ミドリカワ書房の試聴

  • URL:https://yaplog.jp/midorikawashob/archive/2
ミドリカワ書房は北海道上川町出身のアーティスト。
2004年にインディーズデビュー後、2005年にメジャーデビューしています。
独特の雰囲気を持つミドリカワ書房ですが、楽曲の歌詞がとてもリアルで、ひとつの物語のような構成になっています。
ミドリカワ書房の歌詞は、他のアーティストが敬遠してきたテーマが題材になっているので、曲によっては聴いていて心苦しくなることもしばしばあります。
曲のリアリティーさから、心が揺さぶられると言ったほうがぴったりかもしれません。
ミドリカワ書房の楽曲を聴くと、歌詞がとてもリアルなのに対し、歌い方は淡々としているのが印象的です。
ひとつの物語を読み聴かせてもらっているような感覚になります。
物語形式になっている曲を聴きながら、聴く側にいろいろと妄想させるので、「妄想系シンガー」とも呼ばれています。
確かにミドリカワ書房の曲を聴いていると、容易にその場面が想像でき、歌詞の内容が頭の中で描けます。
ダイレクトに伝えてくる他のアーティストとの楽曲とは違った伝え方なので、新しい分野のアーティストが誕生したといえるでしょう。
ミドリカワ書房の曲を聴いて、妄想にふけるのもいいかもしれませんね。
P R