「中国新聞記事〜4月16日」A

April 28 [Thu], 2011, 7:22
≪中国新聞記事〜4月16日≫ A
※新聞記事をクリックすると拡大されます!

「広島県竹原市の皆様から」

April 28 [Thu], 2011, 7:20
≪広島県竹原市の皆様からの支援の輪が〜趣意書≫
※「趣意書」をクリックすると拡大されます!
私は竹原市出身、故郷を離れて47年になります!中国新聞記事をご覧になった竹原市の『末森康明さん』が発起人となり≪仙台で支援活動をしている竹原出身者を応援しよう≫との趣旨で、竹原市の大勢の方々へ幅広く支援協力を呼び掛けて下さいました。思いもよらない展開に、只々【感謝の気持ち】で一杯です

≪竹原市からの支援物資第1弾≫
竹原市の大勢の方々の優しく温かい支援物資≪スコップ100丁≫を「名取市・気仙沼市」へ各50丁送って頂きました。スコップの柄に貼られた≪広島県竹原市 市民より≫のシールには≪遠く離れた広島県からも皆が応援していますよ負けるな東北≫と云う強い励ましのメッセージが込められており、素晴らしい気配りに私もとっても嬉しくなりました

直ぐにスコップは被災されたお宅へ配られ、名取市小塚原の農家でボランティアの方々が竹原市から送られたスコップを使って40cmもあるヘドロの処理をしていました 海岸から3kのお宅の津波の高さはは2m余りも有ったそうです
農家のご主人(左手前)から≪竹原市の皆様に心より感謝しています元気を頂きました≫との感謝のメッセージを頂きました

「中国新聞記事〜4月10日」@

April 28 [Thu], 2011, 7:18
≪中国新聞記事〜4月10日≫
※新聞記事をクリックすると拡大されます!
「中国新聞」が記事を掲載して下さいました。その日から広島県中心に見ず知らずの大勢の方々から電話を頂戴し、大量の支援物資のお申し出を頂戴しました。同時に励ましの言葉を頂き、温かい支援に胸が熱くなる思いす・・・スコップ・長靴・軍手・スニーカー・一輪車・チェーンソー・発電機・電池・雑貨用品各種・衣類・下着・タオル・生理用品・マスク・靴下・ゴム手袋・作業着・学用品・食品・・・お一人お一人の心のこもった全ての支援物資は直ぐに被災地(仙台市内・名取市・石巻市・気仙沼市・・・)へお届けさせて頂いています

「名取市閖上」

April 26 [Tue], 2011, 14:37
≪名取市閖上(ゆりあげ)≫ 
その昔、漁師が波に揺り上げられるように流れ着いた十一面観音像を見つけて「名取の浦」から「ゆりあげの浜」と呼ばれるようになった。仙台藩4代主「伊達綱村」が大年寺(仙台市太白区)の山門から浜を望み、「門の中に水が見えたので閖上と書くように」と下命したとされる(河北抄より)。閖上は水産品の加工会社も沢山有り、人口7,000人の静かな港町でした。魚料理・寿司もとっても美味しく、私も何度もやって来た街です
【日和山富士」から】
小高い小山は20m以上は有るでしょうが閖上の街を見渡せる「日和山富士主姫神社」を津波は軽々と乗り越えて社は土台を残すだけ

日和山富士から見渡す「閖上」・・・360度「街並み」が消えてしまいました 超巨大津波は一瞬にして【大勢の人の命・町・家・生活・文化・歴史・・・】一切合切を飲み込み破壊してしまいました




自衛隊の重機が入り、ガレキの除去作業が急ピッチで進んでいます


ビルの2階(屋上)に原型を留めないほど激しく壊れたバスが・・・

海岸から3k余りの至る所に船が・・・


「日和山公園〜日和大橋(石巻市)」

April 25 [Mon], 2011, 18:43
≪日和山公園(石巻市)から≫
4月10日、日和山公園の桜は2分咲きでした 恵みをもたらすとっても穏やかな海なのに・・・

南浜町

中瀬


≪日和大橋(石巻市)から≫
超巨大地震は地盤沈下ももたらしました

日和大橋から明神町方向・・・

南浜町


「石巻市湊町〜川口町」

April 25 [Mon], 2011, 14:29
≪石巻市湊町〜川口町≫
湊郵便局の外観は一見無事でも・・・


岸壁も完全に破壊されてしまいました・・・

一面ガレキに覆われた川口町から見る「日和大橋」







如何に巨大な津波だったか




「多福院」

April 25 [Mon], 2011, 13:32
≪多福院≫ 石巻市吉野町
湊小学校の側に有る「多福院」の墓地がこんな事に




「石巻市立湊小学校避難所」

April 25 [Mon], 2011, 9:54
≪石巻市立湊小学校避難所≫
「湊小学校」には大勢の方々が避難していらっしゃいます・・・

時計は3時50分で止まったまま・・・超巨大津波が押し寄せた時間なのでしょう

「広島県立府中高校生徒会」も応援しています

校庭に仮設のお風呂「希望の湯」

自衛隊の方々も炊き出し支援を

『安坂静登さん』

April 19 [Tue], 2011, 18:56
≪『安坂静登さん』(安坂接骨院長)≫ 
  〜 広島県東広島市高屋町中島429−1

避難所の方々にマッサージのボランティアをするために広島県東広島市から車に施術用具一式積んで、4月14日夜、仙台へお越しになりました 浄土真宗の僧侶の資格もお持ちで、疲れた素振りも見せないで、翌日15日朝から4日間、1日2箇所の避難所を回り、毎日80名もの方々へのマッサージ&カウンセリングを

「高砂市民センター」(避難所)
「渡辺博さん・浅見館長・ベストライフ(老人ホーム)のスタッフ」の方と「安坂さん」



「石巻市立湊小学校」(避難所)
300人以上避難されていらっしゃる教室を全て施術して回った後、ボランティアスタッフの肩こり(?)治療

18日朝『ゆさみゆきさん(県議会議員)』を訪問し、『プライム田中さん(山梨県からボランティアで見えている気功師)』と二人掛かりで「肩・首」への施術 素直な性格の『ゆささん』には直ぐに「気」が入って、スッキリされました

仙台市若林区「沿岸部」

April 19 [Tue], 2011, 18:02
≪仙台市若林区「沿岸部」≫ 
仙台市若林区「名取川」近くの沿岸部・・・超巨大地震の後、10m以上の超巨大津波が太平洋(右)から「貞山堀」(塩釜〜阿武隈河口までの全長約60Kの運河)を越えて、津波を弱める浜辺の松並木をなぎ倒して押し寄せて来たんです





このお宅は「消化器」を備えていらっしゃった





こんな重機さえも・・・

敷石だけに・・・