(続)菊田一夫さんと植田紳爾さんとの出会いは

April 17 [Sat], 2010, 21:11
菊田一夫さんが『霧深きエルベのほとり』の再演を演出なさって

初日には見えられなくて、数日たってから見えたそうです。

植田紳爾さんは短い作品を書かれて演出もなさったそうです。

初めて公演を観られた後、菊田さんが後を付いて来いと

どんどん別の建物だった劇団に歩いていかれて

理事長室に着くと、理事長に向かって

この子は書けるよ!いい本を書くよ!!と

褒めてくださったそうです。

とても嬉しかったと語っていらっしゃいました。

すみれの花咲く頃はドイツの歌で

もっともっとテンポの速い曲だったそうです。

以上興味深いエピソードでした。

もうすぐ『世界一受けたい授業』放送です。

April 17 [Sat], 2010, 18:57


一昨日はブログの更新をしている姿でしたが

きょうは話しかけて口を尖らせている真琴さんです。

鳥居ユキさんのチェックのジャケットと

パンツが可愛いです。イヤリングのブルーも?

明日の爆問学園『イキすぎ!規則委員会』の写真初公開。

April 17 [Sat], 2010, 15:35
爆問学園の生徒という設定で

なんとセーラー服!!

女学生の頃には経験があるそうですが。。。

皆さんは見たことが無いですよね。

似合っていて、不自然じゃないのが不思議でした。



大きくして公開したかったんですが。。

叱られそうなので代わりに

画面写真を。

宣伝スポットから。


18日テレビ朝日系です。

???な応えもありますが

それも相変わらず面白い。

必見です。

SHOW店街組曲1.でご披露済みでしたね!

ご指摘有り難う!!
曲直瀬道枝プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:曲直瀬道枝
読者になる
1943年5月4日 神奈川県横浜市生まれ
都立九段高校卒
青山学院大学第二文学部英米文科卒
神奈川県横浜市出身、宮城県登米郡登米町に疎開。自然と親しむ。
両親の仕事の関係で上京。母親の死去後1973年六本木ゴトウ花店に入社。
2年間の修行後、Kフローリストでアルバイト経験を経て、1976年潟tルールはなはなを千駄ヶ谷で開店。池袋サンシャインアルタ店、麻布十番店そして、渇「花として西武百貨店・渋谷店ロフト館(現在の(株)ロフト渋谷店)に出店。千駄ヶ谷店を神宮前に移転後池袋店、麻布十番店を閉店。再び千駄ヶ谷に本店を移転。現在に至る。

潟}ナセプロダクション
 父正雄と母花子が1948年に設立し、四女信子と共に水原弘・山下敬二郎・ダニー飯田とパラダイスキング・ジェリー藤尾・坂本九・森山加代子・九重佑三子等を輩出した。又バトントワラーを日本で始めて育成。
正雄が病を得、事業を続けることが困難と当時所属の坂本九よりの要請で、花屋経営のかたわら1982年社長就任。
 1985年8月、日航機事故により、坂本九死去。以降、坂本九の日本で唯一ゴールデンレコードをいただいた歌手としての功績とその人柄を後世に伝える事を目標の一つとして家業を続ける。
 1985年9月、西田ひかるに出会い、マナセプロダクションを再建。
現在は、坂本九・西田ひかる他、系列会社潟Gフ・スピリットで真琴つばさ他のマネージメントと各々新人育成を手がけている。
 亡き先代社長の口ぐせであった「Simple,Light,Clean」を社訓として、事業及びタレント・アーティストの高品位、高品質を目標に業界のみにとどまらず、より高きをめざして、精進していくつもりです。