妄想録。

April 27 [Tue], 2010, 23:18
注)萌えな世界に免疫のない方は、申し訳ありませんが、ここでご退出くださいませ。





桜の宴、物販行ってきました。←アフォ

超気合の入ったお嬢様方に囲まれて死ぬかと思った…
並ぶから動きやすい格好で…とか思っていた私は確実に周囲から浮いていたと思うorz


まあ、希望のものは全て購入できたので、よかったです。
早めに行った甲斐がありました。
ポスター毎日眺めてくふくふしている私は確実に気持ち悪いと思う。


しかし、今日、初めてボイスカードをあけたのですが、なんだか斎藤さんの声が変…

まーおもちゃだし、仕方ないんだろうけど、それなりの値段はするんだから何とかして欲しいよ全く


注)以下「薄桜鬼」関連のネタばれがあります。「読みたくない!」って方は絶対に 「ぽちっとな」 しないでくださいね。

            


アニメ感想。


第三話 闇より来る者(詳細はHP参照)

新選組は京都守護職の命により、長州藩から京都御所を守る為に出陣した。
だが、向かった先々で新選組をよく思わない役人たちから、たらい回しにされてしまう。
早朝、ついに京都御所で戦いが始まった。
砲声を聞いた新選組は待機命令を破り、御所に駆けつける。
辿り着いた御所は大勢の兵が倒れる散々な状況だった。
新選組は今日の街を守る為部隊を分けて残党狩りに向かう。



今回は、禁門の変です。

たらい回しにされて九条河原へ。

そして、ついに!!!

斎藤 VS 天霧

原田 VS 不知火

土方 VS 風間


が出会い、火花を散らします。

心配した割りに、1対1だとまずまずな感じです。


やはり、斎藤さんの髪のもさもさと、色彩が気になります。
天霧さんの色彩もなんだかトロピカル…
ゲームしてないので、このシーンのやり取りはちょっと期待していたので。


原田 VS 不知火に関しては、佐之さんかっけー!!って感じでした。
不知火さんの「お前の名乗り聞いてやるよ!」に対する「新選組十番隊組長原田佐之助」のここ!

名乗りってホント好きなんですよ。
歌舞伎見てても、男の色気がすごいでしょ?
「俺を見ろ!」って気迫が飛び散る感じが、ぐっときます。



土方さんと風間さんのシーンは、そこそこ満足です。
切った隊士の浅黄の隊服と飛び散る血の間からのぞく風間さんの顔がまた、よいんですよ。
顔はぶれぶれだけど、アングルは評価する。

このシーン、風間さんと土方さんが丁々発止のやり取りをするんですが、土方さんの、「武士の誇り」の口上が、すごく好きです。

「やつらに武士の誇りがあるなら、手を抜かないのが最後のはなむけだろ?」


これ聞くと、相方に聞いた将棋をさす心構えと似てるんですよね。

自分にとって重要な試合でなくても、相手にとって重要な試合であれば自分の全てをかけて指す、っていう。


なんか、こういう「誇り」とか「信念」っていうのが自分の中で希薄になってきているから、こういうのにぐっと来てしまうのかしら。



実際、こういう思いを持ちながら、国を作ってきてくれた人たちがいるってこと、忘れちゃいけないと思うんだよね。
と、最近ふと思うのですよ。
  • URL:https://yaplog.jp/minmin-372/archive/547
P R
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■プロフィール■
■お名前■みんみん
■趣味など■フィギュアスケート
■家族構成など■両親・妹
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/minmin-372/index1_0.rdf