▽星ノ欠片。

February 22 [Tue], 2011, 19:17
公園の隅に行くと、なんとそこには、
傷だらけの猫がいた。やっぱりな…。そう思いながら、その猫に近づいて行った。

「大丈夫?」

声を掛けると、かすれた鳴き声が返って来た。
私は、この猫を捨てた飼い主が、許せなくなった。

――何分経ったのだろう。
その内私は、野良猫と一緒に寝ていた。

そして近くから、声が聞こえてきた。

「香…!」
「桃香!」
「桃香〜!!」

そうっと目を開けると、そこには、友達の里愛奈と瀬奈と千宥がいた。

  • URL:https://yaplog.jp/mikkytantan/archive/9
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
ぷろふ*゜
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ねこみみ。
  • アイコン画像 誕生日:2001年
読者になる
月別あ-かいぶ*゜
こめんと*゜
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28