heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

モンブラン、ガトータミナ、サヴァラン・オランジュ

2013.11.30 土 22:21


無性に『カー・ヴァンソン』のガトーが食べたくなり、飯田橋へ。
開店30分前にして、既に5〜6人が並んでいてびっくり
しかし中に入ってみて納得。相変わらずの人手不足だったのだ。
最近は、金・土・日しか開店しないのが悲しいが、シェフが孤軍奮闘していることを思うと、不平不満は並べられまい。

だからといって、クオリティーの方にまでは影響は出ておらず、相駆らわずのボリュームとゴージャスな盛り付け。
冒頭の写真"モンブラン"も、久々なので一番大きなサイズを選んだ。
シェフの出身である『JPH』の構成にほぼ近く、しっかりと茶色く焼ききったムラングに仏産の栗をふんだんに使ったクレーム・マロン、そしてその強さに負けず出しゃばらずのクレーム・シャンティイ。
一見、難攻不落のようにも見えるのだが、食べてみると濃厚な割にはフォークが進む。
そして、10層からなるミルクチョコレートケーキ、"ガトー・タミナ"
相変わらずフワフワで、どこか懐かしい味。
私は、いまだにビターよりもミルクの方が好きなので、ツボな一品である。
そして、これまた大好きな"サヴァラン・オランジュ"
アルザス産のオレンジリキュールを使ったシロップがたっぷり浸み込んでいる。それ故、これだけ別箱に入れて更にビニール袋に入れてもらわないと、他のガトーに影響が出るほどのジューシーさだ。
最後に、"タルト・オ・レザン"
カリッカリのパートシュクレ、上質のクレーム・ダマンドで出来たタルトに、大粒の葡萄がジュエルのように輝く。
いつもここのフルーツタルトのみずみずしさには感動と興奮を覚えるのだ。
今年はタルトタタンはもう出ないのだろうか絶品の苺ショートはと、作ってもらいたい名品はたくさん。早くスタッフが増えて、製造体制が整うことを願うばかりだ。





 
Posted at 22:21 / K.Vincent / この記事のURL
コメント(0)

ガトー・ピスターシュ・フレーズ、モンブラン

2013.11.29 金 23:59


店内にはもうクリスマスツリー
年々、クリスマスのディスプレイが町に登場するのが早くなっていく。
昔は、自分の誕生日が終わってもまだワンクッションぐらいあったのだが、最近は、それよりも早く登場することもあって、驚くばかりだ。

ディスプレイはクリスマス仕様でも、ガトーの方はまだまだ通常商品。
今日は、この2品を購入した。

"ガトーピスターシュフレーズ"
紅茶のビスキュイ生地に滑らかなクレーム・ピスターシュ。中にはサクサクのフイヤンティーヌ、そして苺のコンポートを忍ばせて、フルーティーなアクセント。
相変わらず、思いもよらないコンビネーション、そして新しい味や食感との遭遇。
そんなオリジナリティーが魅力のガトーに仕上がっている。
いつも変化球ばかり買うので、本日はオーソドックス・バージョンの"モンブラン"を。
フランス産の栗を贅沢に使用した、私好みの重厚なモンブラン。
少量の塩が味を引き締め、甘さを立たせ…という、岩柳シェフの得意技が光る、タルト・ベースのモンブラン。
来年もよろしくお願いします…レッスンも購入も


 
Posted at 23:59 / Bon Coeur / この記事のURL
コメント(0)

ショコラ・カフェ・クレームのショコラシュー

2013.11.29 金 23:19


シュー生地も、トップのクラックランも、中のクリームも、全てチョコレート尽くしのシュー・ア・ラ・クレームのレッスン。
更にクリームの間には、ザクザクのクロッカン・アマンドも挟むのだが、これもベースはチョコレート。
徹底的にチョコレートを使っても、単調な味にならないのは、食感の違うパーツを組み合わせたからこその結果。
店頭でこれを見つけても、相当のチョコレート好きでない限りは食指が伸びないかもしれないが、作ってみたからこそわかるのが、このガトーの面白み。


続きを読む…  
Posted at 23:19 / Bon Coeur / この記事のURL
コメント(0)

今年も究極のタタン @ Viron

2013.11.29 金 22:48


何をさておき、これが好きで、今年も丸の内店へ。
ここの"タルトタタン"のファンは多いし、私と好みが同じ人に紹介すれば、必ずみんな虜になる。
通年商品になってほしいかと言われれば、その答えはNO。
期間限定でしか食べられないから、待ち焦がれる間に募る思いを、この一皿に込められるのだ。

今日気づいたのは、このお皿を運んでくれた時に、サービスの女性の表情が柔らかくなっていたこと。
ここのタタンは、お店中を幸せにするのかもしれない。



 
Posted at 22:48 / sweets / この記事のURL
コメント(0)

Happy Birthday to Me 2013

2013.11.27 水 22:37


誕生日当日は平日なので、当然ながら仕事。
新しい職場の仲間には誰にも知らせてないはずだったのに、FBで気づいた同僚ちゃんたちがサプライズでプレゼントをくれた
それがこのお皿と奥のカップ。
何のケーキを載せようかと考え、やっぱりこれがふさわしいと思ったのが、『ジャン=ポール・エヴァン』の"グアヤキル"
ずっしり重たく濃厚な、私の大好きなチョコレートケーキ。



続きを読む…  
Posted at 22:37 / sweets / この記事のURL
コメント(0)

今年のバースデーケーキ

2013.11.24 日 21:36


お誕生日月になると、お教室からバースデーケーキが頂ける。
今年は誕生日当日よりもちょっと早めにオーダーした。
今年は、"シャルロット・ポワール"
しかも蓋付き。
うっとりするほどエレガントな佇まいで、もう歳を取るのが憂鬱…といっても、これを見たら誕生日を迎えるのが嬉しくなるようなアントルメである。
ポワールのお酒の効いたムースと洋梨のコンポート。
フワカリッとしたビスキュイ・ア・ラ・キュイエール。
そういえば、初めてコルドンで本格的なフランス菓子を習ったときの最初のメニューも、シャルロット・ポワールだった。
自分が生まれた日が今日ならば、自分がフランス菓子に目覚めたのがシャルロット・ポワール。
何か因縁めいたものを再認識した今年のバースデー。
家族に分けてあげようかとも思ったけど、気付いたら一人で完食。
今年もありがとうございました



 
Posted at 21:36 / ANP / この記事のURL
コメント(0)

紅玉のデニッシュ

2013.11.23 土 10:12


サクサクのデニッシュ生地、美味しいクレーム・パティシエール、じっくりキャラメリゼしたリンゴのコンポート。
この3つが合わさって完成されたスドウさんの"紅玉のデニッシュ"を、毎年秋になると待ちわびるようになった。
「リンゴの皮剥きはやりますから…」と冗談交じりに志願するほど、このデニッシュを熱心にリクエスト。
そうした思いが通じたのか通じなかったのか(笑)、やっと登場した。
あれ、今年はコンポートが四角い


 
Posted at 10:12 / Boulangerie Sudo / この記事のURL
コメント(0)

完膚なきまでヴァニラ

2013.11.22 金 23:08


『ピエール・エルメ・パリ』のフェティッシュの中でも逃せないのの1つが、≪アンフィニマン・ヴァニーユ≫。
どのパティスリーのヴァニラ商品よりも芳香が高く、うっとりとする美味しさ。
冒頭の写真、"ババ・アンフィニマン・ヴァニーユ"も然りで、オールドブラウンラム酒の香りよりもヴァニラの香りの方が先に立っているのが心地よい。
中のクリームはシャンティイではなく、もっと脂肪分の多いマスカルポーネクリーム。
一口ごとにゆっくりと溶けていく、その時間を大切にしたいと思わせてくれる魅惑のババである。

そしてもちろん、"タルト・アンフィニマン・ヴァニーユ"も購入。
パーツの全てにヴァニラを使い、ヴァニラ・ファンを恐れ入らせた、見事なまでのタルト。
今のところ、これを超えるタルト・ヴァニーユに私は出会っていない。
そして、季節なので、お馴染みの"モンブラン"
タルトベースで、クレームマロンとシャンティイという鉄板のコンビネーションに、野ばらのコンポートを合わせたところがエルメ流。
ずっしりとした重厚さがたまらない。
食べた後の余韻までもが、エルメだと全然違う。






 
Posted at 23:08 / Pierre Herme / この記事のURL
コメント(0)

サントノレ・ローズ・フランボワーズ

2013.11.18 月 22:57


私がパリの『ラデュレ』で初めて食べた、"サントノレ・ローズ・フランボワーズ"
ときどき、無性に懐かしくなって、日本の小ぶりサイズでもいいから、食べたくなる時がある。
某店で、ほぼ同じ構成のサントノレを作っているが、でもやっぱり『ラデュレ』製じゃないと…と思う。
パートフイユテ、ローズペタル風味のクレーム・パティシエールの入ったパータ・シュー、フランボワーズのコンポート、ローズの香りのクレームシャンティイ、ローズシロップのフォンダン、フランボワーズ。
一口食べれば、それだけで優雅な気分に浸れる、マリー・アントワネット気分を味わえるロワイヤルなガトー。

そして、『ラデュレ』の中でもクリエーション・ラインなのに、定番化()した、"フレーズ"
イチゴのムースクリーム、センガナ種のイチゴのコンフィ、イチゴ、ココナッツ風味のダコワーズビスキュイ生地。
ナイフを入れるのが辛いほどの可愛さ
もう1つ購入したのは、"コロール・フイユテ・シトロン・ヴェール・ヴァニーユ"
フランス版ライムパイといったところだろうか。
パートフイユテの器の中には、ライムとバニラ風味のクレーム・パティシエール、レモンのコンフィ、そして風車のように絞られたバニラ風味のクレーム・シャンティイ。トップにライムゼストを散らして。
見た目は美しかったけど、味的にはちょっとクリームの重たさばかりが印象に残る感じだろうか。
そのぐらい、シャンティイの量が多かったのだ。これだけの模様に絞るには、それなりの量が必要だろうけど。





 
Posted at 22:57 / Laduree / この記事のURL
コメント(0)

NYのとっておきベーカリーの上陸 @ The City Bakery

2013.11.15 金 23:45


実は、私は意外に新店情報に疎い。
NYの『ザ・シティ・ベーカリー』がこの春、大阪に上陸していることも、東京進出が決まってから初めて知ったのだ。

しかも、ここのシグネチャーの1つである"プレッツェル・クロワッサン"は、購入に際して個数制限が敷かれているほどブームなのだとか。
一昨日オープンしたばかりの品川店も同様だったらどうしよう…そう覚悟して行ってみたら、意外にも普通のベーカリー並みの賑わい程度だった。

フラットアイアン店の吹き抜けの店内や、対面でスタッフが商品を取ってくれるようなスタイルとは全く違い、セルフでトレイに商品を取り、レジでお会計をする…という完全日本スタイル。奥にイートインスペースもあるけれど、そこはきちんとした食事もできるようで、買ったものを食べるなら、窓際のカウンター席で食べるしかない。

まあ、それにしても品揃えの良いこと良いこと
もう本店では見かけなくなってしまったタルト類もあったり、日本オリジナルの商品があったり…と、NYとはまるで雰囲気が違うが、食べてみるとNYを感じた。
"プレッツェル・クロワッサン"も2回りほど小さいけど、プレッツェルのベーキングソーダの独特の匂いと塩気、クロワッサンのバタリーなところが合わさった美味しさは、そのまま踏襲。

そしてもちろん、これは外せない"ピーナッツバタークッキー"
CDよりもひと回り大きい巨大サイズのクッキー。
味は、「これこれ」と納得だけど、出来れば本店と同じように、ディッシャーでポトンと落としたそのままの形で焼きあげて欲しかったな。
"ブラウニー"は、既に大阪で食べたという会社の同僚ちゃんのオススメ。
羊羹ぐらい密度が濃い、少量で満足の重たさ。チューイー・タイプではなく、ガトーショコラをもっと圧縮したような感じ。
広尾店も続いてオープンするとのこと。
お気に入りの味が食べたい時に食べられるようになったけれど、同時にNYに行く楽しみが減ったような悲しさもあり



 
Posted at 23:45 / sweets / この記事のURL
コメント(0)
«前の記事 | TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!