ローズマリーの人形

January 09 [Fri], 2009, 15:33


白石かずこ 詩  西川 治 写真
内藤ルネ 人形提供
『ローズマリーの人形』 サンリオ出版 1976年

たくさんの名著があるサンリオ出版のギフトブックライブラリーシリーズ。
なんと人形提供は内藤ルネです。


 わたしの名前はローズマリー
 人形に逢った日から
 わたしはローズ 人形はマリー
 二人一緒でローズマリーと呼ぶの

少女ローズと人形マリーの夢の逃避行。
妖しくはかない少女時間がたっぷりつまっています。
70年代頃の少女写真はなぜかしっとりとしていて
いつか急に失われてしまう少女の時間を
濃密に切り取っている気がするのです。




これはずっとずっと探していた本。
この本も夫からのお年玉プレゼントです。
私が探して見つからないものを、時間はかかっても
ふうっと見つけてくれる夫の検索力にはいつも感謝です。

マドゥモァゼル ルウルウ (薔薇十字社)

January 08 [Thu], 2009, 14:55


入籍6周年記念日の夫からのプレゼント。

ジイップ 作 森茉莉 訳
 『マドゥモァゼル ルウルウ』 (薔薇十字社) 1973年

森茉莉が与謝野晶子のすすめで翻訳したという戯曲。
天衣無縫で躾が悪くて奔放、ちょっぴりエッチで奇想天外なおしゃべり。
とっても魅力的な少女ルウルウのお話。

この本は何社か出版していますが、装丁がいちばん美しいと思うのが
雑誌an anのアートディレクターで絵本画家の堀内誠一さんによるこの本。
薔薇十字社は他にも澁澤龍彦などの著作も凝った装丁で出版していた
伝説的な出版社。



すべてのページに薄い紫のイラストがある、やわらかなフランス装。
そこに森茉莉の耽美的な日本語・・・
持っているだけでうっとりしてしまう、特別な一冊です。

『さようなら パパ』 *新書館フォアレディース67*

October 20 [Mon], 2008, 12:48


『さようなら パパ』 岸田理生 著/1974/新書館

39歳で独身。
葉巻(ロアタン)、車(ジャギュア)、銃(レミントン)と
お酒(レミ・マルタン)でできているパパと
シャムと三毛と後はわからない種類の
1/4の血がまじってる4歳の猫のクォーター
そして16歳の由似の物語。

「世界で一番パパが好き」な由似は
ボーイフレンドとの恋や一人旅を経験しながら
すこしずつ少女から大人になります。
そしてパパの恋人の存在、仕事で由似のもとを離れると知ったとき
由似は“今日までのパパを本当に由似のものにするために”
パパに心の中でさようならをつげるのです。

フレンチロリータのような少女、由似とダンディーすぎるパパ。
もうそれだけで私の心をわしづかみです。
しっとりした質感の言葉でつづられる物語は
言いようのないセンチメンタルで心がいっぱいになります。

それにしてもパパ。
34年前位の39歳はロアタンとジャギュア(!)とレミントンが好きな
そんな素敵過ぎるオヤジだったのでしょうか。 
 「男は何のために結婚するかというと
  半分はベッド 半分は食事のためなんだ」
と16歳の娘の言うようなひと。
現在の男性と比べるとなんだか10〜15歳くらいは大人ですね。

由似も16歳にしてはかなりの成熟度。
こんなクラスメイトがいたら、あこがれちゃっただろうな。
名前もいいです。由似。
フリガナがないので、たぶん「ユイ」だと思うのだけど
「ユニ」でも素敵だなと。私はむしろ「ユニ」が好き。
私は「ユニ」と読んでます。

1974年といえば私は1歳。
フォアレディースシリーズを読むたびに
この当時に少女期を迎えたかった!!と
心から思うのです。

荻窪さんぽ

September 14 [Sun], 2008, 22:29


ひさびさの古本探しに荻窪へ。

荻窪・西荻窪あたりを散歩するときには
必ずお茶していた、ひなぎく、そして
海月書林実店舗が残念ながら今月で閉店。

今日も優しい甘さのミルク珈琲をいただきました。
こちらのミルク珈琲は、何年か前から
急に身体が珈琲を受け付けなくなってからも
飲んでも胃が痛まない珈琲でした。

私の住みたい街のひとつの荻窪の魅力として
このひなぎくは大きな位置を占めていたので
本当に残念。

ミルク珈琲をいただきつつ、海月書林さんを覗くと
探していた矢川澄子の『おにいちゃん』を発見!
聞けば今日出したばかりとのこと。
本当に本は出会いですね。薔薇のタイの切手も購入。

ひなぎくをあとにして、ささま書店へ。
こちらでも、読んでみたかった
今江祥智『優しさごっこ』をみつけました。

ささま書店は、質のよい品揃えはもちろん
あきらかに小学生と思われる少女が
サルトルを立ち読みしていたりする
なかなかクセになる古本屋さん。

戦利品にほくほくしながら家に着くと
家でコレクションのカスタムなどをしていた夫が
夕ごはんの用意をしてくれていました。

今夜は鉄板焼き。
おなかも気持ちも満腹です。

元気な人参あたま

August 06 [Wed], 2008, 9:35
旧い友達にあったような気分。

アンと同じ年の頃に読んだ時よりもこころが動きました。

よい本は、大人になってもたくさんの発見ができるね。

それにしても、背表紙の略すじ。
『元気な人参あたまのアン』って…
アンは"にんじん"って言われるのを非常に嫌ってるんですよ!
新潮社さん、センス疑います…

エッセンス・オブ・久坂葉子

July 16 [Wed], 2008, 23:35

久しぶりに煙草が吸いたくなった。
あの、くらくらする感じを、マッチを擦る時の
またはオイルライターの薫りを私のなかに呼び戻してみたいと。

久坂葉子の名前を知ったのは高校生のとき。
太宰の『斜陽』を読んでいた私に、クラスメイトが
「久坂葉子っていう女太宰って言われてる作家がいて、
斜陽みたいなの書いてるんだよ」と教えてくれた。
彼女は少し大人びていて、流行りの音楽は
あまり好きではないというひとだった。

この『エッセンス・オブ・久坂葉子』は久坂葉子のコラージュ。
葉子を象る小さなかけらを大切に集めて作った私的なアルバムのような本。

久坂葉子の文章は、決して読みやすくはなく
時々読者をおいてきぼりにする。
それでもなぜか、途中で読むのをやめられないのは
彼女の息遣いが感じられるから。

葉子の亡くなるその日に完成した『幾度目かの最後』は
読んでいるだけで、とりつかれたようにペンを走らせる葉子の後ろ姿を
みているような錯覚にさえ陥る。ほとんど嫉妬に近い感覚で読んでいた。

もう、長らく忘れていた煙草の感覚。

私も少し年齢を重ねたことを思いしらされた時間。

『なおみ』復刊!

September 19 [Wed], 2007, 19:28

沢渡朔の妖しくほんのりエロティックな美しい写真と
谷川俊太郎の行間に少女の時間を匂いたつように
漂わせた文章がすばらしい絵本。
伝説の『なおみ』がとうとう復刊されるようです。

ステキな本が復刊されるのはとてもいいこと。
特に少女に読んでほしい。

私は初版本を持っているので
購入はしないつもりです。
その分、ひとりでも多くのひとが
なおみの世界に迷い込みますように。

なおみ
発売:福音館書店 価格:945円(税込)
10月上旬予定

文  :谷川俊太郎 
写 真 :沢渡 朔 
人形制作:加藤子久美子
出  演 :石岡祥子



ホテル・アイリス

June 25 [Mon], 2007, 10:50

ホテル・アイリス (幻冬舎文庫)


夏が近くなると、必ず読み返す本の一冊。
くらくらする真夏の強いひかりに透けるような
静謐で甘美で恐ろしく閉鎖的な密度の高い官能の世界。

古いフランス映画のよう。

ねむりにおちたシェイクスピア

May 18 [Fri], 2007, 0:17
ねむる前の本は
『シェイクスピアのソネット』
ちょっぴり謎めいた154篇の十四行詩。

シェイクスピアといえばの小田島雄志さんの訳に
山本容子さんの版画が挿絵のうっとり本です。

そういえば、シェイクスピアは4月23日が
誕生日とも命日とも言われていて
同じ誕生日の私は、なんだかちょっといい気持ちなのです。

薔薇猫ちゃん

September 05 [Mon], 2005, 12:37
『薔薇猫ちゃん』
著者:今江祥智
挿絵:宇野亜喜良
原生林(1990年)

 薔薇猫ちゃんは、二年目の結婚記念日に恭が奥さんに贈ったクロワッサンみたいなアビシニアンの仔猫。奥さんの歳の数の冬薔薇の中にくるまれてやってきました。薔薇の花を食べてしまったので、奥さんが抱き上げた仔猫からはほんのりと薔薇の香り。だから薔薇猫ちゃんなのです。
 
 恋人のような夫婦と薔薇猫ちゃんのやさしい日々は、いつも花の香りが漂っていてとてもロマンティック。あたたかくて、ほんのり幸せ。
私はとても好きなシーンは、ふたりと1匹で薔薇窓をみにいくところです。
何度読んでも、涙ぐんでしまいます。
私たちもこんな夫婦でいられたらいいな。

 お話もロマンティックですが、装丁や宇野亜喜良の挿絵はもちろん、文字の色も本当に素敵。
薔薇色のワインをのみながら、どうぞ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chloe
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:4月23日
読者になる


サン・ジョルディの日生まれ。
いい夫婦の日に入籍してヴァレンタインデイの翌日に挙式した夫とふたりぐらし。
うたかたの日々をのんびりゆっくりと。

mixi!!!
楽園本棚

夫ブログ
エルドリッチの館

マクロミルへ登録
最新コメント
アイコン画像chloe
» 消しゴムはんこ (2008年10月19日)
アイコン画像ミネキク
» 消しゴムはんこ (2008年10月19日)
アイコン画像chloe
» 消しゴムはんこ (2008年10月17日)
アイコン画像sweetjuliet
» 消しゴムはんこ (2008年10月17日)
アイコン画像sakazume
» floating pupa (2008年09月15日)
アイコン画像chloe
» floating pupa (2008年09月13日)
アイコン画像sakazume
» floating pupa (2008年09月13日)
アイコン画像Sam Santos
» the mood mosaic vol.3 (2007年12月21日)
アイコン画像chloe
» 針水晶夫婦 (2007年12月02日)
アイコン画像サツキ
» 針水晶夫婦 (2007年11月30日)
https://yaplog.jp/milk/index1_0.rdf