だが、それがいい。

April 11 [Sun], 2010, 15:39
注)萌えな世界に免疫のない方は、申し訳ありませんが、ここでご退出くださいませ。


はあぁぁぁ

よいわぁ。



注)以下「薄桜鬼」関連のネタばれがあります。「読みたくない!」って方は絶対に 「ぽちっとな」 しないでくださいね。


            

相方に白ーい目で見られながら、きゃいきゃいやっております。

ちょっとアニメを強制的に見せてみた。
それも併せて、感想を。


第二話 動乱の火蓋 (あらすじは、HPの「物語の頁」にてご確認下さい。)

OP直後の食事の作画が、前回よりかなりよかったです。
リキはいってるなぁ

でも、相方曰く、「千鶴の声あまり上手じゃないね」とのこと。
私もそう思う。
何か、声が上滑りしている気がする。
でも、相方曰く結構名のある声優さんのようなんだけどね。。。
最終的に花鹿(花咲け)みたくなじんでくれればいいのですが。
まあ、花鹿もかなり微妙なところが多いんだけど。


土方さんのいじられっぷりに萌え
相方は、「キャラ的にこれでいいの?」といっていましたが、いいんですっ!

山崎さん、島田さんも登場。

だけど、後半はちょっと作画がイマイチ…
特に切れ長の目の方が残念な感じ。

切れ長の目って、描き難いのかな。
立人(花咲け)もえらいことになっていたし、寄り目になりがちだったり目が離れたり、パッチリ目の方に比べて、ブレが大きいんだよねorz


そんな中で、池田屋事件キター!!!

池田屋事件って、新選組が名を挙げるきっかけになった事件じゃないですか。

史実として、会津藩から援軍も来なくて、10人くらいで踏み込んで、自分たちより人数の多かった長州側を捕縛した。
さらに、ここで沖田総司が吐血という、劇的な展開。
土方さん斎藤さんの戦闘的活躍は少ないけれど、この事件の描き方を楽しみにしてたんです。

踏み込みかどうかを決めたときの、沖田・藤堂・永倉の不敵な笑みがもうね、すごくいい!
名乗りを上げて宿内に踏み込むんですけど、これもまたかっこいいんだ。

「会津中将お預かり浪士隊 新選組!詮議の為宿内を検める!」

近藤さん、かっけー!


ですが、踏み込んだところ+千鶴が土方さんのいる四国屋へダッシュ!で終わってしまったので、来週が非常に楽しみです。
  • URL:https://yaplog.jp/minmin-372/archive/542
P R
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■プロフィール■
■お名前■みんみん
■趣味など■フィギュアスケート
■家族構成など■両親・妹
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/minmin-372/index1_0.rdf