会場入り口にはこんなディスプレーが。

January 31 [Sun], 2010, 21:11
 





今日の主催社はひかるも関西にいるときには

お買い物をするスーパーでした。

こういうことを心がけていますと言う

メッセージも。

福岡のソムリエのタイと大阪は一寸違う。

January 31 [Sun], 2010, 20:33


ソムリエのエプロンとタイを付けて。

でも一回一回結び方が違います。

楽しんで変えているんですが

もう後2回。

そろそろCMバージョンにしようかな?



このデザートは福岡で出していただいたもの。



 この方は大阪のシェフです。

こうしてレシピの紹介をしてくださるのですが

初めてハウスのシチューのパッケージが

説明の中に登場しました。

説明をしてくださったメインディッシュ。 




海の幸と野菜がたっぷりのロールキャベツです。

美味しかった!!

明日ハウス食品のシチューキャンペーン大阪です。

January 30 [Sat], 2010, 11:49
各会場のコックさんが

腕をふるって下さるクリームシチューを使ったお料理が

とても美味しくて参考になります。

ホテルはグランビア大阪。

明日ひかるの写真と共に書きますね。

堤真一さん主演の『バンデラスと憂鬱な珈琲』をwowowで見た。

January 30 [Sat], 2010, 1:59
寝ようと思ってその前にお風呂に。

お風呂場で何を見ようか?番組表を見たら

見たことの無い組み合わせの舞台が。

段田安則さんと高橋克実さんはご一緒に拝見した事があったような。。

でも其の上に高橋由美子さん、小池栄子さんの女性陣に

異色の村杉蝉之介さん、それに若手の中村倫也さん

マギーさんという演出家も初めてだし、

引き込まれて、奇妙なでもキャラクターという

最近軽く扱われる言葉がふさわしくない程の

状況のなかでの人が面白い。

これを見れて今日は運のいい日に違いないと思う。

昨日はスウィート・ベイジルに加藤登紀子さんのライブに伺ったのです。

January 30 [Sat], 2010, 0:16
素敵でした。

自力でいい女になれる

稀有な女性だと思います。

昔から羨ましくなる位

自分を素敵にする気持ちをお持ちです。

勿論元から素敵なんですが

媚びるわけでもなく、女っぽさをむき出しにするでもなく

自然体で自立しているいい女を感じさせるんです。

人に優しいのも、今回お願いに伺ったときに感じた事でした。

今年45周年だそうです。

25周年の真琴さんに記念の言葉はどんな?

と丁寧に聞いて作って下さいました。

素晴らしい曲です。

森繁久弥さんがおつくりになった

知床旅情が発表されて50年、加藤さんがお歌いになって

ヒットして45年だそうです。

来月はそんな事で3回も北海道にいらっしゃるそうです。

アンコールで会場中で『知床旅情』を歌いました。

『ターニング・ポイント』っていうCDで九ちゃんも

カバーしましたっけ。

昨日はレコーディングの予定でした。

January 29 [Fri], 2010, 7:20
何曲か間に合っていたはずでしたが

直しとチェックがあって、昨日は結局レコーディングはせずに

全体の方向性とスケジュールの調整打ち合わせになりました。

Hプロデューサーのご自宅にスタジオが有って

こんな贅沢な時間が出来るんですね。

ありがたいです。

一曲一曲丁寧に進めています。

『REVUE〜響想曲〜』もそうでした。

中山眞美と川嶋太がプロデュース・アレンジを

していたので、細かく真琴さんの想いを生かせました。

同じ年に制作している、正反対の作り方をしているCD.

どんな作品になるか、首を長くしてお待ち下さい。

今年の真琴さんの作品・イベントは

広く宝塚ファンの方たち、

宝塚は知らない沢山の方たちに

真琴さんの特異な、真っ直ぐな生き方や

優しさや音楽のスタイルを

見て聞いていただきたいと

一生懸命作っています。

口コミよろしくお願いします。



『不毛地帯』興味深く見ました。

January 28 [Thu], 2010, 22:52
中々木曜日のこの時間は自宅にいないので

久し振りの放送時視聴。

とても面白かったのですが

気になったのが、唐沢さんのヘアースタイル。

とっても真に迫って素晴らしい演技なのに

ふける為の工夫なのでしょうか?

そしてNHKの『とめはねっ』も。

款を掘るシーンで私も作りたいと思いました。

NHKらしい若者スポコンドラマで

のんびり楽しめます。

書道もスポーツの感覚です。



山田ジルソンが次の約束でした。

January 28 [Thu], 2010, 21:10
2つのTPT作品を経て

とっても逞しくなって

仕事の意欲満々。

彼は年の割りに苦労人で、

両親や兄弟に対しての責任感なども

世代に会わないほど。

よくドラマなどでハーフは難しいよね!!等といわれるけれども

とっても日本人らしい、大和魂を持っている子です。

バタ臭い役者は沢山ご活躍なのですから

規定概念よりも、心を見て欲しいと

強く願っています。

斜めに物事をみたりせず、真っ直ぐ努力する

彼のような人にチャンスを作れなければ

プロダクションとして情けないですね。

努力!!努力!!です。

DVDの映像制作のH氏が新年の挨拶で来社。

January 28 [Thu], 2010, 21:03
今年のライブに使う映像の制作の相談と

ライブDVDを作るか?どうか?

色々映像に関しての打ち合わせをしました。

彼の会社はナレーターを育てたり、マネージメントしたりする会社。

そちらの会社でも仲良く協力し合っています。

元はと言えばポニー・キャニオンの西田担当だったのですが

独立して社長になられたのです。

長い付き合いなので気持ちはわかってくれるのですが

年齢の違いで生き方の哲学は違います。

そんな話にまで発展して

思いがけなく長くなって。。。

次の約束をお待たせしてしまいました。

花巻でお世話になったタクシーの運転手さんからコメントが。

January 27 [Wed], 2010, 9:26
このブログを読んでくださったんですね?!

不思議な気がしますが、これがブログ。

ワゴンタクシーで、サロンのようにリラックスして

載せていただきました。

リラックスしすぎて身内話も。

とても真面目そうで優しい方でした。

又お世話になることがあったら

とても嬉しいです。
曲直瀬道枝プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:曲直瀬道枝
読者になる
1943年5月4日 神奈川県横浜市生まれ
都立九段高校卒
青山学院大学第二文学部英米文科卒
神奈川県横浜市出身、宮城県登米郡登米町に疎開。自然と親しむ。
両親の仕事の関係で上京。母親の死去後1973年六本木ゴトウ花店に入社。
2年間の修行後、Kフローリストでアルバイト経験を経て、1976年潟tルールはなはなを千駄ヶ谷で開店。池袋サンシャインアルタ店、麻布十番店そして、渇「花として西武百貨店・渋谷店ロフト館(現在の(株)ロフト渋谷店)に出店。千駄ヶ谷店を神宮前に移転後池袋店、麻布十番店を閉店。再び千駄ヶ谷に本店を移転。現在に至る。

潟}ナセプロダクション
 父正雄と母花子が1948年に設立し、四女信子と共に水原弘・山下敬二郎・ダニー飯田とパラダイスキング・ジェリー藤尾・坂本九・森山加代子・九重佑三子等を輩出した。又バトントワラーを日本で始めて育成。
正雄が病を得、事業を続けることが困難と当時所属の坂本九よりの要請で、花屋経営のかたわら1982年社長就任。
 1985年8月、日航機事故により、坂本九死去。以降、坂本九の日本で唯一ゴールデンレコードをいただいた歌手としての功績とその人柄を後世に伝える事を目標の一つとして家業を続ける。
 1985年9月、西田ひかるに出会い、マナセプロダクションを再建。
現在は、坂本九・西田ひかる他、系列会社潟Gフ・スピリットで真琴つばさ他のマネージメントと各々新人育成を手がけている。
 亡き先代社長の口ぐせであった「Simple,Light,Clean」を社訓として、事業及びタレント・アーティストの高品位、高品質を目標に業界のみにとどまらず、より高きをめざして、精進していくつもりです。