ハロウィン迫る 

October 19 [Sun], 2008, 1:38


私はなぜだかハロウィンが大好きです。
思いは伝わらず、その日に仮装パーティーをするなどという事は
まだ叶いませんが、とりあえず街を歩けばその気分だけでも
味わう事が出来ます。

ほら見てください!
このオレンジと黒のコントラスト(〃▽〃)
これは日比谷のビル入口前に飾られた、巨大パンプキンさん。
手前の、悪魔のように黒い布をまとったミニパンプキンさんが
とてもかわいらしです♪

横浜の元町では毎年、ハロウィン当日やその前後に
仮装した人たちが一堂に会するイベントが開催されます。
見に行ったことはありますが、気合を入れて仮装した人たちが、
元町のメインストリートに溢れるほどいる様は、なんとも
すごい光景です。
是非行ってみる事をオススメいたします!

鈴懸 

October 15 [Wed], 2008, 2:05
13日、中学の頃からの友人の結婚式の二次会に行って来ました。
新婦はCAということでキレイだし、その同僚たちも華やか。
新郎側のゲストは、職業の関係でなんだかとっても業界人な雰囲気。
ドラマのワンシーンのような、二次会というより1、5次会と言うのが
相応しい、一定の緊張感を保った華やかでいてクールなパーティーでした。

そこで、会場を出る際に新郎新婦からいただいたお菓子。
よく見ると、小さな銅鑼焼きと最中のセットではありませんか!
見た目から、絶対にこの銅鑼焼きは皮がモチモチしてるはず、
と思って期待に胸を膨らませていたのですが、その期待に
完全に答えてくれました(〃▽〃)
餡に至っては想像以上!!
潔く後に残さない、洗練された程よい甘さ。
味覚、触感、共に他の銅鑼焼きではなかなか味わえないと思います。
直径7cmほどのかわいい銅鑼焼き。恐るべし…(〃▽〃)

最中の方は鈴の形をしているのですが、まわりはパリパリで、
銅鑼焼きの餡より少ししっかりした味の餡で、皮の香ばしさと
ベストマッチという感じです。

写真を撮らないで食べてしまったのが悔やまれますが、
食べてから(←先に見なさいって感じですが;)包み紙をよ〜く見たら、
福岡の和菓子屋、鈴懸の’鈴乃○餅’と’鈴乃最中’でした♪

鈴懸のサイト

高級感溢れる、スッキリとした店内。
私の大好きな雰囲気です!!
最近、高級感のある和菓子屋さんって、こういうシンプルでスタイリッシュな
感じですよね。

新宿に行ったら、鈴乃○餅、絶対に買おうと思います。
おもたせに打って付けですよ(⌒▽⌒)

美を極めた人 

September 16 [Tue], 2008, 1:13
私の趣味は、歌舞伎鑑賞です。
特に好きな役者さんはまた別にいるのですが、(それはおいおい…)
やはり女形といえば、日本の芸術、美、の最高峰である歌舞伎の中でいて、
さらにその最高峰にいらっしゃる、坂東玉三郎さんです。

芸と美しさに対してはもちろんのこと、ひとつの妥協もないその姿、生き方。

この方には、一般的に言う年齢の概念は通用しません。
そういったところからは、かけ離れたところにいる方なんですね。

最近、ポーラのCMに素顔で出演された玉三郎さんを発見しました。
ポーラCMギャラリー

こちらは期間限定でしか見られないかと思いますが、
この完璧な雰囲気、美しさ、さすがです。

夢なら覚めてほしいこと 

September 15 [Mon], 2008, 1:37
どうしようもない悲しいこと、嫌なこと。
それが、ふと気づいたら目が覚めて、夢だったなんてことは
今まで何度もあります。
その時の安堵感といったらなくて、と同時に嫌な気持ちも
まだ残っているから、朝からその未知の恐怖で泣いていたり。

それはきっと、何の前触れもなく突然、現実の世界にやってくるもの。
一生の中で避けて通れない事なのは分かっているのです。

でも私は、それに耐えられる自信が全くありません。
本当にないんです。
出来れば自分が誰よりも先にいなくなってしまいたい。
本気でそう思うくらい、本当に。


一昨日、美輪明宏さんが言っていたのだけれど、
幸せな家庭に生まれ育ったというのは、ある意味不幸なことでもあると。
いつかはその誰かがいなくなって、どうしようもない悲しみを味わう。
常が幸せな状態だから、そこからはある意味崩れるしかないのだと。
そういうことだと思います。

私はその、本当に幸せな家庭に生まれ育っているわけで、
その美輪さんの言葉がとても恐ろしく心に刻まれました。

その番組には辺見えみりさんが出ていて、
彼女はお父さんはいなかったものの、母、祖父、祖母に
本当に愛され、幸せに育ったのだそう。
そのお祖父様が、今度胃の手術を受けると言ってました。
そこで、美輪さんや江原さんに、そろそろ覚悟する時が来たんだよ、
と言われていたんです。
人間は何十回とその別れを経験して、そして最後には自分の番が
来るものなんだからと。

お祖父様やお祖母様、家族に対する思いの強さや今の状況が
なんだか自分と重なるものがあったので、アドバイスされている
事がどうにも他人事ではなくて、このタイミングにこの番組を
見られたのはすごいな、と思ったのです。

本当に精神的に子供で弱い私には、とてもこのアドバイスを
受け入れて、人間の摂理だと割りきることが出来そうもありません。
でもいつか逆に、これが心の支えになるかもしれない。

とにかく今は、一週間後には夢のように、なんでもなくて良かったね
と笑っていられる事を祈るばかりです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みなみつき
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
基本:音楽家です

趣味:観劇、カラダに良いこと
    美味しいもの
    鎌倉さんぽ


思ったことを表現できたら
シアワセに思います
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

カテゴリアーカイブ