妙顕寺霊跡参拝団

April 12 [Thu], 2012, 22:00
《妙顕寺(広島県福山市)霊跡参拝団》
昨年7月初め、総勢6名で津波被災地でのボランティア(泥だし作業)にお越しになって以来、檀家の方々へ呼び掛けて頂き大量の支援物資をお送りいただいている「妙顕寺:赤星住職」と檀家の方々が、《みちのくの寺院を回り、被災地を視察するのも支援活動の一環》と、福山市から35名で貸切バスでお越しになりました
4月10日(火)、お参りされる「孝勝寺(宮城野区)」で待合せ


9日から急に気温が上がり、やっと「春」を実感する季節となりました 境内の早咲きの「梅」は6分咲き

福山〜中尊寺〜鳴子〜東松島市〜松島〜皆さん、とっても元気に仙台へ無事到着されました

今回も、檀家を中心に幅広く呼び掛けて下さり、大量の支援物資をお持ち下さり『赤星住職』から『佐藤政信さん(高砂1丁目公園仮設住宅自治会長)』・『下山正夫さん(鶴巻1丁目公園仮設住宅自治会長)』・『佐藤修一さん(六号公園仮設住宅自治会長』に、大量の支援物資を手渡して頂きました

『大田康二郎さん』は私と小中学校の同級生 昨年、この縁を作ってくれました

3人の自治会長から、被災当時の「蒲生地区」の様子 現在の仮設住宅での生活 今後・・・熱く語って頂き、参加者の方々は涙を流しながらお聞きになりました


『藤井和昭さん(みやぎ広島県人会会長)』は福山市出身 偶然にも高校時代の恩師が参加されていらっしゃりビックリ



福山市の皆様の優しいお言葉と温かいお気持ちに、私も目頭が熱くなってしまいました

本堂で開帳法要

全員で記念写真を撮って、会津若松市へ向かわれました

4月11日深夜、2600Kのバス旅行を終え、無事、福山市へお帰りになったようです