今日から正式にスタートです。

February 29 [Fri], 2008, 15:11
  今日は朝から3月1日にある『GENERATION』の中山眞美の衣装合わせ。
  
  ライブ形式でミュージカルの曲を歌い綴るこの催しも4回をかぞえます。

  どう考えても採算の合わない公演を製作側も出演者もビジネスを越えて

  情熱を傾け、素晴らしいステージを繰り広げます。
  
  私もここで初めて知った異色のボーカリスト達。

  是非沢山の方達に知って、楽しんで頂きたいと願っています。

  中山眞美は熊本出身。

  平尾昌晃さんのボーカルスクールの発表会であまりの声のよさと、

  迫力にビックリ。スカウトをしない方針だった私が九州福岡の学校と

  実家を訪ね、お預かりした娘でした。

  その後色々ありましたが、作曲、アレンジ、ボーカルトレイニングと、
  
  才能を生かし、時々気持ちの良いほどのシンガー振りを見せます。

   昨日は亀梨さん主演の『DREAM BOY』の通し稽古がありました。

  真琴つばさが共演させて頂くのも3回目。
 
  何時もジャニー喜多川さんのエンターテインメントに対する飽くなき情熱と、

  センスと才能とそしてこの仕事でとても大事な体力、集中力に

  おどろかされます。

  前回とストーリーもダンスナンバーもリニュウワルされ、圧巻です。

   なんと相手役は宝塚の大先輩の鳳蘭さん。 明るいおおらかな笑い声と、
  
  気配りではり詰めた緊張感あふれる稽古場をあたためています。

  今日も美味しい田舎おかきをさしいれてくださいました。

  入手困難なプラチナチケットですが、たくさんの方に観て頂けるのが楽しみです。

  

 優しい笑顔のつれさん。(鳳 蘭さん)

  

  

   

明日がブログの誕生日。

February 28 [Thu], 2008, 11:08
 2月29日4年に1度の誕生日。次が来るまでせめて続きますように。
今朝ははなはなのスタッフの勉強会。プロダクションの仕事の狭間に花えの想いがうまって
しまわないように、そしてスタッフの意識レベルが下がらないよう勉強会をしています。
わくわくしてとても充実した1時間半です。麦、薇、桜、桃、子手毬、大輪のガーベラ、スィトピー、
カサブランカ。優しい色が重なって、春の心を贈るアレンジが出来上がります。

テスト

February 28 [Thu], 2008, 11:07
今日からブログ開始。
曲直瀬道枝プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:曲直瀬道枝
読者になる
1943年5月4日 神奈川県横浜市生まれ
都立九段高校卒
青山学院大学第二文学部英米文科卒
神奈川県横浜市出身、宮城県登米郡登米町に疎開。自然と親しむ。
両親の仕事の関係で上京。母親の死去後1973年六本木ゴトウ花店に入社。
2年間の修行後、Kフローリストでアルバイト経験を経て、1976年潟tルールはなはなを千駄ヶ谷で開店。池袋サンシャインアルタ店、麻布十番店そして、渇「花として西武百貨店・渋谷店ロフト館(現在の(株)ロフト渋谷店)に出店。千駄ヶ谷店を神宮前に移転後池袋店、麻布十番店を閉店。再び千駄ヶ谷に本店を移転。現在に至る。

潟}ナセプロダクション
 父正雄と母花子が1948年に設立し、四女信子と共に水原弘・山下敬二郎・ダニー飯田とパラダイスキング・ジェリー藤尾・坂本九・森山加代子・九重佑三子等を輩出した。又バトントワラーを日本で始めて育成。
正雄が病を得、事業を続けることが困難と当時所属の坂本九よりの要請で、花屋経営のかたわら1982年社長就任。
 1985年8月、日航機事故により、坂本九死去。以降、坂本九の日本で唯一ゴールデンレコードをいただいた歌手としての功績とその人柄を後世に伝える事を目標の一つとして家業を続ける。
 1985年9月、西田ひかるに出会い、マナセプロダクションを再建。
現在は、坂本九・西田ひかる他、系列会社潟Gフ・スピリットで真琴つばさ他のマネージメントと各々新人育成を手がけている。
 亡き先代社長の口ぐせであった「Simple,Light,Clean」を社訓として、事業及びタレント・アーティストの高品位、高品質を目標に業界のみにとどまらず、より高きをめざして、精進していくつもりです。