昨日のご飯がボリュームがありすぎてサラダと一緒で御腹一杯。

April 04 [Sun], 2010, 19:59
残ったご飯で今日はチャーハン。

大根の葉と豚肉と玉葱のみじん切りと

炒めてご飯と併せて炒め続けるだけ。

もやしと鶏肉団子のスープと

西武で買ってきた胡瓜の中華風サラダで

仕上がりました。

一生懸命作ったのに

家族は寝てしまっています。

7時過ぎですよ?!

がっかり。

土曜日は翌日早い仕事でない事が多いので

April 04 [Sun], 2010, 19:46

ゆっくり夕食。

作りおきではなく、その場で料理します。

きのは鶏の胸肉ににんにくをこすりつけ

塩胡椒してオリーブオイルでローストしまて

人参、玉葱、にんにくの芽、白菜、などを小さくカット。

肉と野菜をひたひたにしてスープの素を入れて

煮込んで味がしみたところで

耐熱のようきに入れて

鶏にとろけるチーズを載せ

オーブンで焼いて出来上がり。

一寸豪華な一品が出来ました。

鶏肉に調味料をつけた後

肉の筋を切る為のトンカチのようなもので

叩くのがコツ。

お皿が汚くなったのが減点です。

見直したら写真が大きくなりすぎてて吃驚!!そういう意味のびっくりではなかったのに。

April 04 [Sun], 2010, 9:22
お花見写真の後

お稽古までの時間があると言うので

ご飯へ。。。とサントリーホール前の

オウバカナールへ。

ウェイターの方が案内してくださった場所は

なんと約一年前加藤和彦さんとお逢いしたお席。

導かれているような気がしました。

パンが美味しくって、(ステーキとトマトサラダをオーダー。)

お料理が出てくる前にパンのお変わり。

御腹が空いていたんですね。

とっても充実したご飯でした。

曲が出揃った事もあり

そんな話も。

加藤さん、良い作品を作りますからね。

真琴つばさびっくり写真3.

April 04 [Sun], 2010, 0:01

縦にしたら入るかしら?と

カメラの向きを変えて。。。

でもカメラを向ける角度の問題ですね?!

結局自撮りはうまくいかず

桜をアップで撮影して満足していらっしゃいました。

明るい薄紫のブラウスに白いパンツ姿ですから

目立ちますよね!!

あ!!と立ち止まって信じられない顔をしている人、

『写真撮っちゃちゃった!』と

はしゃいでいる方たちの声を後に

そこを立ち去りました。
曲直瀬道枝プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:曲直瀬道枝
読者になる
1943年5月4日 神奈川県横浜市生まれ
都立九段高校卒
青山学院大学第二文学部英米文科卒
神奈川県横浜市出身、宮城県登米郡登米町に疎開。自然と親しむ。
両親の仕事の関係で上京。母親の死去後1973年六本木ゴトウ花店に入社。
2年間の修行後、Kフローリストでアルバイト経験を経て、1976年潟tルールはなはなを千駄ヶ谷で開店。池袋サンシャインアルタ店、麻布十番店そして、渇「花として西武百貨店・渋谷店ロフト館(現在の(株)ロフト渋谷店)に出店。千駄ヶ谷店を神宮前に移転後池袋店、麻布十番店を閉店。再び千駄ヶ谷に本店を移転。現在に至る。

潟}ナセプロダクション
 父正雄と母花子が1948年に設立し、四女信子と共に水原弘・山下敬二郎・ダニー飯田とパラダイスキング・ジェリー藤尾・坂本九・森山加代子・九重佑三子等を輩出した。又バトントワラーを日本で始めて育成。
正雄が病を得、事業を続けることが困難と当時所属の坂本九よりの要請で、花屋経営のかたわら1982年社長就任。
 1985年8月、日航機事故により、坂本九死去。以降、坂本九の日本で唯一ゴールデンレコードをいただいた歌手としての功績とその人柄を後世に伝える事を目標の一つとして家業を続ける。
 1985年9月、西田ひかるに出会い、マナセプロダクションを再建。
現在は、坂本九・西田ひかる他、系列会社潟Gフ・スピリットで真琴つばさ他のマネージメントと各々新人育成を手がけている。
 亡き先代社長の口ぐせであった「Simple,Light,Clean」を社訓として、事業及びタレント・アーティストの高品位、高品質を目標に業界のみにとどまらず、より高きをめざして、精進していくつもりです。