今日は面白かった!!何が?『ごきげんよう!』の

November 05 [Wed], 2008, 22:22
来週の月、火、水が西田ひかる

金曜日そして再来週の月、火曜日は真琴さんと

1時半からズーットお台場のCXに居たのです。

さすが再来週分は又後日なのですが

小堺さんは私の顔を見て又ですか?って感じ。

二人とも元気に大活躍でした。

ひかるは赤ちゃんの話、野菜ソムリエの話、

そして真琴さんは動物の話と笑いを誘っていました。

今日はTBS『温泉へGO!!』の最終収録日。

November 05 [Wed], 2008, 9:40
厳しくも喜びに満ちた(本人談)毎日がとうとう終わります。

若手の女性スタッフTが受けたこの仕事。

番手とかスケジュールとかカトリーヌが気に入らないのでは?と

心配したのですが、私の勝手な思い込みでしたね。!

演ずる事の大好きなカトリーヌは舞台の仕事が多い事も有り、

映像の仕事をとても楽しんだようです。

良い持ち味を出していました。ね?!

職場のムードメーカーも果たす、

どこに行っても安心な実力派です。

又ドラマとの良い出会いをスタッフ共々

めざしましょうね!?

こういう仕事をとれたことが若手のスタッフの

励みにも歓びにも繋がるのですもの。

昨日の真琴さんは元気でした。

November 05 [Wed], 2008, 6:12
そして今日もテレビの番組の収録で       


其の元気な姿に合えることと思います。

11月の間に何本かテレビ収録をして、

中旬からは一週間を二つの仕事を。。

怒涛のようにディナーショウのリハーサル、スーザンの稽古と

集中力が切れないように、パワーアップしていきます。

真琴さんの『愛の賛歌』を聞いて独特のムードとニュアンスに

鳥肌が立ちました。

歌の上手い下手を真琴さんはすぐ口にしますが、

自分でコントロールしてきた男役としての声と

彼女自身の自然に出る声が調和?

すれば彼女にしか出来ない

素晴らしい表現が出来るのでしょう。

そんな片鱗を感じたファンクラブイベントでした。        

いよいよG2さんの演出にも会えます。

どんな『スーザンを探せ』作り上げてくださるか?

楽しみです。

曲直瀬道枝プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:曲直瀬道枝
読者になる
1943年5月4日 神奈川県横浜市生まれ
都立九段高校卒
青山学院大学第二文学部英米文科卒
神奈川県横浜市出身、宮城県登米郡登米町に疎開。自然と親しむ。
両親の仕事の関係で上京。母親の死去後1973年六本木ゴトウ花店に入社。
2年間の修行後、Kフローリストでアルバイト経験を経て、1976年潟tルールはなはなを千駄ヶ谷で開店。池袋サンシャインアルタ店、麻布十番店そして、渇「花として西武百貨店・渋谷店ロフト館(現在の(株)ロフト渋谷店)に出店。千駄ヶ谷店を神宮前に移転後池袋店、麻布十番店を閉店。再び千駄ヶ谷に本店を移転。現在に至る。

潟}ナセプロダクション
 父正雄と母花子が1948年に設立し、四女信子と共に水原弘・山下敬二郎・ダニー飯田とパラダイスキング・ジェリー藤尾・坂本九・森山加代子・九重佑三子等を輩出した。又バトントワラーを日本で始めて育成。
正雄が病を得、事業を続けることが困難と当時所属の坂本九よりの要請で、花屋経営のかたわら1982年社長就任。
 1985年8月、日航機事故により、坂本九死去。以降、坂本九の日本で唯一ゴールデンレコードをいただいた歌手としての功績とその人柄を後世に伝える事を目標の一つとして家業を続ける。
 1985年9月、西田ひかるに出会い、マナセプロダクションを再建。
現在は、坂本九・西田ひかる他、系列会社潟Gフ・スピリットで真琴つばさ他のマネージメントと各々新人育成を手がけている。
 亡き先代社長の口ぐせであった「Simple,Light,Clean」を社訓として、事業及びタレント・アーティストの高品位、高品質を目標に業界のみにとどまらず、より高きをめざして、精進していくつもりです。