☆日本1−0バーレーン★辛勝…負けなくって良かった。

2005年03月30日(水) 21時38分
どうしても負けられない今日のバーレーン戦…。

夕方の北朝鮮vsイラクは0−2でイラクが勝った後なだけに、めちゃくちゃ大きなプレッシャーが全選手に圧し掛かった。

勝ち点が試合前の段階でイラクが7、バーレーンが4、日本が3という状況の中…。

もし今日負けてたら…残り3試合全て勝つしかワールドカップ進出は考えれなくなるとこやった。

前半は、コーナーキックやフリーキックのチャンスはたくさんもらったものの、赤く高い壁が立ちはだかり、俊輔のキックはことごとく壁に跳ね返された

ともに決定的な場面を作れず、無得点のまま後半に入った。

日本は後半10分過ぎから相手ゴールを何度か脅かしたが、ゴールを割ることができず、苦戦を強いられた。

しかし、後半26分にフリーキックからのゴール前の混戦でバーレーンの司令塔サルミーンのクリアしたボールが見事にゴールに突き刺さり、オウンゴール

待望の先制点をもぎ取った

とにかく今日は左の三都主がドリブル突破絶妙なクロスも効果的に入ってチャンスもたくさんあったけど、なかなか追加点も取れなかった

最後の5分間にバーレーンが同点を狙って猛反撃を仕掛けたが、日本はこれをしのぎきり、1−0でなんとか勝利

ホームでとりあえずジーコ監督宣言どおりの勝ち点3GETだぁ〜
これで最終予選は半分の日程を終え、日本は首位イランに続くグループ2位
次の第4戦は6月3日、高温多湿アウエーの地で再びバーレーン代表と戦う。

でもジーコさんなんで…高原がフル試合出場なんっすか

鈴木に代えてやっぱり玉田ですか

それに、1点差でなんとか勝ってる試合での、残り時間の消化の仕方…交代のタイミング…あれなんですか

イナにはたった3分っすか

まぁ〜勝ったからいいけど…

皆さんのブログも見てみましょう

☆イラン2−1日本★ジーコ不可解な采配またしても…。

2005年03月25日(金) 23時45分
2006年ドイツワールドカップアジア最終予選B組第2戦、イラン―日本は、テヘランのアザディ競技場で行われ中田英、俊輔、小野、高原の4人を軸とする先発メンバーでで臨んだが、三都主、鈴木、遠藤、などアジアカップからの
ジーコJAPANを支えてきたメンバーをベンチからも外し、システムも4バック大幅にチームを改造して望んだわけだが…。
相手のサイド攻撃を警戒しての策だろうが、あくまでも相手に合わせたプランであって、これまでのジーコJAPANらしさを出すべきやったんちゃうかなぁ〜と思った。

序盤は高い位置でボールを奪ってイランゴール前に迫る姿勢も見せたが決定力に乏しい…2トップの高原&玉田…あの2人は何してたんでしょうか次のバーレーン戦もやっぱりあの2人なんでしょうか

高原は帰国しないでいいっすよ…そのまま現チームに戻っちゃってください

そしてとうとう前半25分、FKからのスキを突かれ、ハシェミアンに先制点を決められた

後半、全体的にスローペースになったイラン相手に反撃を強め、遂に66分、中田英の浮き球クロスに柳沢が競り、そのこぼれ球を福西が決めて同点とし、一度は追いついた

しかし75分にまたしても、ハシェミアンに今度はヘッドで決勝点を奪われた

残り時間もあきらめず攻めはするが、決めきれない…そして今回も遅過ぎる柳沢、大黒投入

そして、前半からいい動きをしていた小野を代えてしまったのも疑問だ…。


30日埼玉でのバーレーン戦…本気で勝つしかないじょ〜

修正点は満載だ

皆さんのブログも見てみましょう

☆日本2−1北朝鮮★大黒J20ゴール男が日本の救世主に!

2005年02月09日(水) 23時20分
サッカーの2006年ドイツワールドカップアジア最終予選B組の第1戦、日本―北朝鮮が埼玉スタジアムで行われ、日本が2―1で勝ち、3大会連続のW杯出場に向け好スタートを切った。

北朝鮮による日本人拉致問題などを巡り、日朝間の深刻な対立が続いているため、政府と日本サッカー協会は警備態勢を強化して臨んだ。

観衆約6万人のうち、約5000人は在日朝鮮人の北朝鮮サポーターで、応援合戦は繰り広げられたが、大きなトラブルは起きなかった。

6月8日に、平壌で北朝鮮と最終予選の第5戦を行う。

日本は4分、MF小笠原がFKを直接決めて先制

しかし61分にDFナム・ソンチョルに同点弾を許したが、後半ロスタイムに途中出場のFW大黒が決勝点を決めた。

既に後半46分ロスタイムとなっていた。

小笠原の右からのクロスをGKがはじくと、スタジアムは祈りと絶叫と悲鳴が交錯した。

しかし、このこぼれ球が福西へと渡った時にゴール前にするりと動き出した大黒

パスを受けると鋭く反転して左足を振り抜いた一撃最高の結果となった。

日朝とイラン、バーレーンで構成されるB組のリーグ戦で無条件でW杯出場権を獲得するには、上位2位までに入ればよい。

日本の第2戦は3月25日、最大のライバルと言われるイランとアウエーでの対戦。

初戦の北朝鮮に勝って勝ち点3を挙げたことで、敵地でのイラン戦は引き分け(勝ち点1)でも十分、という戦い方が可能になった。

北朝鮮の先発メンバーには、在日朝鮮人JリーガーのMFリ・ハンジェ(李漢宰、広島)とMFアン・ヨンハッ(安英学、名古屋)も入った。

北朝鮮イレブンは、開始直後の失点にも動揺せず、豊富な運動量と激しい当たり、勝負にかける強い意欲で予想以上のプレーを展開…。

日本を最後まで苦しめた。1966年以来、40年ぶり2度目のW杯出場を目指し、ホームでのバーレーンとの第2戦に臨む。

皆さんのブログも見てみましょう

☆日本3−0シリア★2点目はガンバホットライン!

2005年02月02日(水) 20時28分
ツネちゃんが復帰した今日のシリア戦

スタンドは空席が目立つ埼玉スタジアム2002

前半44分、波状攻撃を仕掛けた後、左サイドから三都主が上げた浮き球のクロスボールに今日も先発起用の鈴木が高さのある頭で叩き込んだ

序盤から日本がボールを支配するものの、時折パスミスからシリアにカウンター攻撃を受け、幾度かピンチも招いている…

大黒の出番はいつ

後半シリアが1人退場で減ってしまったこんな試合では減って欲しくなかった

24分右サイドからヤットの鋭いクロスに合わせたのはなんと背番号5番の頭…わぁ〜おツネちゃんやんっ

このまさかのガンバ大阪ホットラインで2点目GET

でも終盤一人少ないシリアに随分攻め込まれてたぞぉ〜

そんで、ジーコさんはやっぱり大黒つかってくれませんでした

それにしても今日の審判さん…あまりにも誤審多くないっすかちょいジャッジレベル低いなぁ〜

最後は終了直前、左の三都主からのクロスを鈴木が絶妙なスルー…走り込んだ小笠原のゴールでダメ押し

更に…もう1点って思った本山の代表初ゴールはポストに嫌われた…

まぁ〜ええ感じの試合やったと思う

さぁ〜準備は整ったかっ最終予選頼むでぇ〜

皆さんのブログも見てみましょう

☆日本4−0カザフスタン★快勝!終盤、大黒も出場!

2005年01月29日(土) 21時53分
サッカーW杯アジア最終予選初戦、北朝鮮戦(2月9日)に向けた強化試合、キリン・チャレンジカップが横浜国際総合競技場で行われ、カザフスタン代表と対戦した。

前半から玉田、松田、三都主のゴールで3点をリードして折り返すと、後半にも玉田が得点し4−0と快勝した。

でも両チームに気持ちの差がはっきりと出ていて試合の内容としては、イマイチやった

欧州組を召集せず、日本にいるメンバーのみで戦いはしたが、選手それぞれの動きもけっこうよく、大事な試合を目前に控えた緊張感もあり、相手が相手ではあるものの、良かったと思う

でもはっきり言って今回のカザフもシリアも別に北朝鮮を想定するような相手でもないように思う…。

欧州組が召集されるであろう北朝鮮戦では、今日の先発メンバーで、だれが外されるかって事がなんとなく使われ方でわかってしまったような気もする。

そして後半残り少ない31分からの登場ではあったけど、A代表初出場の大黒独特の飛び出しも冴えてて良かったと思う

さぁ〜シリア戦では、今日以上の出番用意したってなぁ〜ジーコさん…。

皆さんのブログも見てみましょう

★日本0−3ドイツ☆完敗…やっぱりドイツは強い…。

2004年12月16日(木) 23時21分
キリンチャレンジカップ2004
- Go for 2006! -


親善試合とはいえドイツ代表と貴重な対戦…。
序盤からドイツのボールキープ率が高かった。

日本はボールを持ってもゾーンをほとんど崩せず序盤から苦しい展開だった。

なんとか前半は無失点で切り抜けたが…。

徐々に日本は守りにはいってしまった。

少ないカウンターでチャンスを伺うようになる。

右サイドの小笠原と加地の動きが良かっただけに、左サイドからももっと工夫が欲しかった。

後半もなかなか攻めきれない日本を尻目に、54分遂にドイツがゴールまで約35m、左サイドからのフリーキックをバラックが直接狙った。
ゴール左に飛んだボールを、楢崎が横っ飛びでセーブするがこぼしてしまい、そこに詰めたクローゼが右足アウトサイドで流し込みドイツに先制された。

さらに69分には、DFが崩壊…空いたスペースを急襲され、バラックがペナルティーエリア外左45度からシュート
そのままゴール右上に突き刺され2点目

直後にこの日、日本代表の初キャプテンを務めたイナに代わってヤットがピッチに登場…。

今日のイナは、久々の国際試合復帰戦ではあったが、髪型以外は動きも悪くはなかったと思うけど…この日本代表の試合内容で、正直プレミア復帰はチョイ先になってもたような気もする

そしてそしてどうにかこうにか、1点でも返そうと攻撃を仕掛けるがゴールは遠く、逆にドイツにロスタイムにもとどめの一撃を好調クローゼに決められ完敗…

スピードだけでは互角いや…ドイツを上回ってたように見えただけに、せめて1点くらいは欲しかった。

得点は、三都主の今日は精度もそこそこ良かったセットプレイからでもよかったねんけど

でもまぁ〜ドイツのバラックはほんまに凄かった。

運動量は全く落ちることなく常に前線で日本DF陣を翻弄し続けてた…パスの精度も高かった。
その上、シュートだって自分で狙ってくる…。

ゴール意識の強い選手やった。


皆さんのブログも見てみましょう


アジア最終予選の日本代表の相手は北朝鮮!

2004年12月09日(木) 17時58分
サッカー・ワールドカップドイツ大会アジア最終予選

抽選会が今日、マレーシアのクアラルンプールで行われた。

日本はB組に入り、イラン、バーレーン、北朝鮮の3か国と対戦することになった。

来年2月9日の初戦は、北朝鮮とホームで対戦する。

なにかとお騒がせ国がいきなりの相手だけに必ず撃破じゃいっ

めちゃくちゃ点取って大勝してやれっ

頼むぞ日本代表

またA組には韓国、サウジアラビア、ウズベキスタン、クウェート

各組2位までの4国が、ワールドカップ本大会出場権を獲得。

3位同士は第5代表を目指しプレーオフを行い、勝者が11月に行われる北中米カリブ海予選4位との最終プレーオフに臨む。

◇最終予選の日本の日程表◇

 2月 9日 北朝鮮(ホーム)1次予選はアラブ首長国連邦を抑えて最終予選に進出Jリーグでプレーする安英学(新潟)李漢宰(広島)も招集した。FIFAランキングは96位

 3月25日 イラン(アウエー)FIFAランキング20位。2大会ぶり3度目の出場を狙う。

 3月30日 バーレーン(ホーム)今夏のアジア・カップでは2連覇した日本と準決勝で延長戦までもつれる死闘FIFAランキングは48位

 6月 3日 バーレーン(アウエー)

 6月 8日 北朝鮮(アウエー)

 8月17日 イラン(ホーム)

皆さんのブログも見てみましょう

イナも招集!ドイツ戦23人の日本代表

2004年12月06日(月) 16時33分
KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2004
            〜Go for 2006のドイツ代表戦
12月16日に横浜国際総合競技場 20時キックオフ

本日、日本代表メンバー23名が発表された。

6月1日のイングランド戦で左足腓骨を骨折し、代表から遠ざかっていたイナも遂に復帰

ジュビロの西も久々の代表復帰となる。

更にイナ以外の海外組は、磐田と仮契約した川口(現・ノアシェラン)、そして(現・ハンブルガーSV)高原が招集された。
そしてガンバ大阪からはツネ&ヤットも選ばれた。
でもチャンピオンシップに出るレッズとマリノスのメンバーは、前日に振替られてる天皇杯はどうなんの出れるの

スケジュールが過密すぎやん

GK:楢崎正剛(名古屋)、土肥洋一(FC東京)
   川口能活(ノアシェラン)
DF:田中誠、西紀寛(磐田)、三都主アレサンドロ(浦和)
   加地亮(FC東京)、宮本恒靖(G大阪)
   松田直樹、中澤佑二(横浜FM)、三浦淳宏(東京V)
   茶野隆行(市原)
MF:遠藤保仁(G大阪)、中田浩二
   小笠原満男、本山雅志(鹿島)、
   福西崇史、藤田俊哉(磐田)
   稲本潤一(ウェスト・ブロミッチ)
FW:鈴木隆行(鹿島)、玉田圭司(柏)
   大久保嘉人(C大阪)、高原直泰(ハンブルガーSV)

皆さんのブログも見てみましょう

☆日本1−0オマーン★ 後半7分中村⇒鈴木ヘッド炸裂!日本最終予選へ!

2004年10月14日(木) 0時37分
2006ドイツワールドカップ アジア地区1次予選
アウェイ オマーン スルタン・カブース・スポーツコンプレックス〜
日本代表先発メンバー】
GK:23 川口能活
DF:2 田中誠、5 宮本恒靖(Cap)、22 中澤佑二
MF:21 加地亮、18 小野伸二、15 福西崇史、14 三都主アレサンドロ、10 中村俊輔
FW:11 鈴木隆行、20 高原直泰

ガンバからはツネちゃんのみ…。
ヤットは右足の甲の状態が思わしくなく、選出を辞退している。

もはや1次予選通過には勝利しかないオマーンが序盤から猛攻を見せる。
前半早々から何度も日本ゴール前に攻めかかるが、加地中澤が奮闘を見せ的確にチャンスをつぶしまくった。

その後もボール支配は圧倒的にオマーン…
日本は自分たちのボールになったときは中盤の小野中村らが確かな技術でキープし、簡単にはボールを奪わせなかった。

前半の終盤になると、オマーンはロングボールを放り込むようになり、こぼれ球を狙ってミドルシュートを何本か放ったが、ゴールの枠には飛ばなかった。

一方の日本も少ないながらチャンスを作ったが、GKアリ・ハブシの壁は破れず、0−0のまま前半終了〜

後半7分中盤での素早いリスタートから、左サイドのスペースに中村が抜け出て、ワンフェイントを入れてクロス。
ファーサイドに飛び込んできた鈴木がヘディングシュート

叩きつけたボールは、GKの横を抜けてオマーンゴールに吸い込まれたおっしゃぁ〜日本、先制
鈴木は代表3試合連続ゴール

後半20分には、ずっとベンチを飛び出して指示を出していたジーコ監督に、主審が注意。
なぜか…通訳の鈴木さんが退場されちゃった
なんでやねんっ

リードしてからは、落ち着いてボールを繋ぎ試合をコントロール

5連勝で最終予選に進出っ

皆さんのブログも見てみましょう

■プロフィール■
名前■みっち♂&やっち♀
野球■阪神タイガース
サッカー■ガンバ大阪
音楽♀■aiko、大塚愛、松田聖子、ELT、ヤイコ
音楽♂■B'z、GLAY
2005年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:micchi-yacchi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる