記者発表

November 28 [Fri], 2008, 1:20
G2さん演出家としてどんなシーンを

魅せてくれるのでしょうか?青のチェックのジャケットがおしやれです
加藤さんと真琴さん。









香寿さんと吉野さん。
いい男と色っぽい女のカップル。

保坂さんと山路さん。だらしの無い夫だそうです。。でも思いやり深い眼差しのような。。

昨日真琴さんはピアスの穴を開けました。

November 28 [Fri], 2008, 0:59
もう周り中ピアスの人だらけの中で、なんか抵抗をしていて。でも、

今回のスーザンと言う役が突っ込んで、攻撃的な部分が無ければ。。と

清水の舞台から飛び込むような気分で。。と言うとオーバーですが

デモ躊躇していました。

45日は間をおかないと.。と共演者に言われて間に合わなくなっちゃうと

いつもお世話になっているお医者様にいきました。

穴を開けるところを決めるのに大変。

あちこちサインペンで穴をあける点を印します。

印しながら、ピアス自体への疑問も。。

ダンスをしたり、アクセサリーを選んだりするたび

ピアスでない事で不便していたのに、お医者様に来ても

迷っている真琴さんに常識人を感じて

今更?と不思議でした。

スーザンの役が攻撃的な役なので思い切ったのでしょうね。

まだ気に入ったピアスを出来る状態ではないですけど

来年には又違った魅力をお見せできると思います。

写真を撮ったのですが、どのカメラだったのでしょうか?

分ったら載せますね。ちなみに私も開けました。

親に貰った身体を傷つけるのは。。と思って居たのですが。。

毒食わば皿まで。例えが違う?

赤信号皆で渡れば怖くない?

是も違う?なんだか分からなくなりました。。

制作発表の模様。

November 27 [Thu], 2008, 12:11
仲良さそうでショ?
  大人な感じの保坂さんにホッとしているとコメントしていました。

失言してしまって、困りながら自分に受けている
真琴さん「少人数の時は、円陣組んで片手中央に出して、”デキル!””デキル!””デキル!”」
「大勢の時は、舞台そでで、おもいっくそ、もとい、おもいっきり背中をたたく!!」(笑い)
『おもいっくそ』と言う自分の言葉に困ってしまう真琴さん。
ファンクラブイベント等でよく見るお顔です。
お隣の香寿さんに助けを求めてる?
又やっちゃった!と。

今日のブログはどうでした?

November 26 [Wed], 2008, 23:24
何時でも何処でもこうしてブログ用写真を撮っています。

もう一枚撮ったんだけど何時の分?

稽古のときはヘアーメイクも途中で。。

November 26 [Wed], 2008, 23:13
エクステンションも付けて、
でもカットは未だしていない途中のヘアースタイル。
墓の仕上がった写真とヘアーを比べてみて。!
朝8時前に入ってお仕度した力の入った作品。
下のほうに金髪が入って後光が差しているようです。
昨日はお誕生日なのにお家でご飯。
ミニスカートを穿いて稽古場まで来たのにね。












香寿さんのお誕生日も祝われました。

November 26 [Wed], 2008, 21:41
チョー急だったので、写真が追いつかず、

また例のピンボケ写真に。

遠くにいるスタッフにお礼を言ったのだと思います


嬉しそうですよね?記者発表でも一日違いのお誕生日と
一年後輩で、花組みで一緒してと、ご縁を強調していらっしゃいました。

『スーザンを探して』の記者発表の稽古から

November 26 [Wed], 2008, 21:09


















バックライトになったのが
何か格好いい!!
ブロンディーが流行っていた時の
自分の年を計算している真琴さん。

そして次が香寿さんが計算しています。
宝塚スターは計算が苦手?

稽古場風景。アンサンブルも優秀。

November 26 [Wed], 2008, 0:08
格好良いでしょう?

上口耕平君、横山敬さん、そして我が青山航士。









躍動感溢れるこの動き見てください。楽しそうでしょう?
コング桑田さんも張り切っています。

稽古場報告2.保坂さん皆さん有り難う。

November 26 [Wed], 2008, 0:02
なにやら青山君からお祝いを。

優しい保坂さんからは猫をじゃらす玩具?

振り回している姿は????

そしてリハーサルの模様も一寸。

November 25 [Tue], 2008, 21:37
記者発表のリハーサルだとは

思えないほどの力作。当選した方たち、

そして記者の皆さん、楽しみにしてくださいね。

保坂さんは勿論、両スーザンもそして吉野さん馬場さん、

山路さん、元狩人の加藤久仁彦さんアンサンブルの皆さん力いっぱい

踊り、歌います。
曲直瀬道枝プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:曲直瀬道枝
読者になる
1943年5月4日 神奈川県横浜市生まれ
都立九段高校卒
青山学院大学第二文学部英米文科卒
神奈川県横浜市出身、宮城県登米郡登米町に疎開。自然と親しむ。
両親の仕事の関係で上京。母親の死去後1973年六本木ゴトウ花店に入社。
2年間の修行後、Kフローリストでアルバイト経験を経て、1976年潟tルールはなはなを千駄ヶ谷で開店。池袋サンシャインアルタ店、麻布十番店そして、渇「花として西武百貨店・渋谷店ロフト館(現在の(株)ロフト渋谷店)に出店。千駄ヶ谷店を神宮前に移転後池袋店、麻布十番店を閉店。再び千駄ヶ谷に本店を移転。現在に至る。

潟}ナセプロダクション
 父正雄と母花子が1948年に設立し、四女信子と共に水原弘・山下敬二郎・ダニー飯田とパラダイスキング・ジェリー藤尾・坂本九・森山加代子・九重佑三子等を輩出した。又バトントワラーを日本で始めて育成。
正雄が病を得、事業を続けることが困難と当時所属の坂本九よりの要請で、花屋経営のかたわら1982年社長就任。
 1985年8月、日航機事故により、坂本九死去。以降、坂本九の日本で唯一ゴールデンレコードをいただいた歌手としての功績とその人柄を後世に伝える事を目標の一つとして家業を続ける。
 1985年9月、西田ひかるに出会い、マナセプロダクションを再建。
現在は、坂本九・西田ひかる他、系列会社潟Gフ・スピリットで真琴つばさ他のマネージメントと各々新人育成を手がけている。
 亡き先代社長の口ぐせであった「Simple,Light,Clean」を社訓として、事業及びタレント・アーティストの高品位、高品質を目標に業界のみにとどまらず、より高きをめざして、精進していくつもりです。