新月の願い 8月30日(金)19.38

August 30 [Fri], 2019, 13:46
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。



8月30日(金)19:38

ボイドタイム 8月31日(土)17:47〜9月1日(日)08:12


  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

新月の願い 6月3日(月)19:03

June 02 [Sun], 2019, 10:36
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。

6月3日(月) 19:03

ボイドタイム 6月5日(水)00:38〜01:18


  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

新月の願い 5月5日(日)07:46

May 04 [Sat], 2019, 13:37
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。


5月5日(日) 07:46

ボイドタイム  5月6日(月)00:06~12:41



  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

新月の願い 4月5日(金)17:51

April 03 [Wed], 2019, 14:21
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。



4月5日(金)17:51

ボイドタイム4月6日(土)11:09~22:07



  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

新月の願い 2月5日(火)06:04

February 01 [Fri], 2019, 15:32
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。

2月5日(火)06:04

ボイドタイム 2月6日(水)08:57〜11:03

  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

新月の願い 1月6日(日)10:31

January 04 [Fri], 2019, 12:31
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。

1月6日(日)10.31

ボイドタイム1月7日(月)15.21〜15.47


  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

新月の願い 12月7日(金) 16:27

December 05 [Wed], 2018, 13:43
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。


12月7日(金) 16:27

ボイドタイム 12月8日(土)19:00〜21:05

  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

新月の願い 11月8日(木)01:07

November 05 [Mon], 2018, 12:45
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。


11月8日(木)01:07

ボイドタイム 11月8日(木)19:41〜11月9日(金)04:05

  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

満月予報 10月25日(木)01:46

October 23 [Tue], 2018, 14:04
満月のとき、お財布、通帳を月にかざして、”フリフリ” すると、、、お金が入ってくるそうです。

その方法は 下記のとおりです。

お月さまが、臨時(収入ゲットの お願いを叶えてくれますように
 
早速、フリフリ 実行しましょう。

10月25日(木)01:46

ボイドタイム 10月24日(水) 03:19〜10月24日(水)23:34,10月26日(金)23:50〜10月27日(土)04:41

1.通帳またはお財布を用意する

2.お財布からクレジットカード、領収書など「お金を使う事に関係する」ものを抜く。お札は入っていてもいなくてもかまいません。
3.満月の日に、外の気にお財布や通帳を晒しながら(このときに振ると良いです)「今月も臨時収入がたくさん入りました。お月様ありがとうございます!」と、過去完了形で宣言をする

※曇り、雨、日中であっても、満月の「氣」は満ちていますので、安心してフリフリしてください。
※満月の前後一日間も、「満にする氣」が大気中にありますので、前後にお振りいただくのもokです。※こだわる方は、満月の一日前から満月になるきっかりの時間までに振ってください。
※ボイドタイムは避けたほうが良いよいです。

ボイドタイムについて ■ボイドタイムには、何に注意すればいいの?

 ボイド時間帯には、ものごとを新たに始めたり、契約や交渉ごとをするのはやめた方が良いといわれています。できるだけ、普段どおりに過ごすことが良いそうです。レーガン元大統領も、ボイド時間帯には重要な会議などを行わないようにしていたそうです。

***********************************************

満月の浄化について


捨てたいもの、心の中の手放したいものを紙にかいてスッキリさせましょう。

新月=始まり(これから育つとき)

満月=完了、達成(無駄なもの、嫌なことを手放すとき)


浄化の方法

青い紙とペン(必ず手書きで)

満月に入ってから書きましょう。

2個から10個まで書けます。

文体は自由でOK。

捨てたい、手放したいことをなるべく具体的に書きます。



〜月〜日までにOOOを捨てます。手放します。

(次の新月の日を期限にするといいですね。)

OOOにたいする自分の中の嫌な気持ち

無駄な間食

無駄なぜい肉

着なくなった洋服

ずっと使わない無駄な物

自分勝手な感情

嫌な人間関係

悲観的に考えてしまう癖

イライラ不安定な感情

などなど・・・・・・・

最後に、日付、署名を書きます。


書いたあと、紙を見ながら感謝をこめて、”ありがとう”、”さようなら”と言いましょう。(心からの感謝が大切です。)


新しい自分になれて、新たな気持ちでスタートがきれます。私の心は、晴れやかに、すっきり自由になれました。

このことに感謝します。

と言って、そのあと紙をビリビリ破って、捨てます。

不要なものを捨て去って、すっきりした気持ちになりましょう。

そして、次の新月のときにリセットした気もちで、お願い事を書きましょう。

新月の願い 10月9日(火)12:53

October 06 [Sat], 2018, 13:28
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。

ひとつでも多く皆様の願いが叶いますように。
お願い事は、あまり神経質にならないで、リラックスして行いましょう。

  たとえ新月時間の1分前でも行わないでくださいね。
  新月の恩恵をうけられないとされています。

10月9日(火)12:53

ボイドタイム 10月9日(火)17:50〜10月10日(水)13:17



  わたしは、、新月の願いを紙に書くことが習慣になっていますが、この時期がまわってくるたびに、ワクワクします。
不思議と叶います。宇宙の際限なき力を感じざるをえません。

友人や、クライアントさんから、新月近くになると、新月の日と時間教えてね〜と電話があったりします。
それで、わたしは、"新月回覧板”をメールで、送信したりしています。

願いが叶うことを、子供のような心で素直に信じて、パワーを受け取りましょう。
そして、叶えていただいたお礼を、感謝のシャワーで、お返ししましょう。

以下は、ヒーラーのジーニーさんの”助けてエンジェル”のblogから、引用させていただきました。
新月の願いの書き方、他、詳しく書かれていますので、参考になさってくださいね

*******************************************************************
 
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

「こうすると叶わない」なんていうことはありません。細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。



「人生を楽しむことを自分に許可できますように」
「幸せな恋愛をさまたげているトラウマを発見したい」
「恋愛で幸せになることについての恐れをなくしたい」


判りやすくまとめると、次のようになります。

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
(例:新月の願いが叶うことをもっと信じられますように)

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」
最新コメント
アイコン画像翠里
» 満月予報4月30日(月)9:59 (2018年05月03日)
アイコン画像ティーナ
» 満月予報4月30日(月)9:59 (2018年05月03日)
アイコン画像ティーナ
» 新月の願い 6月24日(土) 11:33 (2017年06月25日)
アイコン画像翠里
» 新月の願い 9月1日(木) 18:07 (2016年09月02日)
アイコン画像ティーナ
» 新月の願い 9月1日(木) 18:07 (2016年09月01日)
アイコン画像翠里
» 満月 7月2日(木) 11:20 (2015年07月02日)
アイコン画像ティーナ
» 満月 7月2日(木) 11:20 (2015年07月02日)
アイコン画像ティーナ
» 新月の願い 4月29日(火) 15:21 (2014年04月29日)
アイコン画像ティーナ
» 新月の願い 1月31日(金) 06:39 (2014年01月31日)
2019年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:翠里(midori)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 趣味:
    ・語学-英語 フランス語 バレエ
読者になる
タロット占い鑑定のお申し込み

電話鑑定
tel no. 090-5126-0647
1分 ¥100 (後払い)鑑定後3日以内にお振込み

対面鑑定
場所***生活雑貨の店 タロット占いの店 YOU&YOU
大阪府枚方市
TEL 072-852-5408
20分以内 ¥2000 以降1分¥100

☆鑑定中は、電話に出ることができませんので、
鑑定ご依頼の場合には、下記メールアドレスに
お名前、お電話番号、生年月日を入れて、メールしていただきましたら、折り返し、連絡させていただきます。

madonna-de-la-luna123101151@docomo.ne.jp

☆占いタウンに登録しています☆
*** 占いタウン ***

twitter
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/mirikarose/index1_0.rdf