明日は三木たかしさんを偲ぶ会です。

April 20 [Tue], 2010, 21:04
あっという間に逝ってしまわれて。。。

その後も宝塚の名作の中にも、

三木さんがかかわられた作品に出会うたびに

懐かしく、寂しい気持ちがつのりました。

もう直ぐ一年になりますね。

音楽がお好きな、本当に優しい方でした。

三越の前でお逢いした事がありました。

その時も熱っぽく、いまこの子の声が素晴らしいと思ってと

カセットテープ(MD?)を聞かせてくださって。。

駐車場のおじさんに不思議そうな顔をされたのを

一寸照れくさそうに『じゃあ!!元気でね!』って。

柏木さんがレコーディングする時も

付き合ってくださって、

慣れない彼女のレコーディングディレクターを

勤めて下さいました。

懐かしいです。MISSINNG YOU。。

ご冥福を祈っています。

『ワンダーフル・タウン』チケット発売うけつけています。

April 20 [Tue], 2010, 19:51

「ワンダフルタウン」チケットの先行予約を開始致しました。

<東京公演>10/23〜11/4 青山劇場
<名古屋公演>11/11〜14 中日劇場
<大阪公演>4/3〜4 梅田芸術劇場

この作品はお話があった最初からこの役でっておっしゃってくださって。
クラブのオーナー、
ヴァレンティ役で出演します。

ダンスを中心に出演してそこで評価していただくと
中々役を決めて出演依頼は無くって。
アイーダで見てくださったスタッフの方たちが
是非といってくださったのです。
歌ったり踊ったり、結構キャラの強い役なので
どう演じてくれるのか?!楽しみです。

昨日からCHICAGOの稽古に入って。。。
ボブフォッシーの作品で踊る青山航士も
見ていただきたいのですが(追加チケット受け付けています。)
この秋の作品も楽しみです。
又進化を楽しみに脚を運んでください。

さあ又弊社の役者の舞台ラッシュがきます。

April 20 [Tue], 2010, 16:08
山田ジルソン、D.K HOLLYWOOD『Zip-A-Dee-Doo-Dah』

青山航士、ブロードウェイミュージカル「CHICAGO」

広瀬彰勇、「オーファンズ 〜孤児たち〜」    ライル・ケスラー作
           
そして真琴つばさと目白押し。

チケット販売も夫々受け付けています。

どうぞどうぞ彼らの歴史の証人になって下さい。

本日取材日。普段お世話になった事の無い雑誌にも。

April 20 [Tue], 2010, 16:02
衣装もずらっと並べて。。。

どれを何処で着ようかなー!!と

真琴さんはここには色が綺麗なもの。

ここには格好良いものと

次々選びます。

そのうちびっくりするところで出会うかも。。。

楽しみにして下さいね。

若い子達の教育とか政治とかを見ても自由が良いとは言い切れませんが

April 20 [Tue], 2010, 15:47
相撲協会の伝統を云々しながら

長い伝統を持ち続けている部屋を

選挙の秩序という、政治家のような理由で

破門にして、締めざるを得ないようにするとは。。。

又又私たちに不可解な想いをさせる珍事。

意見を一本化することと締め付けることと違う筈。

貴の花関がはいられても、一人味方が減ってしまっては同じ。

民主主義からは程遠い世界ですね。

皆公平って実際には無理ですが

客観性を持って可笑しい事は是正しなくては。。。

一寸むきになってしまいました。
曲直瀬道枝プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:曲直瀬道枝
読者になる
1943年5月4日 神奈川県横浜市生まれ
都立九段高校卒
青山学院大学第二文学部英米文科卒
神奈川県横浜市出身、宮城県登米郡登米町に疎開。自然と親しむ。
両親の仕事の関係で上京。母親の死去後1973年六本木ゴトウ花店に入社。
2年間の修行後、Kフローリストでアルバイト経験を経て、1976年潟tルールはなはなを千駄ヶ谷で開店。池袋サンシャインアルタ店、麻布十番店そして、渇「花として西武百貨店・渋谷店ロフト館(現在の(株)ロフト渋谷店)に出店。千駄ヶ谷店を神宮前に移転後池袋店、麻布十番店を閉店。再び千駄ヶ谷に本店を移転。現在に至る。

潟}ナセプロダクション
 父正雄と母花子が1948年に設立し、四女信子と共に水原弘・山下敬二郎・ダニー飯田とパラダイスキング・ジェリー藤尾・坂本九・森山加代子・九重佑三子等を輩出した。又バトントワラーを日本で始めて育成。
正雄が病を得、事業を続けることが困難と当時所属の坂本九よりの要請で、花屋経営のかたわら1982年社長就任。
 1985年8月、日航機事故により、坂本九死去。以降、坂本九の日本で唯一ゴールデンレコードをいただいた歌手としての功績とその人柄を後世に伝える事を目標の一つとして家業を続ける。
 1985年9月、西田ひかるに出会い、マナセプロダクションを再建。
現在は、坂本九・西田ひかる他、系列会社潟Gフ・スピリットで真琴つばさ他のマネージメントと各々新人育成を手がけている。
 亡き先代社長の口ぐせであった「Simple,Light,Clean」を社訓として、事業及びタレント・アーティストの高品位、高品質を目標に業界のみにとどまらず、より高きをめざして、精進していくつもりです。