近場で耐久バトル2

August 29 [Sun], 2010, 23:55
さてさて、深夜0時を過ぎて8月22日(日)に。

4ヶ所目のポイントは前回25cmが釣れた所

前回釣れた箇所を打つも全くアタリ無し子

狙いたいとこには若者2人が頑張ってて移動のケハイ無し子

くろだ君はカサゴ釣り子

潮の動きは良かったけど、見切りをつけて最後のポイントへ

「たまにはシーバス釣りたいなぁ。」って話になって、シーバスが跳んでそうなポイントへ到着

すると、荘内でまさかのガッツリ系ショア鯛ラバを準備している兄さんが

気さくに声を掛けると「宝塚からうどん食べにきて、うどん屋開くまで釣りをする。」との事

なるほど、あっちではショアから今の時期に鯛ラバ出来るんかぁ

取りあえず、さっそくシーバスを狙うも全くライズ無し

しかし、その時

ドバンっ

「うぁ!おるやーん



エイが…

今回まわった5ヶ所中4ヶ所でエイ遭遇…

こんだけエイにシャローレンジをウロウロされたら、そりゃシーバスさんもテンション下がりますよ

夜中3時をまわって、くろだ君がさすがにリタイア

僕も限界ギリギリでしたが、ちょうど朝間詰めと干潮からの満ち上がりが重なるので、最後に少しだけテキサスリグをぐ〜りぐり

潮下へ流して…足下の石畳の最下部から徐々に石の坂を登らせてみる

宝塚の兄さんと地方に行くといろんな魚や釣り方があるって話をしていたら、

ゴゴゴン

おぉ〜めっちゃアタったのに乗らなかったぁ

でも食い気がある奴が居る事は解った

んで、次はリトリーブスピードを変えてみる

巻き巻き…ヅンっと足下でかなりの重量感



ほぼ真下まで追ってきて、最後のピックアップで食った感じ

釣り味を楽しむ余裕は無かったけど、その分スリリングな刹那を堪能できました



夕間詰めの記録更新に続き、36cmはまたまた自己記録更新です

宝塚の兄さんが「こんなにデカいのは初めて見た!」とかなり驚いてくれました後から来た奥さんには「ええなぁ、美味しいやろなぁ。」と連発されました

仕掛けに興味津々だった宝塚兄さん。「やってみます?」と声を掛けると二つ返事

タングステンシンカーにビーズ、フックからワームまで一式あげて、挑戦してもらいました

でも流石に連続ヒットは無く、帰宅したのは朝6時

12時間耐久で遠征並みの釣りをやりきりました



アコウも氷で冷やすと結構縮むなぁ。34cmと36cmだったのに、34はかなり小さく見える



ホイルでの酒蒸しもバツグンいろいろ料理して3日分も美味しくいただきました

それにしても、今回のワーム。店で全然見かけなくなったんやけど生産してるんかなぁ。。。またネットで大人買いの刑に処すかなぁ…
Ψ(`∀´)Ψヒヒヒ

近場で耐久バトル

August 27 [Fri], 2010, 23:55
さて、前回の料理記事。後半でやたらアコウが出てきたのは、8月21日(土)に釣りに行ったから


この日は仕事を終えて直ぐに帰宅☆夕飯食べたら夕方6時にはアコウ目掛けて出撃じゃ〜

今回は誰も予定が合わず、久しぶりの単独釣行

まずはタダ君イチ押しのポイントにまだ明るいからか先行者ナシ

しかし、潮の動きがイマイチ移動しようか迷っていると、久しぶりにくろだ君からメールが

急遽くろだ君が合流してくれる事になりましたぁワーイ

そこで、くろだ君を待つ間しばらくはキャストを繰り返すことに。

でも、ココはよく引っ掛かる10gシンカーではかなりストレス

何回かロストの危機に晒されつつ何とか回避してたけど、ちょいシンドイなぁ。

んで、思い出した実は最近ネットの某サイトでアコウの動きに関するイイ話を聞いたんだった

それを試そうかと、少し移動した先からキャスト

着底と同時にリーリング開始。根掛かりを回避しながら徐々にワームがブレイクに差し掛かる…

「グン」HIT

「よっしゃ当たりぃ」と相変わらず独り言を雄叫ぶ33歳

重量感の割に全然引かないからカサゴかと思ったけど、最後にガンガンと抵抗して楽しませてくれました

まるで冬にメバル掛けた時みたいなやりとり


自己記録更新の34cm


某サイトで言われていた事は本当だった

ちなみにベイトを吐き出しました。

2〜4cmのエビちゃん


写真撮影を終えた頃にくろだ君登場

そしてパターンを話す。しかぁし!くろだ君はお構いなしにアッサリ1匹ゲット



くろだ君お勧めワームの話などをしていると、またまた僕にHIT


26cmが小さく見える…


これもやっぱり先程と同じパターン

なるほどね〜。この時期、アコウ狙いでタコ釣れるようだとちょい的外れになるパターンがあるんやぁ

めっちゃ楽しい確証を得た!…けど、アタリが無くなったので移動

次のポイントはメバリングでよく行っていたポイント。でも、くろだ君の嗅覚が「イマイチ」と判断。満潮の潮止まりの間に移動

3ヶ所目は某港。若者が親指くらいのアオリイカを狙っているのを見て、僕もくろだ君も超幻滅

「はぁ、そんなん釣ってるんすか。」とガッカリ加減MAXで聞こえるように呟いときました。

去年も言ったけど、8月に超小さいアオリを必死で釣るのは初心者でもどうかと思う。

釣るならヒイカ(ミズイカ、ベイカ)にしなよ。アレは今頃の大きさで大人だから。

8月に香川でアオリ狙うなら餌木3号使って乗る奴だけ釣ったら?

2人でチビアオリの乱獲に腹を立てつつ、キャストを繰り返すもアタリ無し

ゴゴゴンと来たと思ったら、、、


この激しい噛み跡は何よ


深夜12時を回り、更なる移動先へ向かうのでしたぁ
つづく

旬☆ザ・Delicious!

August 24 [Tue], 2010, 23:55
最近はマゴチにアコウにタケノコメバル…

贅沢な食材が海から送られてきますなぁ〜

まぁ、送料(タックル代やリグ代)はハンパなく高いんですけどね

タケノコメバル27cmとマゴチ45cmは、次の日の昼休みに丸亀オークラホテルの奥にある料理屋「かぼちゃ」へ持ち込み

夜に実家から帰ってきた嫁とその店に行ってきました。

マゴチは刺身に

ぃやっほぉいヾ(^▽^)ノ


マジ美味いから。マジ半端なく美味いから


タケノコメバルは煮付け


正直言って良い?

味付けは完璧だったけど、たぶん唐揚げが一番美味い魚だと思う

身は柔らかいけど味はあんまり滲みないのね

ほかにも岬サバの活き造りやらイクラ丼やら食べたら大満足

嫁が居ない1週間は夕飯にご飯を炊かず、野菜ばっか食べて体重を1.5キロも絞ったのに台無しだな

それにしても「かぼちゃ」は美味いまた魚釣らなくても行こっと


このタケノコメバル達の前に釣ったマゴチ41cmは唐揚げに


三枚に下ろして、腹骨などを取って、テケトーにブツ切りして、片栗粉まぶして、180℃の油で揚げて、油を切って、塩コショウして、ネギと七味を入れたポン酢をかけて、口に入れて、アツアツをムシャムシャして、ビールを飲むと…
ヾ(^▽^)ノ
ゴー トゥ ヘヴン


8月22日(日)はUスケ君の家で手作りギョーザをご馳走になり、その時にアコウの刺身を持参

左がアコウ、右はUスケ君が釣ったシーバス(スズキ)の昆布締め

ギョーザも昆布締めスズキも美味くて、ビール1本アッちゅう間に無くなったさ

月曜はアコウの頭を煮付けに


さらに贅沢にもアコウの唐揚げを試作


アコウは…アコウは…

何にしても
美味い
ちゅう話よ

唐揚げはサクサクの中がフワフワでも水っぽい訳じゃなくて甘みも抜群

いやぁ、ええもん食った



ん?後半でやたらアコウが多いって?

またまたぁ、たいがいの人は知ってるクセに〜

次回書きますよ〜

違いの分かる男

August 22 [Sun], 2010, 23:55
釣り人 みーたは知っている…

♪チャララ〜 チャーラ
 ちゃらら〜 ラララ〜

ネスカフェ ゴーーールドブレンド

あぁ、懐かしいCM思い出した。

ちなみにあのCMソングのタイトルは「目覚め」だそうです。。。


てか、僕コーヒー飲めないし

しかも、この前振り要らないし


8月18日(水)
数日前にタダ君が39.5cmのアコウを釣ったポイントに案内してもらいました

一緒に投げ倒していると、タダ君にHIT

あっさりと揚がってきたのはガシラちゃん

いろいろ探ると、根が荒くて直ぐに攻略するのは難しい感じ。

アタリも無くなった所で移動

前から通ってたけど、行くといつもゴミだらけだったポイントへ行ってみることに

おっ

今日は引き潮で来たせいか、風の影響か、ゴミがあんまりナイ

やっと今シーズン初めて、ココでロックフィッシュ狙えるゎ〜

一番実績のあるポイントへキャスト

…ん?反応ナシ子?

流れが変わっていたので、潮が当たりそうな潮下へ少しずつ移動。

上を向いて、自分の目の前を餌が通るのを待っているアコウを意識して、高めにリフト

すると上げきった辺りでアタリ…

ブンッと強めにアワセをいれると…
HIT


重量感はないけどガツガツとやたら元気に抵抗


出た出た本命


同じパターンで20cmのガシラを追加


さて、タイトルの話。いったい何の違いが分かるのか…


同じタックル、同じリグ、同じワームでも、狙う魚が違えばアクションも変えなきゃダメって事

メバリングタックルでアジングする時に、アクションを変えるよね?

アレと同じで、アコウとマゴチでもアクションを変えた方が釣りやすいかもっちゅう話



昨年は初心者チックにひたすらリフト&フォールを繰り返していたけど、今季からはターゲットを意識したアクションを考えてやってます

アコウだけ持ち帰り、翌日に用事があった僕に代わり、妻が刺身に舌鼓



澄まし汁は相変わらず絶品でした

だいたいの誘い方は分かってきました次はよりターゲットを絞った釣行を楽しみます

浮気は文化だ!! (?)

August 19 [Thu], 2010, 20:55
なんちゅうタイトルや

嫁が見たら泣くな…んで笑うなwww


8月12日(木)
この日は久しぶりにかもちんと投げ釣りに



ユムシのちょい投げと本虫の遠投潮流し

でも遠投はグチばっか

んで、まだ暗くなる前にユムシの竿がチョコチョコ動く

針に乗っているのを確認して一気にアワセる

超かるいんですけど

20cmのカサゴちゃんでした針飲んでるのでキープ。。。

そこで潮止まりですよ奥さん、浮気の時間ですよ

投げ竿は潮に流されない程度のチョイ投げにしておいて、最近お気に入りのベイトタックルに浮気

潮が動かないなら餌(ルアー)を動かそう、と言う訳ですよ

んで、夕間詰めに足元の石畳を沿わせると予想通りに釣れちゃう快感



しかも、みーた的にはレアな27cmのタケノコメバル

メバルと名が付いてるけど、別名ベッコウソイと言うだけあってソイに近い魚体♪


なんか綺麗


コイツが釣れたせいで最近の超お気に入りワームの尻尾が切れた最後の1匹だったので、ちぎれた尻尾を切って再利用

まだ潮が動かないので少し浮気の範囲を広げて波止の先へ

先端では夕間詰めにキスが釣れたらしい…

(´・ω・`)イイナァ

知らんオッチャンが「そんなオカシなんで何が釣れるん?」と聞いてきたので、いつもなら遠慮がちに「カサゴとか。」と答える所を、タケノコ釣って調子に乗って「マゴチやアコウですかね。」とマジ回答

しかーし


有言実行


これには港のオッチャン、オバチャンから歓声が

Ψ(`∀´)Ψキブンイイゼ

45cmでちたさすが超お気に入りワーム、1匹で2匹釣れた

ロック&フラットの浮気から、かもちんの所へ舞い戻り本命、本妻の投げ釣りへ

潮は動いているものの変化がなく、釣れるのは…

ぐっちグチ


まぁ釣ったその日にハラワタ出しちゃえば焼いてもフライでもかなり美味いんやけどね僕はツミレもけっこう好き


結局、本妻の投げ釣りはチビッ子カサゴとグチ数匹、浮気のロック&フラットで良いもん釣りました

でもほんまは嫁一筋ですから〜

最初の一発、最後の一発

August 15 [Sun], 2010, 23:55
8月初めの愛媛遠征の後は地元で底モノ狙い♪


8月5日(木)
この日は同僚が欠勤したので午後からの半日休み返上で働いて、夕方から荘内へ。

前日にタダ君が小マゴチを連発したポイントに連れて行ってもらいました

まずは1投。すると着底前にいきなりググっとアタリ

しかし突然すぎてアワセられず

底を意識したリフト&フォールを始めると再びコツン

今度はバッチリ合わせて一発で41cmのマゴチげっとん



30分もしない内にタダ君も30cm級の小マゴチげっとん&足元へオートリリース

今年はマゴチに見放されてるUスケ君もすぐに駆けつけてくれたけど、残念ながら時合い終了でした


8月7〜8日
夜9時から五時半の狼さんの船で某島へ上陸。アコウを狙いましたが、僕もタダ君もロクなアタリすらなく終了

ほか同行したYくん、さっくさんもノーフィッシュ

狼さんだけ25cm1匹のみでしたちなみにホームではUスケ君とザキさんが3匹…地元のが釣れるなんて

絵になるタダ君


朝からはわざわざ遠くまで船すっとばしてタチウオを狙いましたが、指8本級なんて噂はどこへやら、指2〜3本半のチビが3匹キープ1匹リリース、1個ジグ取られて、鯛ラバではハリス切れ。

こりゃやっぱホームのが型も数も出るかなぁ
5人でこんだけ


まぁ釣果はともかく楽しかったからOK


8月10日(火)久しぶりに単独で荘内へ

大潮の上げ潮で「マゴチかアコウは確実」と自信たっぷりに出陣するも、アコウポイントは風でゴミが溜まって釣りにならず

マゴチポイントに移動するもフッキングしない小さなアタリのみ。

しかもアタリ無しでこの有様


残業中のタダ君に上の画像を添付して、いたずらムラムラメールを送ると「ヒラメでは?」とノリの良い返信が

「でもこのワームは3インチだから、ヒラメだとしたら推定全長5cmだな」とかやりとりしつつ遊んでいるとライダーSさんが合流

しかし結局アタリもないまま夜中に満潮から下げ潮に入り、ライダーSさんは移動。

僕も荷物をまとめ車へ。

しかしどうもオカシい。潮の動きから言えば釣れないはずはない。

どうしても気になって車の前で荷物を起き、港内の船の間から手前の石畳までを悪あがきで最後の一投。

ガツン

石畳の際で予想通りのHIT

良い引きで最後の一発を楽しませてくれたのはナイスサイズ、26cmのカサゴでした



いろいろやってみるもんですなぁ

ちなみにカサゴは近くにいた親子にあげました。一週間くらい嫁が居なかったからね。

あ、、、やっぱ「食べたい!」って気持ちがあんまりないと釣れないのかなぁ…。このジンクスはまた検証してみます

MAJIビビる美味

August 11 [Wed], 2010, 23:55
8月1日(日)夜に南予から帰り、月曜に下ごしらえ。

夜中に大量のポテトサラダと蓮根&ゴボウのキンピラを作りました

大量過ぎて一気に火が通らなかった為、キンピラが水っぽくなってしまい、テンション駄々下がり

そして3日(火)にお魚パーティ

わーいヾ(^▽^)ノ

今回は嫁の同僚(ピザを生地から作って焼いてくれた女医さん)と僕の同僚2人のセッション

アカハタは中華での蒸し料理だと高級食材らしいけど、作ったことない料理で失敗したくないから、普通に煮付け


身が締まっていて美味い〜

ウッカリカサゴとオニカサゴはリクエストにお答えして刺身に


オニカサゴ




ウッカリカサゴ



どちらも最っ高に美味いんですさすが、なかなか市場に出回らない高級食材な訳だ。

ちなみに5人中4人がオニカサゴ派でした。オニのが歯ごたえがあって繊細な甘みがありました

ウッカリも超美味かったオニより甘みが強く、脂も乗っていてしっかりした味わいでした


オニカサゴはとにかく最高の出汁が出ることで有名

もちろん刺身のアラを捨てる訳がなく、ウッカリカサゴと共に潮汁に



濃厚な根魚の味に絶句。

あ、ちなみにオニカサゴの毒はフグと違って、加熱すると無毒化されます。

心配していたキンピラも全部食べてくれ、普段はなかなか食べれない魚達にみんな満足してくれたみたいで何よりでした

(≧∀≦){マタタベタイゾ)

南予オフショア爆撃隊3 part3

August 08 [Sun], 2010, 23:55
キャプテンが掛けたモンスターの興奮冷めやらぬままに、お次はベイトを探しながら沖でジギング

根がない所だったので、さすがに僕もジギングで。

ショートピッチやらスロージャークやら、いろいろとジグを動かし、ある程度巻き上げたら再び海底へジグを落とします

そして何回かの後…毎度のようにジグを海底へ落としていくと、さっきより明らかに早くジグが海底に着いたような感触…

しかもゴゴッとちょっと動いたような違和感が

慌ててアワセを入れると、ハンパない重量感が竿先を一気に海面下まで持って行く

すげぇ重いしかもドラグが止まらない…

でも青物みたいな激しさはない…。一瞬、根掛かりしたんじゃないかと思ったほど。

何分経ったか解らない…。ゆったりとゴン、ゴンと竿先を叩くトルクフルな大物は少しずつ海底から引き上げられる…。

キャプテンも操船でサポート

そして、エイかウミガメかと予想していた僕の目の前に白い影が見えてきた


重すぎ


…あ


尻尾に針が掛かってる

しかもデカすぎてギャフ使っても持ち上がらん



やたら尻尾が長いメーターオーバーのオナガザメが釣り上げられました

尻尾で小魚を叩き殺して食べるなかなか賢い子らしいですが、叩かれてはたまらないので必死で針を外して無事リリース。



良く見るとツブラな瞳で結構可愛い

「ギャフ打っちゃってゴメンね


まさかのサメHITの後は少し移動

移動先で再び鯛ラバに戻すと…



リリースサイズながらちゃんとマダイも釣れました


最後はタダ君

ジグにこだわって色々やり続けていましたが、突然竿が大きく曲がり右へ左へと持って行かれます

すごいスピードだったけど無事にネットイン


今回唯一の青物、美味そうなハガツオを見事に釣り上げました

最後に鯛のポイントに行ったけど、潮が動かず終了としました。



今回のキープ


青物が居ないのは残念ですが、美味そうな底モノ連発出来たので満足です


南予はスケールが違うゎ…また行って調査しないとね

南予オフショア爆撃隊3 part2

August 06 [Fri], 2010, 22:55
さて時合いはまだまだ続きまして…。

オニカサゴの後に、またしても鯛ラバにHIT

しかも先ほどまでとは比べものにならない激しい引き

滑るドラグを親指で押さえつつ、みんなが見守る中で上がって来たのは…


でかいオジサン
じゃねーか



なぁんだやっと大型のオオモンハタが来たと思ったのに

ちなみにコイツはオジサンの親戚でオキナヒメジ。沖縄ではよく食べられると言う謎の噂を信じてキープしてみました

まぁ噂の主は沖縄に一度も行ったことがない僕ですが。


んで〜、船が浅場に流されて来たので、続いてはテキサスリグで勝負

すると、今まで沈黙していた釣りの申し子の竿がすんごい勢いでひん曲がる

今度こそ
オオモンハタ



なんじゃコイツ


これはコブダイの仲間に見えるけど、イラと言うベラの仲間です

すんげぇ引きしてた

お次は僕



鯛ラバとテキサスでアカハタ3連発

アカハタです。共産党新聞ではありません

キューピー関連のジャム会社でもありません。(それはアヲハタ)

それにしても毒々しいほど赤色の魚が多いな海は真っ青なのに…。

きっと
シャア専用
底モノだな





そうこうしてる内にキャプテンがナブラを発見

「ちょっと、みーた君のショアジギタックル貸して」と言うので、ポッパー付きで快く貸すと…

ドバンッ

ギュイィーーン

なんと2投目でモンスターが

ドラグ滑りまくり全然止まらん

しかもシイラなら上に上がって来るはずなのに、どうやらカンパチかGTの様な体型だったらしい

…もう「釣りロマンを求めて」を超えたな

かなり粘ったけど、僕のタックルだったので遠慮したキャプテンはそのままラインを出されて根でラインブレイク

えっっと、前日に買ったばかりのポッパー…

まぁいいかすんげぇファイト見れたし

(もちろんキャプテンは後でポッパー買い返してくれるそうです




その後はショアジギのシンペンやタダ君のテキサスにペンペンがアタっただけで、この場所には見切りをつけ、更なる大物を求めて沖へと出て行きました

まだ続くよネタ満載だったもん

南予オフショア爆撃隊3 part1

August 04 [Wed], 2010, 23:55
7月31日(土)PM8:00
4人の男が高瀬の某所に集結した。

キャプテン、Fさん、タダ君、そして僕みーた。

4人が集結するのは3月の荘内メバリング以来。。。そして、この4人は昨年秋に南予オフショア遠征したメンバー。



真っっ青



と言うわけで、今回も南予で船を借りてのオフショア遠征

24時間営業の釣具屋さんやモスバーガーに寄りつつ、8月1日AM1時には到着

まずはテキサスで遊ぶと小さいアタリの後にエソが乗りまくり

他の3人がテキサスし続ける間に、僕は仮眠2時間

そして5時過ぎに出船


レッツ☆ゴー


まずは前にオオモンハタが連発したというポイントから早速開始です

今回のターゲットは底物と青物。みんなはメタルジグで両方を狙う中、僕は底物に絞ってジギングサビキの下に鯛ラバでスタート

するとアタるアタる

まずはサビキ針にイトタマガシラ。

豆アジやテンジクダイの仲間もサビキ針には釣れまくる。。。



名前すら判らない20cmくらいの食べれそうな魚も釣れるなんなんよコイツ…

底物ポイントは根が荒く、根掛かりでジギングサビキをロストしたのを機に鯛ラバのみで続けることに。

すると、今度は良型の重量感で美味しいちゃん


いぇ〜い美味そうな尺超えのウッカリカサゴだぁヾ(^▽^)ノ


Fさんも良型のカサゴをゲットキャプテンもアヤメカサゴをゲット

つまり時合い

続いて更なる高級魚


(≧∀≦)オニカサゴだぜ〜

ヒレには猛毒があるので、ハサミで切ってクーラーへ

前回の南予遠征で魚のサイズを確認できていたのと、最後に鯛ラバでガシラが釣れたのを思い出して、鯛ラバで狙ったのが奏功しました

まだまだ時合いは続きます

ブログも次回に続きます
プロフ
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みーた
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:香川県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-海釣り(ルアー全般、オフショアも)、キャンプなど
    ・ガーデニング-家庭菜園、花壇作りなど
    ・子守り-インコのぴよいとウサギのみみたんがお空に帰ってしまったので、子守りが楽しみ♪
読者になる
まったりスローライフを送る「みーた」のゆったり日記です♪
最新コメントありがとう☆
アイコン画像うわわ
» 半島エギング&島ランガン (2019年09月14日)
アイコン画像ペンキ
» 7月25日(金)の新規開拓夜釣り (2014年09月13日)
アイコン画像みーた
» みーた式テキサスリグ用マルチブレード (2014年06月06日)
アイコン画像たかふみ
» みーた式テキサスリグ用マルチブレード (2014年06月06日)
アイコン画像みーた
» '14 ステラでゴキゲン♪ (2014年04月28日)
アイコン画像ノリ
» '14 ステラでゴキゲン♪ (2014年04月27日)
アイコン画像みーた
» '14 ステラでゴキゲン♪ (2014年04月26日)
アイコン画像たかふみ
» '14 ステラでゴキゲン♪ (2014年04月26日)