

March 15 [Fri], 2013, 13:19

《あの東日本大震災から2年が経ちました》
東日本大震災の地震で私自身もそれなりの被災はしましたが、運よく怪我もせず生活に基盤を失うことも有りませんでした。
しかし、10K先の沿岸部は壊滅し大勢の方々が津波の犠牲になられ、想像を絶する地獄絵図が・・・
私は運が良かったことに感謝し、震災直後から「広瀬川倶楽部発」で、無我夢中で全国の知人を通して「津波被災者」への各種支援の「SOS」を発信し続けながら、被災地を頻繁に訪ね、被災者の方々と身近に接しながら今日まで支援活動に当たらせて頂いています。
行政の関係者でも無く、各種団体とも無関係の「一個人」の私へ、これまでに全国の見ず知らずの方々を含めて、実に大勢の方々が私に各種支援を託してくださいました。
これほどまでに大勢の方々から、これほどまでの様々な支援を託して頂けるとは 私の支援活動がこれほど長期にわたるとは 全く想像できませんでした
節目の2年が過ぎました。感謝の意味を込めて、これまでの支援活動をまとめて報告させて頂きます。

《東日本大震災から2年間の私「坂上満」の支援活動集約》
1.私が支援活動に携わった日数〜500日以上
2.主な支援活動
@「各種支援物資」の呼びかけ・・・これまでに、全国の【1,500名以上】もの方々から【20,000箱(普通サイズダンボール換算)】もの支援物資が被災地へ送られています
A「支援金」・・・被災地の仮設住宅・町内会へ【1,063千円】の現金支援(振り込み)
B「杜の都の笑楽隊」・・・2012年2月発足以来、【30か所の仮設住宅】で公演(2月末現在、27名のスタッフが参加登録)
C「各種健康応援」・・・2012年5月「わくわーくシニア(福岡県太宰府市)」から託された【ダーツ】〜19カ所の仮設住宅で開催
D被災地での各種イベント協力
F全国からお越し頂く「視察・ボランティア」のご案内
3.支援エリア・・・仮設住宅・町内会等、40カ所以上
気仙沼市・南三陸町・石巻市・東松島市・塩釜市・多賀城市・仙台市・岩沼市・名取市・亘理町・山元町・新地町(福島県相馬郡)・他
4.マスコミ報道・・・お蔭で支援の輪が広がりました
中国新聞(8回)・NHK広島「お好みワイド」・RCC中国放送(ラジオ)・他

《今後の支援活動》
私は「仮設住宅」が無くなるまで、従来の支援活動を継続します
【アクション311】発足
「杜の都の笑楽隊」のメンバー中心に発足・活動します