昨日今日一気に書きすぎて真琴さんの写真を見て

April 16 [Fri], 2010, 22:24
いただけてないか?心配です。

14日15日に大放出しています。

一寸日にちを繰り下がってみて下さい。

美川さんの公演の時のりりしい姿が

沢山あります。

はらんの葉で包んだ器のアレンジメント。

April 16 [Fri], 2010, 22:04

 ピンクのガーベラ、ピンクの薔薇の
グラデーション。
多様なグリーンが爽やかさを演出います。
向うにグリーンがかった白のカーネーションが。



オレンジ色のアマリリスと濃いオレンジのガーベラが
深い夏から秋を思わせます。
実は春のアレンジですが秋冬のコレクションに贈られました。
アスパラガスの葉は散るので嫌う方も多いのですが
レースのようなこの風情が私は好きです。

CDの仕上げの時に以前のレコーディング風景を一枚。

April 16 [Fri], 2010, 20:21

今日は真琴さんのお誘いで安寿ミラさんの『FEMALE』Vol.10を拝見しました。

April 16 [Fri], 2010, 17:55
ダンスコンサートでこれだけのものを10回もしていらっしゃるなんて凄い!!

姿月さんや愛華さん、風花さん、瀬奈さん、沢山の後輩の皆さんが

満員のお客様と共に、一心に見ていらっしゃいました。

30周年だそうですがお若いですね。

何年か前に多分年安寿さん25周年真琴さん20周年の時に

対談をご一緒して

その時にお逢いしたんですが、お変わりの無さに驚きました。

本間理紗20歳になりました。彼女のブログも独特。

April 16 [Fri], 2010, 9:43

石川雅宗のブログ同様大好きなんです私。

見てみて下さいね。

そして品川さんのブログも。

お嬢さんの写真と出産記がありますが

品川さんらしくおかしく、微笑ましく、感動的でせつない。

最後の言葉は自分の出産の時の感慨を

ついおもいだして。

とっても可愛い赤ちゃんです。

奥様お綺麗なのでしょうね!?

おめでとうございます。

ブログ覗き回って下さいな。

人となりに対してとブログに対しての私の

好みが分っていただけるかも。

ね。

子供のライターの火遊びによる火災が多いので

April 16 [Fri], 2010, 7:25
国が使い捨てライターの回収をするか?

頭を悩ませているとのこと。

そんな事を国にさせないで自分達で危険なところに放置しない様に

気をつけましょうよ!!子供にも厳しくどんなことになるのか

教えましょうよ!そんな事に国が手を出して、国に手を出させて

大事なことで働いてもらえなくなっちゃう。

日本人として国という存在と大事さを

しっかり国にも分ってもらわなくっちゃ。

そんな事を思わされたニュースでした。

明日CD録音データーが工場入りです。いよいよ。。。!!!

April 16 [Fri], 2010, 1:56
ジャケットも最終段階。

真琴さんは細かくチェックして。。。

畑さんにも積極的に参加していただいて。。

真琴さんやNORUさんがデザインに強いのになれた私が、

畑さんのデザイン力に又びっくり。

僕家でイメージを作って送りますっておっしゃって。。

数時間したらパソコンを駆使したデザインが。。。

多才な方です。

このアルバムの中には知られていない彼の能力?

技術が他にも隠れています。。。。。を探せ!!です。

(続)お宝映像、お宝音声も聞かせていただきました。

April 16 [Fri], 2010, 1:45
映像は撮影中に監督が

出演者に駄目だしをされ続けているもの。

そうやって丁寧に作っていく事でよいものが出来たと思うか?

お金を、手間をかけなくなったから今の映画がつまらなくなったと思おうか

自由に作るから人が育つと思うか?

自由に作るから良いものが出来るんだと思うか?

白井さんがそんな疑問を提案されました。

植田紳爾さんからは『モン・パリ』の歌声を。

昭和初期のものだそうです。

男役の歌声がソプラノでびっくり。

いずれも貴重な経験でした。

コーディネーターの藤田敏雄さんはじめ

安倍寧さん、植田紳爾さん、白井佳夫さん有り難うございました。

舞花さん『品川さんに女児が授かった』報告有り難うございます。

April 16 [Fri], 2010, 1:32
今日は彼のブログを見逃していたので

嬉しいです。お昼に出産ということは14日の朝で12時間半といっていましたから

約40時間も御腰をさすってあげていたんでしょうか?長男の時私も長いお産で

回りに苦労をかけましたから、大変さはよく分ります。

でも今になって良い経験だったと思います。

お花を贈ったらの助言は余計なお世話です。

彼の直向なところと、自分をよりアップさせようとする意欲、意識が

微笑ましくもあり、好きでもあり、時には学べるところでもあります。

決して近い存在ではないですし、スタジオなどでお逢いしても

お声を懸けることもしません。

彼が良くなると、早い時点から『この人は何かある』
と思った自分を褒めたりして。。。

舞花さんは何かと勘違いちゃんなので気をつけて。
曲直瀬道枝プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:曲直瀬道枝
読者になる
1943年5月4日 神奈川県横浜市生まれ
都立九段高校卒
青山学院大学第二文学部英米文科卒
神奈川県横浜市出身、宮城県登米郡登米町に疎開。自然と親しむ。
両親の仕事の関係で上京。母親の死去後1973年六本木ゴトウ花店に入社。
2年間の修行後、Kフローリストでアルバイト経験を経て、1976年潟tルールはなはなを千駄ヶ谷で開店。池袋サンシャインアルタ店、麻布十番店そして、渇「花として西武百貨店・渋谷店ロフト館(現在の(株)ロフト渋谷店)に出店。千駄ヶ谷店を神宮前に移転後池袋店、麻布十番店を閉店。再び千駄ヶ谷に本店を移転。現在に至る。

潟}ナセプロダクション
 父正雄と母花子が1948年に設立し、四女信子と共に水原弘・山下敬二郎・ダニー飯田とパラダイスキング・ジェリー藤尾・坂本九・森山加代子・九重佑三子等を輩出した。又バトントワラーを日本で始めて育成。
正雄が病を得、事業を続けることが困難と当時所属の坂本九よりの要請で、花屋経営のかたわら1982年社長就任。
 1985年8月、日航機事故により、坂本九死去。以降、坂本九の日本で唯一ゴールデンレコードをいただいた歌手としての功績とその人柄を後世に伝える事を目標の一つとして家業を続ける。
 1985年9月、西田ひかるに出会い、マナセプロダクションを再建。
現在は、坂本九・西田ひかる他、系列会社潟Gフ・スピリットで真琴つばさ他のマネージメントと各々新人育成を手がけている。
 亡き先代社長の口ぐせであった「Simple,Light,Clean」を社訓として、事業及びタレント・アーティストの高品位、高品質を目標に業界のみにとどまらず、より高きをめざして、精進していくつもりです。