やっぱり利臣は・・・

2005年04月08日(金) 19時19分
お久し振りな日記でごめんなさい。(土下座)
っていうか・・・春休み中に色々ありました。
電話したり、二人で遊びに行ったり・・・。
4月5日から後二日の春休み。毎日電話すると言った。
だけど待っても待っても電話が来なくて・・・。
利臣は泣き崩れた。辛かった。
やっぱり・・・敦士君利臣を特別と想ってくれてない。
駄目なんだ。やっぱり叶わない恋なんだ・・・。
手紙を書いた。半狂いで。全て想った事を。
もし、7日・・・電話が掛かってこなかったらこれを渡して、
敦士君から離れようって。遠くにいようって。
諦めようとも想ったけど、無理なんだもん。大好きだもん。
だから、少し期待を持って、電話を待った。

結局電話はなくて始業式・・・。
クラスは最高。そして遠くの新二年を見た・・・。
利臣敦士君だ・・・。」
少し胸がときめいた。やっと会えた・・・。顔が見れた・・・。
あぁ、やっぱり大好きなんだな。
声をかけようと想ったけど、少し暗い感じがした。
帰り道、また見かけた。目が合った・・・気がした。
手を振ろうと想ったけど、手が動かなかった。
結局手紙を渡せず帰って来た。
忘れよう。今はもう忘れてしまおう。

用事が一通り終わって、一人で家に帰った。
時間がたち、あの暗かった顔が気になって、
電話しようとした・・・携帯が鳴り出した。
出てみると・・・。敦士君だった。

忘れてたわけじゃないんだ。
ただ、忙しかっただけなんだ・・・。
やっぱり、利臣敦士君が大好き。

2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miraimaikavv
読者になる
Yapme!一覧
読者になる