4月24日(火)昼〜夜の部

April 30 [Mon], 2012, 18:35
《佐藤哲敏さん》
太平洋・仙台空港まで数百メートル、名取市下増田西経塚で農業をされている「佐藤哲敏さん(町内会長)」は私と同じ昭和21年生まれ

津波は1階天井の上まで来たけど、直撃は免れて家は流されなかった広島県の方から我家へ届いた支援物資をお持ちさせて頂きました

空港回りのガレキはすっかり片付けられたものの・・・







「経の塚古墳」〜不思議なことにこの社は流されなかった

《三浦利昭さん》名取市小塚原
町内会長の「三浦さん」宅へも支援物資をお届けさせて頂きました

「ピンクの花のたんぽぽ」は栄養たっぷりで逞しく育ち、つぼみも沢山つけて居り楽しみ

名取市は「セリ」の産地 カッコウが鳴き出す頃になると茎が固くなるそうで、今は食べごろ 持って帰るかいのお言葉に甘えて・・・

刈り取った「セリ」を、急遽近所の方も一緒にごみ取り恐縮

「三浦利昭さん」は洗い担当 高価な「セリ」を大量に頂戴し、仲間にもおすそ分けさせて頂きました我が家は「セリ鍋(鴨肉入り)」・「味噌汁の具」・「オヒタシ」・・・最高

夜の部
数年前に私の「目まい」を3分間で治していただいた『三好彰先生(三好耳鼻咽喉科クリニック)』主催の「キリンビールを飲む会(毎月1回開催)」に出席

満開の花」に囲まれて

福岡県からダーツ指導ボランティア5人

April 26 [Thu], 2012, 7:26
《福岡県からダーツ指導ボランティア》
仮設住宅の方々に「ダーツ」を楽しんで元気になって頂きたいと、4月20日(金)、福岡県太宰府市から「NPO法人わくわーくシニア」の5人の方々がやって来て下さいました
何と「4泊5日」もの日程で6ヶ所の仮設住宅(21日〜国府多賀城駅南地区仮設住宅・多賀城公園野球場仮設住宅、22日〜宮城野区扇町4丁目公園仮設住宅・宮城野区扇町1丁目公園仮設住宅、23日〜名取市美田園第2仮設住宅・岩沼市里の杜仮設住宅)を回っての指導です


左から『本村博史理事長』・『太田剛理事』・『安永昌純理事』・『西郷光昭理事』・『本村和子事務局長』
5人の皆さんは『菅原道真公』のようにとっても優しく親切良い笑顔生き活きなさってる


わくわくときめきの気持ちを 元気が湧く日々を 何時までも元気でワークしよう
このダーツは色んなアイディアが詰まった優れもので、実用新案を取得されている


多賀城市社協復興支えあいセンター『嵯峨悦子さん』〜色んなイベントの窓口になっていただいている方、肥後の血を引く美くしい方


一通り説明が終り、イヨイヨ練習 ユニフォームは要らないしお金が掛からない 老若男女誰でも参加できる 室内で出来るので天気に関係なく楽しめる 笑い・大声(歓声)を出して一体感が出る 屈伸の運動になる 集中力を養える 暗算(足算・引算・掛算)をするので脳トレに良い・・・良いことづくめ

点数計算ソロバンも電卓もない掛算足算暗算


参加者全員が2時間ほど夢中になって楽しんだあと、福岡銘菓「石村萬盛堂 鶴乃子」・「明月堂 博多通りもん」を頂いてお茶っ子タイム

『太田剛さん』は「井村屋製菓外B」、私は「六甲バター外B」〜2ケ月前に突然連絡いただいて繋がった縁

『米澤まき子さん(多賀城市議会議員)』から【私の店「とんぼ」で食事を】との有難いрェ有り、全員で美味しい「カツ丼」をご馳走になりました

初日2ヶ所目・・・私は所用があり、ここで別の所へ

多賀城公園野球場の桜は3分咲き


6ヶ所でのダーツ指導は総勢100名以上の方々が参加され大喜びされました 福岡へお帰りになる24日朝、再び合流し、榴岡公園の満開のサクラをご覧いただき、「高砂1丁目公園仮設住宅」では『佐藤政信自治会長』から、津波の被災写真を見ながら悲惨な状況を説明していただきました。

福岡から持参された「ダーツセット3台」を私にお預けになりましたので、仙台市内の仮設住宅を私が指導(?)しながら順次回ることにし、1台はここ高砂1丁目公園仮設住宅集会所へ

6号公園仮設住宅集会所では「手作りアイロン台」などの教室開催中

『佐藤修一自治会長』に「ダーツ」を紹介
私は益々忙しくなりそう


この後、5人の方々を津波で壊滅した「蒲生地区」へご案内し、無事、福岡へお帰り頂きました。
何時か「福岡=宮城:ダーツ対抗戦」を企画して幅広い交流が出来ると良いですね

マッサージのボランティア

April 20 [Fri], 2012, 16:07
《マッサージのボランティア〜天使の笑顔
4月18日(水)、東京から【ハンドマッサージ3人組(東京⇔仙台〜2人は往復夜行バス:一人は新幹線)】がやって来ました 
津波被災地【閖上〜荒浜〜蒲生】を案内した後、仙台の2人も合流し、5人が2グループに別れて仙台市内の仮設住宅4ヶ所(鶴巻1丁目公園仮設住宅・高砂1丁目公園仮設住宅・6号公園仮設住宅・岡田西町公園仮設住宅)での総勢75名もの方々への施術となりました
大震災被災者の方々を一人20分ほど、色んな辛いお話を聞きながら施術をする5人の女性の「優しい天使の笑顔」は半端じゃーない 中山の観音様もビックリ


日本人離れした顔の『野口花琉実さん〜フィトセラピスト:アロマビューティーコンサルタント:フィトセラピーサロン店長・ソフィアフィトセラピーカレッジ講師・産業能率大学専任講師・埼玉女子短期大学専任講師・日本メディカルハーブ協会認定 グリーンフラスコ東京校、ハーバルセラピスト講師・ZEN呼吸法 コキュウアドバイザー』が窓口になって頂いて実現


『佐佐木景子さん〜鰍X9.99フォアナイン代表取締役:セラピー事業コンサルティング・セラピスト リクルーティングサポート・スパプログラムプロデュース』〜笑顔がこぼれ落ちそう

『藤原ゆみさん〜フィトセラピーサロン ソフィア』〜セラピストのモデルさんのようなナイスプロポーション

仙台の有名人『松木みさ子さん〜リフレクソロジスト』

来年は仙台の有名人に『佐々裕子さん〜セラピスト』



湯カイな足湯も登場

大勢の方々が四方山話をしながら順番待ち このようなボランティアも楽しみにしていらっしゃる



「高砂1丁目公園仮設住宅」

「鶴巻1丁目公園仮設住宅」は副自治会長の『鈴木さん(右)』がかいがいしくお世話をしてくださいました

仲間へ施術情報を流すと色んな方が手伝いを兼ねて見学にやってこられます
『多賀城市民生委員阿部聡子さん阿部敦子さん


『米澤まき子さん(多賀城市議会議員)』もお手伝いに





6号公園仮設住宅『佐藤修一自治会長』は素敵な女性の間で直立不動

私にも『はるみちゃん』にお願いした訳ではないんだけど・・・特に念入りに

『まきちゃん』も気持ちよさそう

「岡田西町公園仮設住宅」には『浅見健一さん(元、高砂市民センター館長)』も 素敵な女性に念入りにマッサージして貰い大満足

幾ら若くて美しいと言っても東京⇔仙台日帰り強行スケジュール 5時間あまりの施術が終り、私のイチオシのお店「牛タン 一福(国分町)」へ
絶品の牛タン料理オンパレード・・・味噌タン刺角煮煮込み牛タンサラダテールスープ漬物麦飯ビール日本酒


地元、仙台の「みさちゃん」も、こんな美味しい店 知らなかったと大喜び


仮設住宅の皆様にとっても喜んで頂き【東京から来て良かった 仲間に声を掛けて毎月来れるよう頑張りま〜す】との決意表明を残してお帰りになりました

私もとっても中身の濃い充実した一日を過ごし飲んだら乗るな「運転代行車」で帰ったんですが・・・運転手さんが車庫入れする際、ミラーを接触させて人でなくて良かった

牡鹿郡女川町(2012年4月16日)

April 19 [Thu], 2012, 22:39
《牡鹿郡女川町〜2012年4月16日》
昨年6月9日、女川へ支援物資を持参し壊滅してガレキに埋もれた街を目にして、余りの惨状にカメラを向けることが出来なかった
大震災から1年と1ヶ月余りが経ち、女川町立病院から見渡す女川はガレキが撤去された後、街の面影は何一つ無い 住家も人も生活の息吹も何にもない








津波で倒された鉄筋コンクリート3階建てのアパート



銀行

町立病院は海抜25m以上は有るでしょうが、病院の1Fが津波に襲われたようで・・・

山の斜面に書かれた「WE  女川」


後世まで津波の凄まじさを伝えるために、残して欲しい横倒しのビル


「女川に笑顔の花を咲かせましょう」

町立病院が津波避難場所だったけど・・・

女川町役場



ガレキの中に白菜(?)が1株・・・黄色の花が咲きそう ガンバレ








『中村雅俊さん』は女川町出身

「杜の都の笑楽隊」第3回公演

April 17 [Tue], 2012, 6:53
《杜の都の笑楽隊〜第3回公演》
やっと「春」の陽気になった4月15日(日)、仙台市内3ヶ所の仮設住宅集会所で「杜の都の笑楽隊〜第3回公演」を開催し、70名あまりの方々に【笑って楽しんで更に元気に】なって頂きました
隊員も20名を超えて、『皆にハロー氏』の力作「旗・幟」も出来上がり「学芸会」らしくステージが賑やかになってきました



@【扇町4丁目公園仮設住宅集会所】
今回初参加の『阿部敦子さん』はオカリナ奏者 
童謡のメドレーに合わせて皆様口ずさんでいらっしゃる


初参加の『鈴木光枝さん』はシャンソンを中心に歌い、童謡・唱歌を全員で合唱
『高橋嘉彦さん』も「フルート演奏」で初参加 某団体からの誘いを断って「笑楽隊」に志願入隊された奇特な方 おもしろフルート修業中と云う至って謙虚な方

すっかり「笑楽隊」の顔になった『平等風さん』の朗読 麦わら帽子の会宮沢賢治作品朗読人


今回初出演の『本田笑子(えみこ)さん』のステージ衣装は「天の羽衣風」 シンガーソングライターで杜の都に咲く花は 青葉ゆれる城を作詞作曲

旗・幟を作っていただいた『BIGスター看板男座長皆にハローさん』の衣装も全て自作 この方のステージは何時も大爆笑


A【仙台港背後地6号公園仮設住宅集会所】
「笑楽隊」一座のステージがこんなに立派に



参加された方も一緒に合唱





【笑楽隊はとっても面白いよ】の噂がドンドン広まり、随分大勢の方が参加して下さいました 主催する方も「遣り甲斐」を感じます

『皆にハロー師匠』の長編歌謡浪曲紙芝居決闘高田馬場は何処に行ってもバカウケ 参加者の方6名に師匠自作の小道具を持ち衣装を着て練り歩いていただく 最高に盛り上がります


アンコールにお応えしていたら、時間が大幅にオーバー 集合を撮る時間が無い

B【岡田西町公園仮設住宅集会所】
予定時間を20分も遅れて到着 大勢の方がお待ちくださって居ました
『二瓶誠治自治会長』から歓迎のご挨拶


幟は『高橋嘉彦さん』の自作で、バレリーナは愛妻だとか




「笑楽隊」の余りの人気にお巡りさんが3人も交通整理に

今日の3ヶ所での公演は、何と5時間にもなりました 大勢の方々に腹から笑って頂き、出演者は満足感と心地よい疲れ 

《落語組公演》写真提供は「天地家創造師匠」
岡田西町公園仮設住宅集会所から「老人会で何か楽しいイベントを」とのリクエストにお応えして、4月17日(火)「落語組」の二人が《笑いは任せなさ〜い》と出前寄席をして呉れ、30名あまりの方々に大笑いして頂きました

出し物は「鮑のし〜天地家創造師匠」「火炎太鼓〜親夜亭目ぼそ師匠」


第4回公演は5月27日(日)を予定しています 仮設住宅の皆様お楽しみに

そば打ちボランティア

April 16 [Mon], 2012, 9:36
《そば打ちボランティア》
4月14日(土)、広島県から「高砂1丁目公園仮設住宅」へそば打ちボランティアにお越しになるとの連絡があり、故郷懐かしさで駆けつけました


福山市在住の『三藤紘一さん(そば工房いまづや:今津そば打ちの会事務局)』一人でのそば打ちなので【1日60食】

「何故、福山から」とお聞きしたら、同志社大学OBで、大学時代の友人の『永原さん(仙台市在住)』を頼って来たとの事

大勢の方が集まられて集会所は3回転 大好評でした

私までご馳走になりました 三藤さん、お疲れ様でした

妙顕寺霊跡参拝団

April 12 [Thu], 2012, 22:00
《妙顕寺(広島県福山市)霊跡参拝団》
昨年7月初め、総勢6名で津波被災地でのボランティア(泥だし作業)にお越しになって以来、檀家の方々へ呼び掛けて頂き大量の支援物資をお送りいただいている「妙顕寺:赤星住職」と檀家の方々が、《みちのくの寺院を回り、被災地を視察するのも支援活動の一環》と、福山市から35名で貸切バスでお越しになりました
4月10日(火)、お参りされる「孝勝寺(宮城野区)」で待合せ


9日から急に気温が上がり、やっと「春」を実感する季節となりました 境内の早咲きの「梅」は6分咲き

福山〜中尊寺〜鳴子〜東松島市〜松島〜皆さん、とっても元気に仙台へ無事到着されました

今回も、檀家を中心に幅広く呼び掛けて下さり、大量の支援物資をお持ち下さり『赤星住職』から『佐藤政信さん(高砂1丁目公園仮設住宅自治会長)』・『下山正夫さん(鶴巻1丁目公園仮設住宅自治会長)』・『佐藤修一さん(六号公園仮設住宅自治会長』に、大量の支援物資を手渡して頂きました

『大田康二郎さん』は私と小中学校の同級生 昨年、この縁を作ってくれました

3人の自治会長から、被災当時の「蒲生地区」の様子 現在の仮設住宅での生活 今後・・・熱く語って頂き、参加者の方々は涙を流しながらお聞きになりました


『藤井和昭さん(みやぎ広島県人会会長)』は福山市出身 偶然にも高校時代の恩師が参加されていらっしゃりビックリ



福山市の皆様の優しいお言葉と温かいお気持ちに、私も目頭が熱くなってしまいました

本堂で開帳法要

全員で記念写真を撮って、会津若松市へ向かわれました

4月11日深夜、2600Kのバス旅行を終え、無事、福山市へお帰りになったようです